スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年版の読者アンケートから (1)

今日は「鉄道の日」です。明治5年10月14日(旧暦9月12日)、新橋~横浜間が開業しました。『鉄道手帳』の同日の項にはこう書かれています。


実際には先に品川~横浜間が完成、営業を開始していたが(6月12日の項参照)、これは仮営業とされ、新橋(のちの汐留)~横浜(現・桜木町)間(18マイル=約29キロ)の全通をもって正式開業とされている。この日は祝典のため明治天皇御乗車の祝賀臨時列車1往復、式典参列者送迎用臨時列車1往復、式場警護の近衛兵輸送用臨時列車3往復のみの運行で、一般営業は翌日から。表定速度は32.8㎞/h、同区間を53分でむすんだ。1922年10月13日、鉄道大臣通達により毎年この日を「鉄道記念日」とすることが定められたが、1994年に運輸省発案により「鉄道の日」とされた。


わりと詳しく書いているほうだと思いますが、じつは以前はもう少し書き込んでいました。「……53分でむすんだ。」のあとに


なお、運賃は上等1円12銭5厘、中等75銭、下等37銭5厘であった(当時の大工手間賃1日33銭)。


さらに「鉄道の日」のくだりのあとに


また10月14日は「プラレールの日」(1997年制定)でもあり、毎年この日に限定復刻版が発売される。


と書いてあったのですが、前者は毎年情報を追加するうちに前後のスペースがなくなったため、後者は限定復刻版が発売されなくなっていたので(かつてあったことは間違いないのですが)、途中で削除した次第です。

ちなみに『鉄道手帳』の奥付日(発行日)は、2008年の発行開始以来、一貫して「10月14日」になっています。弊社内規では日にちは「10日、20日、30日」のいずれかなのですが、最初に出した年の発売日が「鉄道の日」に近かったこともあり、例外的に「14日」表記が認められています(たぶん)。

もっとも、この発行日は営業部の要請で年々早められることになり、2016年版は9月17日発売となりました。いくらなんでも早すぎると思われるでしょうが、主要な販路である書店での手帳販売が9月スタートなので、それに合わせているのです、ハイ……おかげで、毎年盆休みがとれません。

前置きが長くなりました。『鉄道手帳[2016年版]』が発売されてから約1ヵ月が経ちました。早くも2016年版の愛読者アンケートが届きはじめました。例によって何枚かをご紹介したいと思います。

hagaki.jpghagakibox.jpg
発売直後から届いたお便り。継続してご愛用くださる方が多いのが何よりも嬉しいことです。なお、いただいたお便りは、一定数たまるまで、「トワイライトエクスプレス弁当」の容器に入れています。

●電化線とそれ以外の路線図を入れてほしい。複線区間の路線図も。(三重県Oさん、62歳男性)

――Oさんは2回目のご購入です。毎度ありがとうございます。電化線・非電化線の一覧図は、かつて『鉄道の基礎知識』という本の巻末に掲載したことがあるので、できればそちらをご覧願います。A5サイズ8ページにわたって、すべての鉄軌道路線の電化方式をまとめています。もしかしたら『鉄道手帳』に再掲するかもしれませんが、けっこう手間のかかる作業なので、どうなることかわかりません。あしからず。

●鉄道設備(信号機や標識)の説明を入れてほしい。(鳥取県Oさん、60歳男性)

――これも『鉄道の基礎知識』に収録していて、かつて『鉄道手帳』に再掲したこともあります。Oさんと同じようなお便りは何通かいただいていますが、いま『鉄道手帳』に再収録すると30頁近くになり、ほかの資料が収録できなくなりますので、当面は復活掲載しないと思います。資料編だけを編集した「別冊」を作る機会があれば、ぜひ収録したいと思いますが……こういう次第ですので、『鉄道の基礎知識』収載の巻末付録をご覧くださいますようお願い申し上げます。

●時刻表に出ている程度のJRの営業案内をのせてほしい。(埼玉県Hさん、39歳男性)

――Hさんは3回目のご購入です。毎度ありがとうございます。当初は私もそうしようと考えたことがあるのですが、「時刻表に載っている情報は時刻表で確認してほしい」という所澤氏の方針があり、そもそも資料掲載スペースが限られていることもあって(ダイジェストするにしても相当の分量がありますよね)、ご要望にお応えできていません。時刻表とは別に携帯する手帳に営業案内があると便利というのは、よくわかるのですが……申し訳ございません。今後の課題とさせてください。

●全国鉄軌道路線図に計画線をのせてほしいです。私鉄は鉄道会社ではなく各線区を記載したほうがよりいい。鉄道が好きでいい手帳ですが、ダイアリー頁にもっと各線の開業を記載したほうがよかった。月間スケジュール頁の3月のJR北海道の北海道新幹線(新青森~新函館北斗館)開業の記載で「館」の字が誤って記載されていました。正しくは「間」ではないですか?(千葉県Tさん、24歳)

――ご要望がたくさんありますね。ひとつずつお答えしますが、その前に北海道新幹線開業の記述ミスについてお詫びして訂正いたします。ご指摘のように(新青森~新函館北斗館)というのは間違いで、正しくは(新青森~新函館北斗間)です。初歩的なミスで申し訳ございません。

――計画線や各線区名につきましては、そのほうが良さそうな気もしますが、現状ではスペースが足りず、無理やり詰め込んでもかえって見づらくなるという理由で掲載していません。今年7月に発行した「鉄軌道路線図〈長尺版〉第1版」を作る際に計画線や各線区名を入れることを考えましたが、膨大な作業量と視覚効果を考慮して断念しました。手帳での実現は難しいかもしれませんが、長尺版のほうで何とか実現できないか、所澤氏と相談してみます。

――ダイアリー頁に開業情報をもっと、というのもよくわかりますが、そうするとダイアリー頁が開業情報ばかりになってしまい、興趣を削ぎかねません。また開業日が重複していることが多いため、すべての開業日を掲載することができなくなり、結局、中途半端なものになってしまいます。ご了察のほどお願い申し上げます。ちなみに各社の創立日については、すべて網羅しているはず、です。

ご紹介したいお便りはまだまだありますが、そこそこの字数になりましたので、ここでいったん切らせていただきます。お便りをくださった皆様、ありがとうございました。
スポンサーサイト

2014年版の読者アンケートから(1)

昨日は「鉄道の日」でしたね。あちこちで鉄道イベントが開催されたことと思いますが、みなさま存分に楽しまれましたか。

1872(明治5)年10月14日(旧暦9月12日)、新橋(のちの汐留)~横浜(現・桜木町)間に日本初の鉄道が開業し、明治天皇御乗車の臨時列車が運行され、これを記念して1922年10月13日付の鉄道大臣通達により、毎年この日を「鉄道記念日」とすることが定められたそうです。

その後、1994年に運輸省(現・国土交通省)により「鉄道の日」と改称され、今日に至るとのこと。以上は『鉄道手帳』の10月14日欄外解説からの抜き書きですが、歴史を感じますね。

さて、『鉄道手帳[2014年版]』が発売されてから1週間ほど経ちましたが、さっそく何通かのお便りをいただきました。ありがとうございます。昨年同様、一部を紹介させていただきます。

hagaki_convert_20131015190815.jpg

●予定表も必要ですし、これならば一年楽しめます。鉄ちゃんでない人にも「いいから」と勧めています。何というか、とても割安感があって、とてもいい。(愛知県Aさん、57歳男性)

――Aさんは3回目のご購入とのこと。気に入っていただけて何よりです。「鉄ちゃんでない人にも……」ということですが、どういう反応があったのでしょうか。気になるところです。ちなみに私も行く先々でかばんの中から手帳を取りだし、「じつは、こういうものも作っているんです」と紹介するのですが(鉄道ファンでない人に)、作った本人を目の前にして率直な感想を言えるはずもなく、本当のところどうなんだろうと、いつも気になります。

――「割安感」というのも、ありがたいお言葉です。作り手としては大書して訴えたいところですが、Aさんのような方はともかく、小学生の方にはけっして安くはないかもしれません(以前、「おこづかいを3ヵ月貯めて買いました」というお便りをいただき、涙腺がゆるみました)。これ以上安くというのは難しいのですが、今後も「お値段以上」をめざして頑張ります。

●彼に勧められて買いました。ワクワクする手帳ってなかなかないと思います。来年使うのが楽しみです。(神奈川県Kさん、35歳女性)

――本手帳をご覧になって「ワクワクする」というのは相当に鉄分が濃い方とお見受けしますが、その「彼」とは鉄道を通じてお知り合いになったのでしょうか。仄聞するところでは、鉄道趣味というのはパートナーに理解されないことが多いようですが、Kさんの場合はその心配はなさそうですね。お幸せに。

●路線図でページとページの間が見えない。ひと工夫をお願いします。(兵庫県Mさん、75歳男性)

――Mさんは今年はじめてのご購入だそうですが、せっかくお買い求めくださったのに申し訳ありません。昨年と同じ製本方法をとったのですが、じつは開き具合が昨年よりも若干悪いようです。ぐぐっと思い切り開いていただいてもバラけることはありませんので、すみませんが、今年はこれでおゆるし願います。来年はもっと開くようにいたします。

●使いやすい。読んで楽しい。重宝しています。(千葉県Tさん、50歳男性)

――Tさんは6回目のご購入、ということは発刊以来ご愛用くださっているわけですね。ありがとうございます。直接お礼を申し上げて握手したいくらいです。今後とも末永くおつきあい願います。

もう少し書きたいところですが、長くなりましたので、続きはまた後日。

2013年版の読者アンケートから(3)

『鉄道手帳[2013年版]』の発売から2ヵ月が経ちました。今年はリピーターの方、はじめての方からのアンケートはがきが昨年を上回るペースで届いています。すべてに目を通していますが、今日はそのなかから一部をご紹介します。

●JRの切符が、旅行中保管出来るポケットがあると良い。12月が始まりの様な設定になっているので、1月~12月にしてほしい(きりが良くない感じです)(埼玉県Tさん、49歳男性)
――Tさんは4回目のご購入です。いつもありがとうございます。ポケットについては、ビニールカバーの袖部分を活用していただけるかと思っていたのですが、封ができるポケットのことをおっしゃっているのでしょうか。だとすれば、それはなかなか難しいと思います。システム手帳にはそういうリフィルがありますが、『鉄道手帳』のような綴じ手帳だとかさばりますし、販売価格にも大きく影響すると思われます。とはいえ、何か上手い方法がないか考えてみたいと思います。よいアイデアがあれば、ご連絡ください。

――1月はじまりの件については、人によって手帳切り替えの時期が違うため、慣例にならって12月はじまりにしています。逆に「発売が10月なんだから、カレンダーはせめて11月からにしてほしい」というご意見もいただきます。早くお使いになりたい気持ちはわかりますし、そういう手帳も見たことがありますが、頁数が増えてしまうこともあって12月はじまりにしています(ひと月加えると、月間スケジュールとダイアリーを合わせて少なくとも6頁増えてしまいます)。

●ヒモが2本になり便利。鉄道月刊誌の発売日の記載を希望。日出・日入、月出・月入があると良い(東京都Oさん、47歳男性)
――Oさんも4回目のご購入。いつもありがとうございます。ヒモ(スピン、しおり)2本仕様は今年からです。気づいていただけて幸いです。日の出・日の入り等については、毎日入れるのはご勘弁願いたいのですが、たとえば毎月1日の時間を入れることは可能だと思います。レイアウトや調査の都合もありますのでお約束はできませんが、検討してみます。

●今回、書店においてありはじめて存在をしりました。読み資料としても手帳としても機能させるのは使い手次第だと思いました。2013年、このダイアリーと共に多くの「鉄分」を補給して参ります。6年目の製作も期待しております!(岐阜県Nさん、25歳女性)
――いまのところ、主要販売店が書店なので、文房具店等で手帳をお求めになる方の目にはとまることが少ないのが残念です。販売条件などの問題がありまして、どうしても限られたところでの販売になってしまいます。とはいえ、書店や博物館以外に出さないということはありませんので、「販売してもいいよ」という小売店の方がいらっしゃいましたら、ぜひご一報願います。「使い手次第」というのはそのとおりで、まあいくらか個性的なつくりにはなっていますが、基本的にはお使いになる方の自由度を考えて、できるだけシンプルにしているつもりです。ダイアリー欄の記載事項も、記載事項そのものを紹介するというよりは、鉄道のことを考えたり、調べたりするきっかけにしていただけたら、ということで入れております。ともあれ、毎日楽しんで使っていただければ幸いです。

●ダイアリー頁は時刻単位のめもりが記されているので、日常業務のスケジュール(会議等の予定)を書き込むのに、非常に使い勝手が良い(東京都Hさん、51歳男性)
――ということは、お仕事にも使われているわけですね。鉄道趣味専用の手帳として使う方、お仕事にもお使いになる方、とりあえず買ったけど手帳としては使わず読んで楽しんでいる方といろいろいらっしゃいますので、使い方もさまざまのようです。趣味手帳としてお使いの方は、撮影データや乗車記録を残すのに使われているそうです。日記に使っているという方もいらっしゃいます。ちなみにHさんも4回目のご購入です。いつもありがとうございます。

●鉄道ファンの息子(33歳!)の分まで買ってしまった。見ているだけで面白く、楽しいダイアリーだ。仕事で使うと「脱線」しそう!?(愛知県Zさん、59歳男性)
――親子で鉄道ファンとはいいですね。きっと息子さんは英才教育を受けられたのでしょうね。仕事の合間に楽しんでいただけるのは嬉しいのですが(そういえば、会議の時に資料に読みふけっているというお便りをいただいたこともあります)、ぜひ「安全運行」でお願いいたします。

●旧国鉄に約40年勤務していたので、路線図を見るのは一番なつかしい思い出です(神奈川県Sさん、83歳男性)
――ありがとうございます。国鉄OBの方にそう言っていただけると嬉しさ倍増です。鉄道手帳ご愛用のみなさんのなかには、現役の運転士・車掌さんとおぼしき方、OBの方がけっこういらっしゃいます。仕事と趣味が同じというのはどんな気分なのでしょうか。ちなみに私の場合、本が好きなので出版社に入りましたが、本を読むのと作るのでは大違いで、「こんなはずじゃなかった」と思ったこともあります。

ご紹介したいお便りはまだまだありますが、けっこうな字数になりましたので、今日はここまでにしたいと思います。

2013年版の読者アンケートから(2)

ありがたいことに、今年は例年よりもハイペースでアンケートはがきが届いています。今年はどういうわけか、小学生と女性(年齢問わず)が目立ちます。

●資料も充実していて、読んでいてとても勉強になります。どんな出来事があったかはブログの更新の際、トピックスのヒントに活用させてもらおうと思います(青森県Mさん、42歳女性)
――そう言っていただけると、励みになります。ダイアリーの蘊蓄の改訂は、けっこう注力していますので。ブログをなさっているようですが、ぜひ当ブログと特設サイトをご紹介願います。

●ダイアリーに罫線があると良い。リバーシブルカバーはこれからも続けてほしい(愛知県Hさん、34歳男性)
――ダイアリーの罫線というのがどういうものかわかりませんが、ダイアリーと言いつつも、スケジュールを書き込む人も多いと思われますので(24時間目盛りを打ってあるのはそのため)、難しいところです。何か良い方法がないか、考えてみますね。リバーシブルカバーは「仕事でも使うので」という方がけっこういらっしゃいますので、いまのところ続けるつもりです。まもなく特設サイトに替えジャケットをアップしますので、そちらもご覧ください。

●現在SLが運行している箇所・期間・SL種別・その特徴・撮影スポットなどを是非(山口県Sさん、68歳男性)
――じつは私も同じことを考えていて、今年は載せようかと思っていたのですが、ほかの資料が多すぎて断念しました。来年はどうなるかわかりませんが、近いうちに掲載したいと思います。

●閉塞方式の種類、ATSの種類や作用の違いについての資料がほしい(千葉県Oさん、24歳男性)
――閉塞方式の種類は2010年版に掲載したことがあるのですが、Oさんは今年が2回目の購入だそうですから、ご存じないかもしれませんね。所澤氏の『鉄道の基礎知識』(弊社刊)でくわしく説明していますので、ぜひそちらもご覧ください。ATSも載っています。手帳の資料として復活するかどうかは、今後検討します。

●素晴らしい手帳で大変に満足しております。時刻表とペアにして使っておりますが、旅の行程を立てる時など、時刻まで細かく記入できるダイアリーは重宝しております。旅の行程表とか後ろについているのも良いかと(東京都Sさん、17歳男性)
――使い込んでいただいているようで、ありがとうございます。どんなふうに記入されているのか、拝見したいものです。旅の行程表を巻末に付けるというのは私も何度か考えたのですが、万人向けにつくるとなると難しく、比較的汎用性の高い罫線メモや方眼メモ(2013年版にはありませんが)を付けている次第です。ちなみに罫線メモは左端から35㎜のところに、あえてすき間(スリット)を設けています。このスリットを挟んで、たとえば左側に駅名、右側に乗車時刻、列車名、料金などを書くと、わざわざ縦線を引かなくても、まとまりやすいのではないかと思いますが、いかがでしょうか。

●数年前より仕事で電車を利用するようになり、まだ何も知りませんが、大好きになりました。生きてる間に全国の電車に乗ってみたいんです(兵庫県Mさん、52歳女性)
――Mさんは看護師さんで、2回目のご購入。アンケート欄に小さな字で「白衣のポケットに入れたい(ので小さなサイズにしてほしい)」と書いてありました。縦長のビジネス手帳を愛用する方が多いためか、こういうご要望をよくいただきます。たしかに、胸ポケットや尻ポケットに入るサイズだと、携帯に便利ですよね。が、本手帳の場合、路線図、ダイアリー、資料編がネックです(ほとんど全部やん!)。路線図のほうは折り図にする案もありますが、お経みたいに何回も折り返す仕様になってしまうかもしれません。ま、それはそれで面白いかもしれませんが。

●B5サイズに拡大してください。卓上用として。高齢のため文字が小さすぎるから(栃木県Kさん、67歳男性)
――これについては来年度版できちんと検討したいと思います。B5サイズかA5サイズが迷うところですが、いずれ大判も出さねばならないだろう(というか個人的に出したい)とは考えています。

●住所録がないので別に購入し、手帳に挟まなくてはなりませんので不便が生じます(兵庫県Tさん、62歳男性)
――住所録は2009年版をつくるときに付けようかと思ったのですが、やはりコストの点で困難でした。2010年版以降は頁数が増えていますので、さらに困難です。仮にコストをダウンできても、今度は厚みの問題があります。申し訳ありませんが、当面は住所録を別にお買い求めくだいませんでしょうか。

●今年も手帳を買う季節になり、この所購入している「鉄道手帳」を迷わず購入。携行用というより、家で見て楽しむ感じで使っています(栃木県Kさん、49歳男性)
――Kさんは4回目のご購入とのこと。毎年お買い上げくださり、ありがとうございます。「迷わず購入」だなんて、嬉しいお言葉です。今後も愛用していただけるよう頑張ります。

まだまだご紹介したいコメントはあるのですが、気がついたらけっこうな行数になっていましたので、「今宵はここまでにいたしとうござりまする」。

2013年版の読者アンケートから(1)

『鉄道手帳[2013年版]』が発売されてからひと月になります。ありがたいことに、今年もすでにたくさんのお便り(読者アンケート)をいただいています。今日は、そのなかからいくつかをご紹介したいと思います。


・2年買い続けています。今後、更なるパワーアップを期待しています。もっと多くの本屋にあるといいなと思います(東京都Mさん、31歳女性)
――ありがとうございます。今後も気を抜くことなく改善に努めたいと思います。販売書店に関しては、製作部数が限られていることもあって、大型書店や鉄道書に強い書店を中心とした配本になってしまいます。お近くの書店にない場合は、ネット書店や弊社通信販売をご利用くだされば幸いです。

・新幹線が走る前の急行、特急列車の事も記事にして載せてほしい。例えば、「はつかり」「みちのく」、「はやぶさ」「阿蘇」「きりしま」等のなつかしい列車の記事も載せて下さい(神奈川県Oさん、76歳男性)
――本手帳ご愛用の方には国鉄時代をよくご存じの方も多いので、参考にさせていただきます。なお、本手帳の責任編集を担当している所澤秀樹氏の『国鉄の基礎知識』では、戦後国鉄のあゆみを年ごとに語るスタイルで、画期をなした技術、ダイヤ改正、事件・事故、労働運動などさまざまなトピックを扱っています。優等列車に関する記述や写真も多数ありますので、未読の場合はぜひご覧ください。

・硬券タイプの題字がとても良かったです。それに魅せられて購入しました。今後も末永く出版してください(東京都Mさん、36歳男性)
――ありがとうございます。装丁家も喜ぶと思います。切符は毎年種類を変えていますので、今後もご期待ください。

・毎年発行されていることに気付きませんでした(前回は2009年版購入)。今後は毎年購入予定します(愛媛県Sさん、51歳男性)
――続けて発行していることをご存じなかったとは残念、非常に残念です。と同時に申し訳ありません。今後は手帳の周知にいっそう力を注ぎたいと思います。今後ともよろしくお願い申し上げます。

・路線図のほかに駅構内の情報を載せてほしい(兵庫県Oさん、10歳男性)
――駅構内の図や料金表、あるいは特定の時刻表を載せてほしいといったご要望をいただくことがありますが、これらを収録すると膨大なボリュームになりますので、現状では難しいと思います(個人的には、あったら便利だとは思いますが)。本手帳では、時刻表では扱われない情報、文献や実地の調査に基づいたオリジナルな情報を優先して収録したいと思います。ご了察願います。

・(資料編に)「地方私鉄で活躍する大手私鉄・JRの中古車両一覧」があった事が買う決め手になりました。来年から活用したいと思います。1週間のスケジュールや空き時間を把握しやすい「バーチカルタイプ」(の手帳)がどうしても欲しいです(東京都Fさん、27歳女性)
――まずは資料のほうから。紙幅の都合上、写真こそ掲載していませんが、手前味噌ながら、旧車両がお好きな方にはとても役立つ資料だと思います。近年は当時の車体色に戻しているケースも多いので、懐かしい気持ちになれるかもしれません。

――ダイアリー欄の仕様につきましては、いまのスタイルに加えて「バーチカルタイプ」版を用意するのは難しい状況です(コストや販売の都合など)。じつは2009年版をつくるときにバーチカルタイプも検討しましたが、鉄道史の出来事や豆知識を書くスペースを確保しづらく、横長式の記述に慣れている方が多いこともあって、現状のスタイルにしました。ご了察願います。


ほかにもたくさんご意見をいただいておりますので、折をみてご紹介したいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。