FC2ブログ

衣替えのススメ

朝夕めっきり涼しくどころか、寒気すら覚えるようになりました。寒暖の差があるほど紅葉が鮮やかになるそうですから、今年はいい景色が見られそうですね。

そろそろ本格的に衣替えをしなければと思いますが、これがいつも悩ましい。スーツスタイルなので選択肢は限られているのですが、本格的に秋・冬仕様にすると、天気が良すぎる日や雨の日に困ります。

天気の良い日にスーツを着込んで早足で歩こうものなら、中途半端に汗をかくことになります。私の場合、いつも無駄に重たい鞄を(筋トレと称して)持っているので、じわっとくるわけです。

雨の日はもっと厄介で、ウールのスーツで混み合う電車に乗ろうものなら、スーツが車内の湿気を吸いこんでしまうし、着ているだけで息苦しさすら覚えます。衣替えは楽しい側面もありますが、面倒なものですね。

衣替えといえば、じつは『鉄道手帳』も衣替えができるようになっています。

クリアカバー内側のジャケットが着脱可能になっているので、お気に入りの写真を入れたり、好きな図柄の包装紙をカットして入れることもできます。

もちろん、デザイナーに敬意を表してノーマルジャケットをそのまま使っていただいても、あるいはリバーシブルの裏面を使っていただいてもいいのですが、衣替えよろしく、TPOや気分に合わせてジャケットを着せ替えしていただくのも一興かと思います。

そこで編集部では、弊社ICT企画室H氏の協力を得て、このたび12種類の替えジャケットをご用意しました。

138_convert_20171018160529.jpg

上の写真では5種類しか出していませんが、下記サイトから12種類のPDFファイルをダウンロードできるようになっています。

railwaydiary_special_convert_20171018160854.jpg
下段にある「替えジャケットダウンロード」ボタンをクリックしてください。

PDFファイルをダウンロードして印刷して、手帳に合うように切り取っていただかねばなりませんが、ちょっとの手間で、見違えるようにお洒落になるはずです。

実際にジャケットを替えたところをご覧に入れましょう。

JNR_colour_convert_20171018163227.jpg
全65色の車体色を並べた「国鉄色」バージョン。秋らしい装い

hyoshiki_original_convert_20171018162731.jpg
さまざまな鉄道標識をパターンレイアウトした「鉄道標識」バージョン

hyoshiki_grey_convert_20171018162900.jpg
地色をグレーにしてモノトーンに仕上げた「鉄道標識(グレー)」。賢そうなグレーがお気に入りです

pictgram_convert_20171018164512.jpg
オリジナルを含む、35種のピクトグラムが楽しい「ピクトグラム」バージョン

nandoku_green_convert_20171018172016.jpg
各地方の難読駅名を番付表ふうにレイアウトした「難読駅名(緑)」バージョン

stripe_convert_20171018164129.jpg
インスパイア系その1。どこかで見たことがあるような、ないような「ストライプ」バージョン

line_convert_20171018164023.jpg
インスパイア系その2。うっすら見覚えのある配色の「ライン」バージョン。旭屋書店の書皮を彷彿とさせますが、関係はありません

003_convert_20171018160258.jpg
品のあるクリーム色と赤色の組み合わせが素敵な「神戸電鉄1000系」バージョン。神戸電鉄さん許諾済みです!


いずれも『鉄道手帳』専用替えジャケットとして制作しましたが、ほかのクリアカバー式の手帳に使っていただいてもかまいません。どんどんダウンロードしてください。着せ替えした手帳は、可能ならツイッターやブログ、FacebookなどのSNSで告知していただければ幸いです。
スポンサーサイト

おかげさまで10年目。『鉄道手帳』本日発売!

あの夏の猛暑はどこへやら、すっかり秋めいてきました。みなさん、健やかにお過ごしでしょうか。

私はこの夏にちょっと無理をしてしまい(自分のせいですが)、体調がすぐれなかったのですが、徐々に回復してきました。

ただ、困ったことに、体重が少々増えてしまいました。ふだんなら、夏の間に1~2キロやせるのですが、知らないうちに食べすぎていたのか、あるいは年齢相応に代謝が落ちたのか、逆に1~2キロ増え、少し気にしています。

まずは深夜になりがちな夕食時間を前倒しするところから対応しようと思います。あと、さぼっていたストレッチもちゃんとします。

私のボヤキはさておき、本日『鉄道手帳[2018年版]』が発売されました!

2008年の創刊から数えて10年、節目の年を迎えることができました。それなりの覚悟をもってはじめた企画ですが、少なくとも創刊時には、こうして10年目を迎えられるとは想像できませんでした。

9784422240657_convert_20170921134321.jpg
◆画像クリックで弊社サイトに飛びます。立ち読みできます!

これもひとえに皆様のご支援、ご指導の賜物と存じます。途中、苦しい時期もありましたが、本手帳を使ってくださる方々からの励ましのお便りにたびたび元気をいただき、前に向かって進むことができました。

ここに衷心より御礼申し上げます。ありがとうございます。

『鉄道手帳[2018年版]』の内容については、だいたい年内いっぱいをかけてぼちぼちご紹介していくつもりですが、その前に、〈『鉄道手帳』10周年記念スペシャルサイト〉をご紹介いたします。

railwaydiary_special_convert_20170921135124.jpg 

このスペシャルサイトでは、10周年のあゆみを年表ふうに振り返っています。創刊時の仕様と以降の変遷、タモリ倶楽部出演の影響など、年ごとのトピックをご紹介しています。

また、『鉄道手帳』をまだご存じない方のために、「Q&A」ページも設けました。手帳のコンセプトや収録路線図の特徴、資料編の内容など、手帳誌面をお見せしつつ解説しています。

スペシャルサイトではさらに、10周年記念のプレゼント企画もご案内しています。弊社ホームページのリニューアルキャンペーンともども、奮ってご応募くだされば幸いです。

同サイトではこのほか、弊社刊の鉄道書籍も一挙にご紹介しています。宣伝不足でご存じない本もあるかもしれません。この機会にぜひお確かめ願います。

同じく本日発売の『車両の見方がわかる! 関西の鉄道車両図鑑』は、別記事でご紹介いたします。乞うご期待!

9784422240787_convert_20170921134150.jpg
◆画像クリックで弊社サイトに飛びます。立ち読みできます!