スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年を振り返って

年末にかこつけて、今年出した鉄道本をざっとご紹介。

鉄道史の仁義なき闘い_convert_20160420201733
所澤秀樹著/2016年3月刊

トップバッターは『鉄道史の仁義なき闘い――鉄道会社ガチンコ勝負列伝』。

著者は『鉄道手帳』の責任編集者でもある所澤秀樹氏で、史上有名なライバル会社の対決の数々を取り上げ、日本の鉄道の来し方を振り返るという趣旨。

名阪間をめぐる官設鉄道と関西鉄道の運賃・サービス競争、

阪神間で官設鉄道に正面から挑んだ阪神電気鉄道、

その阪神と熾烈な抗争を繰り広げた阪神急行電鉄(阪神)、

「地下鉄の父」早川徳次と東京横浜電鉄総帥・五島慶太との地下鉄争奪戦

……などなど、会社の存亡をかけた闘争はまさに「仁義なき闘い」であり、近代産業史の縮図でもあります。


京都鉄道博物館ガイド_convert_20160420202518
来住憲司著/2016年5月刊

続いて5月に刊行したのは、来住憲司氏による『京都鉄道博物館ガイド』。京都鉄道博物館の開業に間に合わせるべく、睡眠時間を削りに削ってつくった、忘れようのない1冊。

工事の関係で博物館取材が思うように進まず、相当焦りました。さらに来住氏が遅筆というのか、凝り性で、なかなか原稿が上がらない。写真点数もこの種の本にしてはとんでもなく多いので、レイアウトもかなり手数がかかりました。

校了間近の頃は、来住氏も私もそれぞれ徹夜で、朝晩関係なくメール、電話の応酬をかさね、深夜のファミリーレストランでゲラの受け渡しをしたこともありました。

苦労の甲斐あって、なかなかよくまとまった本になったと思います。発売まもなく重版したのも嬉しいかぎり。


aaa_convert_20160610193128.jpg
写真は第4回セミナーの様子。黒田氏ならではの、美しくわかりやすいビジュアル。

出版ではありませんが、5月には第5回創元社鉄道セミナーを開催しました。

講師は弊社刊『乗らずに死ねるか』でおなじみの黒田一樹氏。「この夏オススメ!? 関西発の鉄道旅行ガイド」というテーマで、フツーでないがゆえに愉しめる、とっておきのコースを案内してもらいました。

久しぶりの開催だったためか、定員50名があっという間に満席になりました。私が出会った著者のなかでも超が付くほどの変人なのですが(褒め言葉です)、どういうわけか人気があります。

「中毒性のあるトーク」というのが本セミナーの売り文句になっているのですが、この時もまさにそのとおりで、テンポ良く進む黒田氏の案内に誰もが頷き、ときに微笑み、ときに大笑いされていました。

私は会場の後ろのほうでその様子を見ていたのですが、じつは参加者の皆さんは、テーマはなんでもよくて、黒田さんに逢いたいのではないかと思ったほどです。


9784422240640_convert_20160928165139.jpg
所澤秀樹責任編集、創元社編集部編/2016年9月刊

ほかのジャンルの本も作っていたので、しばらく間が空きましたが、9月には9年目となる『鉄道手帳』を刊行。

例年どおり、路線図、ダイアリー、資料編を更新し、これまた例年どおり、鉄道軌道各社に掲載データを確認していただくとともに、イベント予定を教えていただきました。

来年も1年間そばに置いていただき、「毎日どっぷり鉄道漬け」になっていただければ幸いです。

来年は節目の10年目。何かしら特別なことをしたいと考え中です。乞うご期待。


ekimei_jacket-obi_convert_20161215171243.jpg
星野真太郎著、前里孝編/2016年12月刊

そして12月。出来たてホヤホヤの新刊『全国駅名事典』を刊行しました。

長きにわって『駅名事典』を改訂出版されていた中央書院さんがなくなってしまい、この16年間は全国の駅名を網羅した事典がありませんでした。

どこか出してくれないかなと思っていたのですが、どうもそういう気配がないので、「それならウチで」と勢いで企画したのですが、思った以上の難事業で、気が変になるんじゃないかと思いましたね。

寝ていても、「あっ、あの訂正、ちゃんと反映したかな」「これは鉄道会社に確認しないといけないな」と気がかりが絶えることなく、家族には「寝ているとき、唸っていたよ」と言われる始末。

が、その甲斐あって、駅名レファレンスの決定版というにふさわしい内容になったのではないか、最初の一歩としては上出来ではないかと思います(思いたい)。

もちろん完璧というつもりはなくて、じつは、構想倒れで終わってしまった工夫もあります。詳しくは書けませんが、いままでの類書にはなかった工夫で、第2版以降で実現したいと考えています。

しかし第2版以降を出すには、第1版がある程度売れなければなりません。本書も『鉄道手帳』同様、皆様に育てていただく本です。一人でも多くの方に本書を座右の書としていただけますよう、心よりお願い申し上げます。


本年もご愛顧を賜り、誠にありがとうございました。来年も、皆様のお役に立ち、かつ楽しんでいただける鉄道本を出版してまいりたく存じます。引き続きご支援賜りますようお願い申し上げます。

来年が皆様にとって実りある1年となりますように。
スポンサーサイト

ブログ再開します!

ずいぶん久しぶりの更新になってしまいました。最後の更新が昨年の12月15日ですから、4ヵ月ぶりになります。

もともと『鉄道手帳』の販売期間に合わせて不定期に更新するという、いわば季節列車のようなブログなのですが、それにしてもちょっと空きすぎました。

じつはこの間、あれやこれやとご紹介したいことがたくさんありました。新刊の紹介も滞りましたし、書評掲載のお知らせも溜まっています。

けれども目先の仕事に忙しく、やらねばならぬと思いつつも、ついつい後まわしにしてしまいました。空白期にこのブログを訪れてくださった皆様、申し訳ありません。

さて、4月も半ばを過ぎ、その目先の仕事もようやく終わりましたので、いまさらながらではありますが、更新を再開します。が、久しぶりなので、ちょっと小芝居をさせてください。



【場面35 午後9時30分 応接間】

――ソファに腰掛けた男が若い男に紅茶を頼んでいる。ほかに数人の男女が
談笑している。

えっ!? 「目先の仕事とは何か」ですと?《少し驚いたように、客に顔を向ける》

いい質問です《キリッ! ソファから立ちあがる》

――離れたところにいた男女が談笑をやめ、男のほうを向く。

それこそが、私を数ヵ月のあいだ悩ませ、ブログ更新から遠ざけた原因であり、
今回、ブログを更新する理由だからです《人差し指を立てて、客を見つめたあと、歩き出す》

――客たちは呆気にとられて、男の姿を追う。

過去何度も修羅場をくぐり抜けてきましたが、この仕事ほど私を追い詰め、
私の寿命を縮めたものはありません《立ち止まり、目を閉じて胸に手を当てる》

ん!? 「それは大袈裟だろう、段取りが悪かったからだろう」とおっしゃいますか?
《鋭い一瞥を送る》

たしかにそれは否定できません《目を伏せて、うつむく》
しかし、それだけではありません《顔を上げ、一人の客を見つめる》

今回は如何ともしがたい要素がありました《やや顎を突き出して、空を見つめる》

スケジュール絶対厳守にもかかわらず、とある理由で取材状況が整わず、
にっちもさっちも行かない場面が何度もありました《ふたたび歩き出す》。

いや、正確に言えば、この仕事に着手した時点では、もう少し猶予がありました
《わずかな瞬間だが、苛立たしげな表情を見せる》

――男女の客が顔を見合わせる。

が、別の理由で前倒ししなければなりませんでした《立ち止まって目を伏せる》
ま、これはツマラナイ理由なので、いまは語りますまい《ふたたび歩き出す》

天は乗り越えられる試練しか与えないと言われます《手を後ろに組んで、客のほうを見る》

――客たちはキョトンとしている。

私もそれを信じて、投げ出したくなるのをこらえて前に進みましたが、デッドラインが
近づいてくると、なかなか平静でいられるものではありません。将来に起こりうる悲劇が
脳裡をよぎり――絶望的な気分に陥ることさえ、ありました《立ち止まり、遠くを見る》。

――沈黙の空気が流れる。

《何かに気づいたように、額に手のひらを置く》 いや、失礼しました。私としたことが
お恥ずかしい《客に向き直り、頭を下げる》

――客たちはぎこちない笑いを浮かべ、小さく頷く。

《笑顔を浮かべ》苦労自慢はいけませんな。どうも、年をとるにつれ、愚痴っぽくなって
いるようです。今日みなさんにお集まりいただいたのは、愚痴を聞いていただくためでは
ありません。その成果を披露するためです《顔をやや紅潮させて歩き出す》

ここでみなさんにその成果をご紹介せずして、この仕事は終わったことになりません
《目を輝かせ、口の端を上げる》。

――若い男がティーセットをワゴンで運んでくる。

ふむ、紅茶の準備ができたようですな。では、本題に入ることにしましょう。
《最初に座っていたソファに腰を落とし、両手の指を付き合わせ、構えをつくる》



久しぶりの更新で、ちょっと遊ぶつもりが、悪い癖で、駄文を書き連ねてしまいました。すみません。なお、一部を除き、フィクションです。

本題に入る前に、もう少しだけ寄り道させてください。空白期に刊行した鉄道書籍の紹介です。後まわしにすると、また忘れてしまいますので……。

鉄道史の仁義なき闘い_convert_20160420201733
所澤秀樹著『鉄道史の仁義なき闘い――鉄道会社ガチンコ勝負列伝』(3月20日刊)

鉄道の歴史_convert_20160420201713
C・ウォルマー著『鉄道の歴史――鉄道誕生から磁気浮上式鉄道まで』(4月10日刊)

この2冊は近いうちに本ブログで取り上げます。今日ご紹介するのはこちらです。これが数ヵ月のあいだ、私を悩ませ、私(と著者の)寿命を縮めたであろう本です。

京都鉄道博物館ガイド_convert_20160420202518
来住憲司著『保存車両が語る日本の鉄道史 京都鉄道博物館ガイド 付 JR・関西の鉄道ミュージアム案内』(4月25日頃発売)

書名のとおり、京都鉄道博物館をまるっと解説する本です。

京都鉄道博物館については、すでにさまざまなプロモーションが行われているので、ご存じの方も多いでしょうが(その力の入れ様には本当に驚かされます)、簡単にまとめるとこんな感じです。

・交通科学博物館(大阪弁天町、2014年4月閉館)と梅小路蒸気機関車館(2015年7月閉館)の伝統を受け継ぐ、日本最大級の鉄道ミュージアム。

flyer-2-1_convert_20160421114309.jpg

・施設は、3階建て本館、プロムナード、トワイライトプラザ、梅小路蒸気機関車庫(扇形車庫)、SL第2検修庫、旧二条駅舎からなり、延べ床面積は3万㎡以上、甲子園球場0.8個分に相当します。

027_convert_20160420213219.jpg 
本館に入ったところで出迎えてくれる500系、583系、489系

269_convert_20160420214009.jpg 
優等列車のトレインマーク。全部で18個展示

「甲子園球場0.8個分じゃ、そんなに大きくないんじゃないの?」というツッコミがありそうですが(私もいま計算してみて、一瞬そう思いました)、よく単位として使われる甲子園球場の面積(関西以外では東京ドームでしょうが)は、グラウンド、スタンドその他の施設の面積も含むものなので、かなり広いのです。

実際、京都鉄道博物館の展示を全部見て回ると、運動不足気味の人は疲れます(というか、私が疲れました)。エスカレーターやエレベーターもありますが、なにせ保存車両、展示物が多いので、おのずとたくさん歩くことになります。私は内覧会に革靴で行きましたが、底が薄くて硬い靴だと確実に足にきます。ある程度クッション性のあるスニーカーがおすすめです。

話を戻します。

・保存車両は全53両(休憩所のオハフ50形1両は含まず)。明治・大正・昭和・平成の鉄道シーンを象徴する車両ばかりが勢揃い。
蒸気機関車:23両(うち動態保存8両、静態保存15両。SLスチーム号は乗車可)
  電気機関車:5両
  ディーゼル機関車:2両
  新幹線電車:6両
  電車:5両
  気動車:1両
  客車:9両
  貨車:2両
 ※なお、本館南側にある引込線に留置されている2両は適宜入れ換えられる。

272_convert_20160420213317.jpg 
先日、国の重要文化財に指定されたばかりの233号機。官設鉄道がはじめて購入した国内民間会社製機関車

・体験型展示が充実。運転シミュレーターをはじめ、「見る、さわる、体験する」を重視した展示が多い。鉄道運行や安全のしくみが総合的に学べるようになっていて、解説もかなり丁寧。

486_convert_20160420214150.jpg 
準鉄道記念物の回転変流機

・鉄道ジオラマは幅30メートル、奥行10メートル。車両はHOゲージ、ストラクチャーはNゲージ仕様で、列車の走行シーンが存分に楽しめる。

074_convert_20160420213707.jpg 
左手のスクリーンには、四季折々のイメージ映像が映し出されるしくみ。運転時間は20分

・屋上のスカイテラスからは、東海道本線、山陰本線、東海道本線を往来する列車がよく見える。世界遺産・東寺の五重塔や京都タワー、京都の山々を借景とする格好のトレインビューポイント。

449_convert_20160420215259.jpg 
すれ違う新幹線を撮影することも可能

で、そろそろ本の紹介に移りたいのですが、かなり長くなってしまいましたので、ここでいったん区切ります。また明日。
続きを読む »

運行再開します!

鉄道ファンのみなさま、こんにちは。

今年の1月19日を最後に長らく運休しておりましたが、今日付で運行を再開いたします。

更新は不定期になりますが、『鉄道手帳[2016年版]』をはじめ、弊社鉄道書籍やグッズ、鉄道絡みのよもやま話をお届けする予定です。よろしくお願い申し上げます。

とは申したものの、運行再開1回目は緊張します。ネタがないというのではなく、ネタがありすぎて(賞味期限切れのものもありますが)、どれからお話してよいのやら悩んでいます。

来年の『鉄道手帳』のことをお話するのが順当なのでしょうが、近々出る『鉄軌道路線図』や交通図書賞受賞についてもご紹介したいし、トワイライトエクスプレス取材の様子もお話したい。出張その他で食べた駅弁の写真も溜まっています。

そうそう、来月開催の鉄道セミナーのこともPRしなければなりません。あ、黒田さん監修の鉄道マンガのことも書かなくては……。

という次第で、あらかた書いてしまいましたが、ぼちぼち更新していきます。お手すきのときにご笑覧くだされば幸いです。

093_convert_20150708165540.jpg
運休中に食べた、淡路屋さん謹製「トワイライトエクスプレス弁当」1400円也。販売終了?

謹賀新年 その(2)

年頭のご挨拶ながら、昨年1年を振り返る記事の続きです。

9月中旬には『鉄道手帳[2015年版]』が出来上がりました。例年より早くに出したのですが、タモリ倶楽部の影響が残っていたのでしょう、出だしから順調で、11月にはまさかの重版をすることになりました。手帳はいわば季節商品で、重版などしないものだと思っていましたので、嬉しい誤算です。

9784422240626_convert_20150108141511.jpg
所澤秀樹責任編集/創元社編集部編『鉄道手帳[2015年]』 B6判クリアカバー装・248頁 本体1,200円(税別)

一方、『鉄道手帳』の見本が出来上がるちょっと前から当ブログの更新を再開しました。1年中更新するのは大変なので、ご存じのように手帳販売シーズンに限って更新しています。したがって、まもなく運転休止期間に入ります。

話を戻して12月。当ブログをご覧の方はご存じでしょうが、タモリ倶楽部の「専門手帳フェア2015」に呼んでいただきました。2014年版からの改良点を紹介するという趣旨でしたが、放送終了後、予想以上の反響があり、某ネット書店の在庫が瞬く間になくなってしまいました。

リアル書店のほうもぐっと売れ行きが増し、売り切れ店が続出。昨年より少し多めに製作し、さらには重版までしたのに、まだ追いつかないとは……嬉しいやら、申し訳ないやらとは、このことです。

順番が前後しますが、テレビでの紹介はこの前にもあり、10月には、よみうりテレビの朝の情報番組「す・またん」、12月のタモリ倶楽部放送直前には、毎日放送の深夜番組「おとな会」でも紹介していただきました(いずれも関西ローカル)。昨年はテレビにご縁のある年でした。

なお、タモリ倶楽部で紹介していただいたことを記念して、『鉄道手帳』特製替えジャケットを公開しました。気に入った柄があれば、ダウンロード印刷して、『鉄道手帳』のクリアカバーに差し込んで使ってください(全4種類)。

038_convert_20141212191647.jpg


※『鉄道手帳[2015年版]』は、現在、品薄のため入手しづらくなっています。はじめて当ブログを訪れてくださった方は『鉄道手帳[2015年版]』の在庫状況についてをご覧願います。書店在庫の検索方法を説明しています。


同じ12月には、伊藤博康氏による『日本の鉄道ナンバーワン&オンリーワン――日本一の鉄道をたずねる旅』を刊行しました。鉄道好きなら一度は行きたい、知っておきたい、鉄道のあらゆる日本一と日本唯一を解説した本で、お馴染みのネタからマニアックな知識まで、惜しげもなく披露されています。写真もたっぷりで、四六判・256頁のハンディサイズながら、約200枚もの写真を掲載しています。

9784422240695_convert_20150108141529.jpg
伊藤博康著『日本の鉄道ナンバーワン&オンリーワン――日本一の鉄道をたずねる旅』四六判・256頁 本体1,200円(税別)

「鉄道の日本一なんて、ありがちだし、ネットで調べたらすぐわかるよ」という方、ちょっとお待ちください。たしかにWikipediaや鉄道好きの人がまとめたwebサイトを見れば、ある程度の情報は得られるでしょう。でも、それは正確な情報でしょうか。いつの時点の情報でしょうか。さらに言うなら、たまたまその人が知っている(つもりでいる)ことが書かれているだけかもしれません。

日本の鉄道の状況は日々変わっています。新たにできる路線、駅の新規開業や改称、新型車両の登場もあれば、新規にできたり、なくなったりする施設があります。そもそも、日本一だとか日本唯一というテーマに限ったとしても、日本全国の状況を把握するのはそう簡単なことではありません。

その点、伊藤氏は信頼がおける人です。日本最大の有料鉄道趣味サイト「鉄道フォーラム」代表として、パソコン通信勃興期から同フォーラムを運営してきた伊藤氏は、日々膨大な情報に接しており、この種の本を書くのに打ってつけの人物だと思います。

日本一や日本唯一の情報は、じつは『鉄道手帳』のダイアリーページにも記載していますが、それは断片的なもので、本書の情報量の足下にも及びません。掲載項目の多さはもちろんですが、本書では各項目について、たんに記録を紹介するだけでなく、関連事項や背景を説明していますし、アクセスの方法や見所も紹介しています。『鉄道手帳』の編集にも役立つことでしょう。

009_convert_20141216141628.jpg

ビギナーの方は言うまでもなく、ベテランの方も「おっ、そう言われればそうだ」「これは知らなかった。いまはこうなっているんだ」という発見があるはずです。ぜひお手にとってご覧ください。

007_convert_20141216141601.jpg

謹賀新年 その(1)

遅ればせながら、新年のご挨拶を申し上げます。

あけまして おめでとうございます
旧年中は格別のお引き立てを賜り 誠にありがとうございました
皆様のご支持は『鉄道手帳』を編集するうえで大いに励みとなりました
ここにあらためまして御礼申し上げます
本年も相変わらぬご愛顧を賜りますよう 伏してお願い申し上げます

そして本年が皆様にとって実り多き年でありますように祈念申し上げます

新年最初の更新ではありますが、昨年末にご挨拶をし損ねましたので、まずは昨年一年の動きを振り返っておきたいと思います(鉄道関係のみ)。

いまからちょうど1年前の1月、湯沢威氏による『鉄道の誕生――イギリスから世界へ』を刊行しました。

9784422203386_convert_20150108141419.jpg
湯沢威著『鉄道の誕生――イギリスから世界へ』 四六判・302頁 本体2,200円(税別)

本書は「創元世界史ライブラリー」という叢書の1冊で、世界史の啓蒙書に位置づけられます。したがって学術研究のほうに重きがあり、鉄道趣味を意識した構成にはなっていませんが、鉄道誕生までのドラマと、鉄道と近代化をめぐる考察は読み応え十分で、鉄道好きの方にも楽しんでいただけることと思います。関連写真や図版も多数掲載していますので、鉄道草創期の歴史に関心のある方はぜひお読みください。

1月末にはタモリ倶楽部の「専門手帳フェア2014」に呼んでいただきました。放送後、瞬く間に在庫がなくなりご迷惑をおかけしましたが(おかげさまで発売6年目にして初の完売となりました)、番組出演を機に多くの方々に『鉄道手帳』の存在を知っていただくことができました。

6月には黒田一樹氏による『乗らずに死ねるか!――列車を味わいつくすための裏マニュアル』を刊行しました。フラッグシップのような派手さはないけれど、鉄道ファンならぜひとも乗っておきたい27の名列車の愉しみ方を紹介した本で、経営コンサルタントとして活躍する黒田氏ならではの視点と時に軽妙で、時に重厚な筆致が冴えわたる一冊です。鉄道の本に、自動車評論の作法を持ち込んだかのようなスタイルで、当の列車を知っている人も、知らない人も楽しめるようになっています。

9784422240688_convert_20150108141457.jpg
黒田一樹著『乗らずに死ねるか――列車を味わいつくすための裏マニュアル』 A5判・200頁(一部カラー)本体1,500円(税別)

本書には特設サイトもあります。→『乗らずに死ねるか!』特設サイト
norashine_site_top_convert_20150108143132.jpg

7月には『鉄道手帳』の巻頭路線図を再編集した『別冊鉄道手帳 全国鉄軌道路線図〈長尺版〉』を製作しました。東京国際ブックフェアの弊社ブースで特別販売するために小ロット印刷したもので、いわゆる蛇腹折りで、片面だけで全長1.8メートルもある路線図です。ブースでは鉄道ファンでない方も面白がって買ってくださり、予想以上に売れました(まあ、私が店長でしたので、多少売り込みましたが)。ブックフェア後、嬉しいことに東京神田の書泉グランデさんからお声がかかり、同店と秋葉原の書泉ブックタワーさんで販売していただくことになりました。

176_convert_20140710153007.jpg 174_convert_20140710152944.jpg

8月には弊社主催の鉄道セミナーを開催しました。講師は黒田氏で『乗らずに死ねるか!』の出版記念も兼ねていました。この時のテーマは、前年11月に開催された第1回のセミナーを受けて、「乗らずに死ねるか〈関西私鉄・JR拡張版〉」でした。経営コンサルタントを本業とする黒田氏のプレゼンテーションは抜群に面白く、会場では笑いが絶えませんでした。

IMG_2373_convert_20140903104722.jpg IMG_2379_convert_20140903104907.jpg

長くなりましたので、ここでいったん切ります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。