連載再開に先立って

ご無沙汰しております。鉄道手帳編集部です。

昨年の12月29日に更新をして以来、8ヵ月以上も放置してしまいました。この間に当ブログを訪れてくださった方には深くお詫び申し上げます。

ブログ更新を中断していたのには理由があります。じつは、弊社刊『乗らずに死ねるか!』の著者、黒田一樹氏が今年1月3日に逝去されました。享年44歳。あまりにも早すぎる旅立ちでした。以来、どうしてもブログを更新する気になれなかったのです。

ほぼ同年齢の黒田さんが、エネルギッシュかつアグレッシブに人生を謳歌していた黒田さんが亡くなったショックは非常に大きく、一時はこのままブログを閉鎖しようかとも考えたほどです。

しかし時間が経つにつれ、このままではいけないとの思いも徐々に強くなってきました。

とはいえ、ブログを再開するにあたっては、黒田さんのことに触れないわけにはいきません。ブログ休止の理由を述べるためではなく、自分のなかで区切りを付けるために、です。

私事で恐縮ですが、ブログ再開に先立ち、黒田さんへの言葉を掲載させていただきます。以下の文章は、お葬式で参列者代表の一人として読み上げる予定でしたが、当日持参するのを忘れてしまったため、後日、奥様にお送りしたものです(当日は書いたことを思い出しながら、お話をしました。思いがこみ上げて、半分もお伝えすることができませんでしたが)。

生前の黒田さんをよく知る方にはご理解いただけるものと思いますが、そうでない方には度が過ぎると思われるかもしれません。

黒田さんは湿っぽいのを嫌う方でしたので、参列者の皆さんに私の知る黒田さんを想像していただき、少しでも笑っていただけるようにと面白おかしく書いているところもありますが、誇張はありません。

社交儀礼を嫌う黒田さんに対しては、本音で語るのが供養になると信じて、全文をそのまま掲載します。


本日お集まりの皆様に比べると、黒田さんとのお付き合いは浅いほうだと思います。黒田さんの鉄道本デビュー作である『乗らずに死ねるか!』の編集を担当し、その後も当社の鉄道セミナーにご協力をいただいたり、地下鉄本の企画を一緒に練ったりと、4年ほどのお付き合いになります。

黒田さんと出会ったのは、140Bさん主催のナカノシマ大学のセミナーでした。2013年の4月のことで、その頃、私は鉄道本の新たな著者を探していまして、あれこれと調べていたのですが、なかなか琴線に触れるような人にめぐり会えませんでした。

鉄道趣味を生業とする人はこの業界にそこそこいるのですが、どうも文章がいまひとつで――いまひとつというのは、根っからの鉄道ファンには十分通じるけれど、それほどでもない人にはいまひとつ魅力的でないという意味です――ものは試しとナカノシマ大学を受講したのです。

そこで初めて黒田さんの講演を聞きました。講演が面白くなければ挨拶もせずに帰るつもりでしたが、これが滅法面白く、講演が終わる頃には、どのタイミングで挨拶をしようか、どう切り出そうかとソワソワしていたのを覚えています。

講演が終わったあと、すぐに黒田さんのもとに行き、鉄道本の出版にご協力いただけないか、手短に伝えました。いま思い起こすと、黒田さんはやや緊張した顔つきでしたが、安売りはしないとばかりに努めて冷静に振る舞っていたように思います。

けれども、儀礼的なメールのやりとりを経て、後日じっくり話し込むと、堰を切ったようにしゃべりだし、そこから話はトントン拍子に進んで、最初の挨拶から1ヵ月も経たないうちに企画書がまとまりました。

全国から黒田さん独特の審美眼にかなう名列車をセレクトして、縦横無尽に論じてもらうことになったのですが、これが目次からして出色で、黒田節が随所にみられました。

たとえば、京急800系のタイトルは「最高にして最後の俺様電車」、スーパーあずさは「交響曲・孤高の振り子特急」という具合で、いままでの鉄道本ではまずお目にかかれない、けれども妙に説得力のあるタイトルが付けられました。

このほかにも、南海・特急サザンには「純喫茶、臨港線、連絡船」、東武・尾瀬夜行には「飴色に沈む時間」というように、物語が聞こえてくるようなフォトジェニックなタイトルを付けるのも黒田さんらしいところで、編集者として、また第一の読者としてずいぶん楽しませてもらいました。

文章もまた上手で、語彙が非常に豊富なのに驚きました。鉄道の話なのに、美術や音楽、建築の知見が随所にちりばめられ、それが様になっていました。

まあいささか趣味に走りすぎ、スノッブで鼻に付くところがないではありませんでしたが、それを越えてリスペクトせざるを得ないような、そういう雰囲気を醸し出していました。

自分の思うことを思ったままに表現するというのは案外難しいものですが、黒田さんは言葉遣いが巧みで、自分のスタイルというものを持っていました。展開も非凡で、読み手を飽きさせることのない、非常に優れたストーリーテラーです。

ただ、編集者としては、あまりに尖った表現には抑制的にならざるを得ない場合もあります。読む人によっては気分を害するというか、誤解を招きかねない表現は、読者にとっても、その本にとっても得にならないからです。

この本の場合がまさにそうで、「はじめに」は5回ほど書き直してもらいました。言いたいことはよくわかるのですが、従来の鉄道評論へのアンチテーゼからか、もっともだけれど厳しすぎるコメントが並んでいたので、それは何とか削ってもらいました。

反対に本文のほうは、なるべくあれこれ注文を付けないようにして、自由に書いてもらいました。文句の付けようがない構築的な文章であったこともありますが、角を矯めては黒田さんらしさが失われるとおそれてのことです。

はたして黒田さんは期待に応えてくれ、いままでの鉄道評論とはまったく違うモデルを作り上げました。あえて言うなら、それは自動車評論のスタイルに近いと思いますが――黒田さんにそう伝えると、まんざらでもない様子でした――それにも増して、書き手の感性を感じさせる文章になりました。

私はスムーズでない原稿には恐縮しつつも、しっかり赤ペンやらエンピツ書きのメモを書き込むほうですが、黒田さんの原稿に対しては、あまり入れませんでした。それは遠慮したのではなく、個性的にすぎるところはあったものの、文章の完成度がきわめて高かったからです。黒田さんは自分のスタイルをもっていました。

もっとも、原稿を1本書き上げるたびに感想を求められるのには少々困りました。原稿をメールで送るや電話をかけてきて、原稿をすぐ読んでくれと言うのです。

たしかに良い文章なのですが、大急ぎで読んで、感想というか印象を伝えるのはなかなか骨が折れました。5本や6本ならともかく、30本近くとなると、評価のバリエーションが追いつきません。

が、褒めないと目に見えてモチベーションが下がるので、何かしら気の利いたことを言わねばなりません。おかげで多少はマシなことが言えるようになりました。

本は企画から1年ほどで出来上がりました。本業をこなしながらの原稿執筆、校正ですから、これは驚くべきハイペースです。

その間、何度も激論を交わしました。何日かはお互いに徹夜仕事になりましたし、私から黒田さんに無茶振りもしました。喫茶店で数時間粘るのは当たり前で、週に何度もかかってくる電話で毎回少なくとも1時間は話しました。

私には長電話になる著者が何人かいますが、黒田さんは間違いなく「長電話三傑」に入っていて、これは編集部で広く認知されています。次から次に話題を変え、話題が尽きそうになると、名残を惜しむかのように、どうにか間をつないで別の話題に移るのですから、なかなか切れません。恋人同士でもあるまいに……。

本が出来上がるまでの間、掴み合いの喧嘩はしませんでしたが、その頃には言いたいことを言える間柄でしたので、私も負けじと、かなり率直な物言いをしました。

けれども、次に話をする時には、そんなことはなかったことになっていて、また別の話を熱心に話し合います。与太話に興ずることもありましたが、仕事の話はたいそう論理的で、大いに刺激を受けましたし、勉強させていただきました。

『乗らずに死ねるか』は、じつは商業的にはけっして成功したとは言えませんが、鉄道評論の新しいスタイルを打ち出した点で非常に意義があると考えています。

私が最も信頼する鉄道本の著者は、黒田さんがお気に入りで、「彼の文章はいいねぇ。まず視点がいいよ。この業界、鉄道ライターはたくさんいるけど、黒田さんほど文章が達者な人はいないよ。彼にどんどん書いてもらいなよ。まあ最初の本は売れなかったかもしれないけれど、内容は間違いなく良かった。日本の鉄道ファンが追いついてないんだよ」と言っていました。

私もそのつもりでした。

黒田さんとのお付き合いはこれにとどまらず、創元社主催の鉄道セミナーの講師も担当していただきました。これは毎回大好評で、受講者の満足度が非常に高く、5回まで続きました。

みなさんご存じのように、プレゼンテーションが非常に巧みで、途切れのないマシンガントーク、見やすく工夫のされたビジュアル、参加者いじり、もといコミュニケーションにも長けていました。しゃべるのが得意な人に文章を書いてもらうと、案外ダメなことが多いのですが、黒田さんは両方とも器用にこなしていました。

黒田さんには、つぎに日本全国の地下鉄を対象にした『地下鉄の読み方』を出していただく予定でした。原稿は途中まで出来上がっていて、東京の地下鉄と総論を書き上げれば、ほぼ出来上がるはずでした。

そしてそのあとは、プレミアムトークセミナーをもとに東京の地下鉄だけを対象とした本、さらに世界の地下鉄を征服した暁には、それを書籍にまとめていただく約束もしていました。

いずれも果たせず、非常に残念です。多才な人ですから、ほかにもさまざまな可能性があったはずです。ただ、一番残念なのはご本人でしょう。あれも、これもと、他にもやりたいことがあったことと思います。一筋縄ではいかない人でしたが、それを補ってあまりある才能と行動力の持ち主でした。

黒田さんとのお付き合いは短いものになってしまいましたが、とても濃密なものでした。もう黒田さんと仕事ができないと思うと寂しいかぎりですが、黒田さんに教えていただいたモノの見方、考え方を受け継ぎ、これからも良い本を作りたいと思います。黒田さんに「さすがだね」と言ってもらえるように。

黒田さん、どうもありがとうございました。

これをひとつの区切りとして、前に向かって歩いていきたいと思います。今後ともよろしくお願い申し上げます。

追伸 次回が「運行再開」です。10周年を迎える『鉄道手帳』について、また同時刊行の『関西の鉄道車両図鑑』について、見所をお伝えしてゆきたいと思います。
スポンサーサイト

2016年を振り返って

年末にかこつけて、今年出した鉄道本をざっとご紹介。

鉄道史の仁義なき闘い_convert_20160420201733
所澤秀樹著/2016年3月刊

トップバッターは『鉄道史の仁義なき闘い――鉄道会社ガチンコ勝負列伝』。

著者は『鉄道手帳』の責任編集者でもある所澤秀樹氏で、史上有名なライバル会社の対決の数々を取り上げ、日本の鉄道の来し方を振り返るという趣旨。

名阪間をめぐる官設鉄道と関西鉄道の運賃・サービス競争、

阪神間で官設鉄道に正面から挑んだ阪神電気鉄道、

その阪神と熾烈な抗争を繰り広げた阪神急行電鉄(阪神)、

「地下鉄の父」早川徳次と東京横浜電鉄総帥・五島慶太との地下鉄争奪戦

……などなど、会社の存亡をかけた闘争はまさに「仁義なき闘い」であり、近代産業史の縮図でもあります。


京都鉄道博物館ガイド_convert_20160420202518
来住憲司著/2016年5月刊

続いて5月に刊行したのは、来住憲司氏による『京都鉄道博物館ガイド』。京都鉄道博物館の開業に間に合わせるべく、睡眠時間を削りに削ってつくった、忘れようのない1冊。

工事の関係で博物館取材が思うように進まず、相当焦りました。さらに来住氏が遅筆というのか、凝り性で、なかなか原稿が上がらない。写真点数もこの種の本にしてはとんでもなく多いので、レイアウトもかなり手数がかかりました。

校了間近の頃は、来住氏も私もそれぞれ徹夜で、朝晩関係なくメール、電話の応酬をかさね、深夜のファミリーレストランでゲラの受け渡しをしたこともありました。

苦労の甲斐あって、なかなかよくまとまった本になったと思います。発売まもなく重版したのも嬉しいかぎり。


aaa_convert_20160610193128.jpg
写真は第4回セミナーの様子。黒田氏ならではの、美しくわかりやすいビジュアル。

出版ではありませんが、5月には第5回創元社鉄道セミナーを開催しました。

講師は弊社刊『乗らずに死ねるか』でおなじみの黒田一樹氏。「この夏オススメ!? 関西発の鉄道旅行ガイド」というテーマで、フツーでないがゆえに愉しめる、とっておきのコースを案内してもらいました。

久しぶりの開催だったためか、定員50名があっという間に満席になりました。私が出会った著者のなかでも超が付くほどの変人なのですが(褒め言葉です)、どういうわけか人気があります。

「中毒性のあるトーク」というのが本セミナーの売り文句になっているのですが、この時もまさにそのとおりで、テンポ良く進む黒田氏の案内に誰もが頷き、ときに微笑み、ときに大笑いされていました。

私は会場の後ろのほうでその様子を見ていたのですが、じつは参加者の皆さんは、テーマはなんでもよくて、黒田さんに逢いたいのではないかと思ったほどです。


9784422240640_convert_20160928165139.jpg
所澤秀樹責任編集、創元社編集部編/2016年9月刊

ほかのジャンルの本も作っていたので、しばらく間が空きましたが、9月には9年目となる『鉄道手帳』を刊行。

例年どおり、路線図、ダイアリー、資料編を更新し、これまた例年どおり、鉄道軌道各社に掲載データを確認していただくとともに、イベント予定を教えていただきました。

来年も1年間そばに置いていただき、「毎日どっぷり鉄道漬け」になっていただければ幸いです。

来年は節目の10年目。何かしら特別なことをしたいと考え中です。乞うご期待。


ekimei_jacket-obi_convert_20161215171243.jpg
星野真太郎著、前里孝編/2016年12月刊

そして12月。出来たてホヤホヤの新刊『全国駅名事典』を刊行しました。

長きにわって『駅名事典』を改訂出版されていた中央書院さんがなくなってしまい、この16年間は全国の駅名を網羅した事典がありませんでした。

どこか出してくれないかなと思っていたのですが、どうもそういう気配がないので、「それならウチで」と勢いで企画したのですが、思った以上の難事業で、気が変になるんじゃないかと思いましたね。

寝ていても、「あっ、あの訂正、ちゃんと反映したかな」「これは鉄道会社に確認しないといけないな」と気がかりが絶えることなく、家族には「寝ているとき、唸っていたよ」と言われる始末。

が、その甲斐あって、駅名レファレンスの決定版というにふさわしい内容になったのではないか、最初の一歩としては上出来ではないかと思います(思いたい)。

もちろん完璧というつもりはなくて、じつは、構想倒れで終わってしまった工夫もあります。詳しくは書けませんが、いままでの類書にはなかった工夫で、第2版以降で実現したいと考えています。

しかし第2版以降を出すには、第1版がある程度売れなければなりません。本書も『鉄道手帳』同様、皆様に育てていただく本です。一人でも多くの方に本書を座右の書としていただけますよう、心よりお願い申し上げます。


本年もご愛顧を賜り、誠にありがとうございました。来年も、皆様のお役に立ち、かつ楽しんでいただける鉄道本を出版してまいりたく存じます。引き続きご支援賜りますようお願い申し上げます。

来年が皆様にとって実りある1年となりますように。

手帳カスタマイズのススメ

暮れも押し詰まってまいりました。皆様お忙しい頃で、来年の手帳のことなど二の次かもしれませんが、今日は『鉄道手帳』のカスタマイズの方法をご紹介したいと思います。

017_convert_20161226162029.jpg
カスタマイズ後の『鉄道手帳』。手帳本体に柄布を貼りつけただけですが、見た目の印象がずいぶん変わります

『鉄道手帳』をお持ちの方はご存じかと思いますが、、『鉄道手帳』は手帳本体から、ジャケット、クリアカバーをはずすことができます。

009_convert_20161226115928.jpg
手帳本体は真っ白で何の愛想もありませんが、だからこそ今回のカスタマイズが可能になります

今回のカスタマイズで必要なものは、『鉄道手帳』と柄布とボンド(スプレー糊)とハサミだけ。

なお、この記事に沿ってカスタマイズされる場合は、いきなり作業に着手するのではなく、手順を一通りお読みになってから着手してくださいね。

019_convert_20161226162043.jpg
手持ちのお好きな布でかまいませんが、手芸店に行くと、いろいろな柄があります。写真の柄布は綿布45×50センチで、定価400円。1枚の布から4冊分の布がとれますから、1冊あたり100円です(4冊も作らないでしょうが、ご参考まで)。

【手順1】
まず、布を適当な大きさに裁断します。布は最終的に手帳本体に合わせて整形するので、手帳本体よりも1~2センチ大きめに切ります。

010_convert_20161226141738.jpg
この段階ではざっくりでかまいません。ただし、写真のような柄モノの場合は、柄の位置を意識しましょう。

【手順2】
位置が決まったら、手帳本体の「背」に、水で薄めたボンド(木工用でOK)を薄く塗ります。ボンドを薄めるのは、塗りやすくするためです(ボンドそのままだと、接着力は強力になりますが、塗布面にムラができたり、ボンドが布にしみ込みすぎで、ベタベタになるおそれがあります)。

この段階でボンドを塗布するのは「背」だけで、ほかの部分には塗布していません。

貼りつけるのは、スプレー糊でもかまいません。ただし、スプレー糊を使用する場合は「小口」にマスキングテープを貼ることをオススメします。

ちなみに編集部ではスプレー糊を使用しましたが、マスキングを忘れていたため、飛散した糊が小口に付着して、ややバリバリになりました。使っているうちに気にならなくなりましたけれど。

011_convert_20161226141754.jpg
しおりヒモが付いている面が「背」。手帳が開く部分が小口(背の対向部分と上下部分)

【手順4】
背のボンドが乾いたら、手帳本体の「表紙」に先ほどのボンドを薄く塗って、布をかぶせます。このとき、布を「背」と反対方向に引っ張ります。しわが出ないように引っ張ります(あまり強く引っ張ると、布の種類によってはひずみが出てしまうので、ほどほどに)。

012_convert_20161226161328.jpg
ボンドが乾かないうちに貼ります。ボンドは表紙の端っこまできちんと塗りましょう

【手順5】
布を貼ったら、ボンドが乾くまで、何でもいいので重しを載せてください。ただし、そのまま重しを載せると、ボンドがしみ出してくるかもしれませんので(だから薄く塗るのです)、布張りの手帳本体を新聞紙で挟んでから重しを載せるほうがベターです。

湿度によりますが、1時間も置いておけば十分に乾くはずです。

布が手帳本体にしっかりくっついているのを確認したら、余った布をカットします。手帳を開いて、表紙に沿ってハサミを入れてください。

015_convert_20161226161401.jpg
ハサミは裁ちばさみがベストですが、ふつうの事務用ハサミでもかまいません。布の端が多少ほつれますが、クリアカバーに入れると大して気になりません

013_convert_20161226161345.jpg
布を貼って広げたところ。背の部分にきっちり筋が付いているのがおわかりでしょうか。布がだぶつかないように、ボンドは端まできっちり塗って、布をピンと張りましょう

016_convert_20161226161416.jpg
あとはクリアカバーに戻すだけ。布張り手帳は汚れやすいのが欠点ですが、クリアカバーがあるので、ちょっとやそっとでは汚れません

多少手間はかかりますが、作業そのものは簡単です。少しくらい失敗しても、クリアカバーに入れてしまえば、ほとんど目立ちません。

みなさんも、自分だけの『鉄道手帳』を作ってみませんか?

●参考 クリアカバーの使い方(ジャケット差し替えによるカスタマイズ例あり)

『全国駅名事典』の特徴(2)-2 徹底した公文書主義

【前回のつづきです】

では、駅名研究での一次資料は何かというと、『鉄道省文書』や『鉄道公報』、『官報』、鉄道統計などがそれに相当します。

いずれも国の公式記録であり、とりわけ『鉄道省文書』は、免許の申請、免許状の下付など開業の経緯が記録されたものなので、第一級の資料です。これなら間違いありません(たぶん)。

というわけで、本書の執筆者にしてガチガチの原理主義者である星野氏は、本書の前身となる私的研究においても、また本書を編纂する過程においても、安易に二次文献を孫引きすることなく、可能なかぎり一次資料にあたって調査をされました。

011_convert_20161222191310.jpg
本書の前身ともいえる、星野氏の私家版『私鉄駅名変遷一覧』(東日本編、西日本編)

012_convert_20161222192149.jpg
石野哲氏編の「駅名変遷事典」(JTB、1993年)のレイアウトをアレンジ、調べ上げたデータをワープロ専用機に入力したもの。あまりの細かさに頭がクラクラしそう

星野氏の原理主義者ぶりは徹底していて、編集作業中もたびたび国会図書館や公文書館で見つけた資料のコピーをもとに、二次文献の間違いを次々に明らかにしてくれました。

しかも、現在までの経緯もきちんと調べ上げていますから、その資料がどこでどう間違ったか、何と取り違えたかまでわかるのです。本当におそれいりました(何度勘弁してくださいと言いそうになったことか)。

実際には一次資料が残っていない(見つかっていない、見つけられなかった)場合もありますし、一次資料があってもそれを引用する過程で凡ミスが絶対にないとは言えません。

が、その資料調査のやり方を聞くかぎりでは、本書の信頼性はきわめて高いと言ってよいと思います。

なお、念のため申し添えますと、いままでの事典が公文書に基づいていなかったというわけではありません。

国鉄・JRの停車場研究の金字塔といえる『停車場変遷大事典 国鉄・JR編』(JTB、1998年、絶版)は、一次資料に基づいて各停車場の変遷(開業、廃止、改称など)を含め、逐一典拠を挙げて説明しています。

017_convert_20161222191205.jpg
どえらい本です。ちなみに発売時の価格は12,000円(税抜)!

が、残念ながら私鉄や公営鉄道に関する情報が含まれていません。現時点で、すべての停車場情報を収録しているのは本書だけで、手前味噌で恐縮ながら、その点だけでも本書を出す意味があったと考えています(もちろん、精魂込めて作っております)。

またしても前口上が長くなってしまいました。毎度すみません。

明日から三連休という方も多いと思います。ちょうどクリスマス・シーズンですし、自分へのご褒美、はたまた鉄道好きのご友人へのプレゼントとして、本書をご検討くだされば幸いです m(_ _)m

『全国駅名事典』の特徴(2)-1 徹底した公文書主義

前回に引き続き、『全国駅名事典』の特徴をご説明します。

ekimei_jacket-obi_convert_20161215171243.jpgA5判・568頁/3600円(税別)

と、その前に。忘れないうちに申し上げておきますと、『全国駅名事典』は今日あたりから全国書店で発売されます。地域や書店によって少しずれるかもしれませんが、来週月曜日にはだいたい行き渡ることと思います。

お時間のある方は(いえ、お忙しい方も!)、ぜひ書店にお立ち寄りのうえ、現物をお手にとって内容をご確認くだされば幸いです。

012_convert_20161222191134.jpg
巻頭路線図の次にある本書「はじめに」。ここに今回記事の要点がまとめられています。

さて、本題に入ります。

ある人から次のように尋ねられたとします。

「久しぶりの駅名事典が出たことは嬉しいけれど、今回出た事典は、一言でいうと、どこが違うの? どこにこだわっているの?」

こう訊かれると、じつは困ります。なぜなら、内容も、見せ方(レイアウト)も、それなりにこだわっているわけで、編集担当としてはあれこれ言いたいことがあります。とても一言では済みません(そもそも質問が二つあるし)。

が、それでも「一言で」と言われたならば、私はこう答えるでしょう。

「本書は、徹底した公文書主義に基づいて編集されています」

公文書主義というのは、すごく簡単にいうと「(一番確かな)お役所の資料に基づいた内容を心がける」ということです。本書の場合、とりわけ各停車場の開業日にこの原則が貫かれています。

駅名の研究にあたっては、当然のことですが、各社の社史や要覧、これまでに刊行された事典や書籍・雑誌を参考にします。本書編纂に際しても、多くの文献が参照されています。

が、これらは言うなれば「二次文献(資料)」であり、間違いがまったくないとは言い切れません。

元の記録が間違えて引き写されている可能性がありますし、長い年月のあいだに何かの拍子で誤った記録が引き継がれてしまった可能性もあります。最初の開業記録がわからなくなって、とりあえず判明している記録が最初の開業となっているケースもありえます。

信用していないわけではないのですが、人間誰しも間違いや勘違いはありますからね(私はしょっちゅう失敗しています)。

そして、そういう誤りは実際にあるもので、A文献とB文献で記載内容が異なることがあります。で、そのままにしておくと、それが後世に引き継がれていって、どちらが本当の情報かわからなくなってしまいます。

こういうことが起きないように、駅名研究にかぎらず、ちゃんとした研究では「一次資料」にあたります。

たとえば日本史の研究でいえば、一次史料に基づいた専門書だからとその引用を鵜呑みにせず(孫引きせず)、できるだけ古文書などの一次史料を自分の目で確かめることが望ましいのです(研究では、さらに史料が書かれた時代や状況なども考慮して、その妥当性を判断します)。

では、駅名研究での一次資料は何かというと、『鉄道省文書』や『鉄道公報』、『官報』、鉄道統計などがそれに相当します。

【後半につづきます】