スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5回創元社鉄道セミナーのご案内

さっそくですが、第5回セミナーのご案内をさせていただきます。

諸般の事情により、11ヵ月ぶりのセミナーとなりますが、今回も密度の濃いセミナーをご用意いたしました。

講師は黒田一樹氏。弊社刊『乗らずに死ねるか』の著者であり、最近は『すごいぞ! 私鉄王国・関西』(140B刊)が好評を博しています(ちょっと悔しい)。そして聞くところによれば、東京でも独自に鉄道セミナーを開催する予定で、いま乗りに乗っているようです。

aaa_convert_20160610193128.jpg
第4回鉄道セミナーの様子。話も上手ですが、ビジュアルも上手なのです

今回、5回目のセミナーを開催することはすんなり決まりましたが、テーマを何にするか、黒田氏とともにずいぶん悩みました。関西私鉄ものはある程度やりましたし(上述の本も出ましたし)、十八番の地下鉄ものも、出し尽くしてはいないものの、続けて3回目となると、やはり飽きがきます。

いろいろ悩んだ末に、今回は黒田氏にツーリストになりきってもらうことにしました。これまでのセミナーや『乗らずに死ねるか』で紹介した列車や路線も織り交ぜつつ、「フツーでない」鉄道旅行の案内をしていただきます。

タイトルは「この夏オススメ!? 関西発の鉄道旅行ガイド」。タイトルだけ読むと、若干凡庸な気もしないではありませんが、ご安心ください。おバカで楽しい、それでいて含蓄のあるプランになるはずです(たぶん)。

というわけで、ご多用とは存じますが、皆様のご参加をお待ち申し上げております。


【開催概要】

セミナー名:第5回創元社鉄道セミナー

テーマ:「この夏オススメ!? 関西発の鉄道旅行ガイド」

講 師:黒田一樹(くろだ・いつき)

日 時:2016年7 月28日(木)19:00~20:30

定 員:50名(定員になり次第締切)

受講料:2,500円(資料代込み。当日、受付にてお支払いください)

会 場:創元社本社 4階セミナールーム
〒541-0047 大阪市中央区淡路町4-3-6
     最寄駅:御堂筋線本町駅2番出口より徒歩4分
    (御霊神社南側のセブンイレブン向かいの6階建てビルの4階)


【前口上】

お馴染みの黒田氏がツーリストになりきり
関西発の鉄道旅行プランを作成
フツーでないがゆえに愉しめる、とっておきの
コースをご案内します

ひたすら車両を愛でる旅、関西圏ゴムタイヤの旅
のんびり車窓を眺める旅、日帰り三空港めぐり
地獄の大回りなどなど
おバカで楽しいプランを披露

さらに今回は、コースをまとめた資料小冊子を配布予定

黒田氏のテンポのよい進行、わかりやすいビジュアル
マニアックだけれども中毒性のあるトークを
十二分にお楽しみいただけるものと思います

みなさまのご参加を心よりお待ち申し上げております

★お申し込みはコチラ 弊社セミナー案内サイトに飛びます。
スポンサーサイト

第4回鉄道セミナーのお知らせ

来る8月21日(金)、創元社主催の鉄道セミナーを開催いたします。講師は弊社刊『乗らずに死ねるか!』でおなじみの黒田一樹氏で、前回大好評だった「京阪神地下鉄・地下線ガイド」の続編です。

お申し込みは下記WEBサイトで承っています。お申し込みをお待ちしております。



《セミナー内容》
「ここまで時代が見えるのか!」「見方がまったく変わった!」尽きることのない美学的興味が大好評だったPart1から半年。

完全な人工空間ゆえ、かえって都市の個性や時代性を色濃く反映する「地下鉄」を味わうセミナーPart2を開催します。

都市の威信をかけるほどの物珍しさはなくなったとはいえ、近年の地下鉄にはまだまだ見所があります。

バブル景気華やかなりし頃の遺産、バリアフリーへの対応、建設費抑制を企図したミニ地下鉄などなど、1980~2010年代の京阪神の地下鉄を鮮やかに斬りさばき、目からウロコの都市文化論を展開します。

pic-info_img201506bL_convert_20150708173542.jpg


《セミナー講師》
黒田一樹氏(くろだ・いつき)
中小企業診断士。1972年生まれ、95年慶応義塾大学文学部卒(美学専攻)。(株)NKB、(株)オリコムを経て独立、経営コンサルタントとなる。世界173都市中111都市の地下鉄を制覇。京阪80形を保有。無茶な発想と行動を愛する「鉄道楽者」。

《開催概要》
●日時:2015年8月21日(金)19:00~20:30 

●定員:50名(定員になり次第締切)

●受講料:2,000円(当日、受付にてお支払いください)

●会場:創元社本社 4階セミナールーム
 〒541-0047 大阪市中央区淡路町4-3-6
 最寄駅:御堂筋線本町駅2番出口より徒歩4分
 (御霊神社南側のセブンイレブン向かいの6階建てビルの4階です)

●申込方法:下記WEBサイトにて承ります(セミナータイトルをクリックしてください)。
 創元社鉄道セミナー第4回 「関西アンダーグラウンドの作法〈京阪神 地下鉄・地下線ガイド〉 Part2:平成篇」

第3回鉄道セミナー申込について

1月29日(木)開催予定の鉄道セミナーですが、おかげさまで定員に達しました。たくさんのお申し込み、誠にありがとうございます。

本来ならばここで申し込みを締め切らせていただくのですが、何件かお問い合わせをいただきましたので、定員を少しだけ増やすことにしました。

机なしの椅子席になってしまいますが、数席ご用意できますので、「申し込もうと思っていたけど、忘れてた」という方はいますぐお電話ください(ウェブでのお申し込みは締め切ります。電話でのお申し込みのみ承ります)。

なお、ウェブ申し込み締切以降にお申し込みくださった場合は、椅子のみの席(通常は机に面した席です)となります。ご了承願います。


●セミナータイトル
「関西アンダーグラウンドの作法〈京阪神地下鉄・地下線ガイド〉」
●講師
黒田一樹氏(弊社刊『乗らずに死ねるか!――列車を味わいつくための裏マニュアル』著者、経営コンサルタント)
●日時
2015年1月29日(木)19:00~20:30
●会場
創元社本社 4階セミナールーム
●定員
50名(定員になり次第締切)→ウェブ申し込み締切。電話申し込みのみ承ります。
●受講料
2,000円


電話でのお申し込みは、弊社「鉄道セミナー係」まで 06-6231-9011
※電話番号はお間違いのないようにお気をつけください。

第3回鉄道セミナーのお知らせ

今日は、来年1月29日(木)に開催予定の「第3回創元社鉄道セミナー」のお知らせです(過去のセミナーについてはこちらをご覧ください)。今回のテーマは、

  「関西アンダーグラウンドの作法――京阪神地下鉄・地下線ガイド」

です。講師は弊社刊『乗らずに死ねるか!――列車を味わいつくす裏マニュアル』でおなじみ、黒田一樹氏です。

SKMBT_C75414120311340_0001_convert_20141203113616.jpg

地下鉄とはまた地味な……と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、黒田氏の話を聞くとじつに奥が深い。打ち合わせの際、「なるほど、言われてみれば……」と何度も思ったものです。黒田氏にとって、地下鉄乗車はライフワークのようなものですから(現在、世界173都市中111都市の地下鉄に乗車済みとか)、今回も十分に楽しんでいただけるはずです。

内容は以下のとおり。

「景色のない電車なんて、何が楽しいんですか?」

……わかっておりませんな。完全な人工空間ゆえに、かえって各鉄道事業者の個性や、建設時の時代性が色濃く反映されるのが地下線なのです。

日本最強の地下鉄・御堂筋線、
関西最初の地下線・阪急京都線、
神戸の各鉄道を有機的に結びつけた神戸高速鉄道、
最新の阪神なんば線や京阪中之島線……。

「地下鉄」「地下線」をキーワードの、『乗らずに死ねるか!』の筆者が独自の視点と美しいスライド、中毒性のある話術でお送りする鉄道・都市文化論!


御堂筋はともかく、阪急京都線に神戸高速鉄道? と思ったあなたは鋭い。そう、今回はサブタイトルにもあるように、狭義の「地下鉄」だけでなく、いわゆる「地下線」も取り扱います。本職ともいえるテーマだけに、黒田氏も力が入っているように見えます。乞うご期待。

お申し込みは弊社HP内にある「鉄道セミナー」ページからお願いします。

  第3回創元社鉄道セミナー「関西アンダーグラウンドの作法」申込ページ


●セミナータイトル
「関西アンダーグラウンドの作法〈京阪神地下鉄・地下線ガイド〉」
●講師
黒田一樹氏
●日時
2015年1月29日(木)19:00~20:30
●会場
創元社本社 4階セミナールーム
●定員
50名(定員になり次第締切)
●受講料
2,000円



みなさまのお申し込みをお待ちしております。なお、当日は会場にて黒田氏著作を含む弊社鉄道本、特製クリアファイル等を販売いたします(ちなみに『鉄道手帳』はご用意できないかもしれません。年内お早めにご購入願います)。

鉄道セミナー第2弾、無事終了。

今日は、8月29日(金)、弊社セミナールームにて行われた「乗らずに死ねるか!〈関西拡張版〉」のご報告です。

まず、当日ご参加くださった方々に心より御礼申し上げます。あいにくの天気でしたが、会場内は終始笑いに包まれ、とても楽しい会になりましたね。時にこちらがハラハラするような毒舌も、笑顔で受けとめてくださり、本当にありがたく存じます。

ふだん、なかなか読者の方にお目にかかる機会がありませんので、今回のセミナーのように、皆様の率直な反応を拝見することは、編集者にとって得がたい経験です。次回、またお目にかかることを楽しみにしています。その時もまた、忌憚ないご意見をいただければ幸いです。

さて、当日の様子を写真を交えてご紹介します。

IMG_2350_convert_20140903104652.jpg
事前の案内では、〈関西私鉄・JR拡張版〉でしたが、いつの間にか〈関西拡張版〉になっています。が、中身は変わりません。書籍版『乗らずに死ねるか!』のスタンスはそのままに、より広く、より深く、より鋭く突っ込みます。

IMG_2373_convert_20140903104722.jpg
黒田氏の講演は、何と言っても舌鋒鋭いトークが見物ですが、写真や資料をまとめたスライドも大きな役割を演じています。

IMG_2392_convert_20140903111625.jpg
盛りだくさんのメニュー。写真も大量にありましたので、時間内に収まるのか少し心配でしたが、きっちり終わりました。

IMG_2375_convert_20140903113811.jpg
定速制御を備えた「人工頭脳車(オートカー)」こと阪急電鉄2000系。子供の頃、よく乗りました。

IMG_2376_convert_20140903104833.jpg
ちょっとした資料なんですが、こういう資料があると、頭の中が整理できて聞きやすいものです。

IMG_2379_convert_20140903104907.jpg
今度は9000系のお話。ところで、阪急梅田駅のホームって、いつ見てもピカピカですよね。どうやっているんでしょう。

IMG_2386_convert_20140903115020.jpg
最新の1000系と9000系の走行時の車内音を比べているところ。9000系も相当静かで遜色ないように思いますが、グラフで表すと、たしかに1000系のほうが静かなようです。

IMG_2394_convert_20140903105011.jpg
阪急、JR、阪神の大阪~神戸間の特急・新快速を比較。数字をみると、新快速のかっ飛びぶりがよくわかります。

IMG_2398_convert_20140903115751.jpg
でも、阪神もスゴイんですよね。

IMG_2396_convert_20140903105028.jpg
これを見て、パッとわかる人はどれくらいいるのでしょうか。

IMG_2399_convert_20140903105042.jpg
阪神尼崎名物、車内通り抜け。ん? 歩いているのは……若い方にはわからないかもしれませんね。

IMG_2391_convert_20140903104941.jpg
近鉄の「高速峠越え」。図で表すと、そのすごさがわかります。

ざっとご紹介しましたが、これらはほんの一部です。未見の人は、ぜひ「生」で楽しんでいただければ幸甚です。

IMG_2415_convert_20140903105126.jpg
最後はサイン会。話をしながら、一人ずつ違うことを書くものだから、時間がかかってしまいましたが、予想以上にサインを求める方が多くて驚きました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。