2015年版の読者アンケートから(1)

『鉄道手帳[2015年版]』が配本されてから2週間ほど経ちましたが、さっそく数十通ものお便りをいただきました。毎度ありがとうございます。

今日はそのなかから何枚かをご紹介します。原則として、原文ママです。

●しおりひもを、あと2本増やしてほしい。QRコードをのせて、必要な情報にすぐにたどり着けるようにしてほしい(山形県Tさん、男性48歳)

――うーむ、のっけから難しいご要望です。しおり(業界ではスピンと呼びます)は現在、赤と青の2本を付けていますが、これでは足りないということですね。スピンが複数あると使いやすいでしょうし、見た目も面白いとは思いますが、主としてコストの点から難しいと思われます(というか、理由はそれしかありません)。

スピン自体の値段は大したことはありませんが、手帳本体にスピンを付ける作業にお金がかかるためです(すべて手作業なので)。

どうしてもスピンがもっと欲しい場合は、スピンだけを買うことができます。弊社では扱っておりませんが、たとえば無印良品では、「しおりシール5本組み」が180円(税込)で販売されていますので、自分仕様にカスタマイズしていただければ幸いです。

 無印良品 しおりシール5本組み(他社サイトに飛びます)

QRコードについては、以前に考えたことがあります。将来的にできればいいな、という程度ですが……。コンテンツありきだと思いますので、ぼちぼち考えさせてください。

●電車の知識はまだまだですが、各鉄道会社の電車の個性にひかれて写真を撮っています。撮影日の記録としてこの手帳を活用させて頂きます(京都府Kさん、40歳女性)

――Kさんは今年はじめてのご購入ですね。『鉄道手帳』を出しはじめた頃は、アンケートにご回答くださる方は男性が圧倒的でしたが、最近は女性の方がかなり増えました。まあ、それだけで女性ユーザーがかなり増えたとは言えませんが、いずれにせよありがたいことです。

撮影記録としてお使いになるというのは、いいアイデアだと思います。どこへ行くにも、ぜひ『鉄道手帳』をご持参ください。そしてよろしければ、その成果を拝見させてください。

●これ一冊あれば、地図、鉄軌、停車場がひと目でわかります。旅行時および普段の時、いつも持参して見ています(福岡県Eさん、79歳男性)

――Eさんは2回目のご購入だそうで、毎度ありがとうございます。今後本書に取り入れてほしい要素として「ななつ星の運行ガイド」と書いていただきました。そうですねぇ、資料としてまとめてみたいのですが、「いつかはクラウン」どころではない、高嶺の花ですからね。チャンスがあればもちろん乗りたいと思いますが、いまのところ、まったくの未定です。あしからず。

●大きさもちょうど良く重宝しています。今まであった「全国相互乗り入れ・片乗り入れ運転概況」がなくなってしまったのが残念です(埼玉県Iさん、14歳男性)

――「全国相互乗り入れ……」については、ほかの方々からもコメントをいただきました。タモリ倶楽部で取り上げていただいた際に資料として紹介されたこともあって、これを楽しみにされていた方も多いようですが、今年は諸般の事情により掲載しませんでした。

ただし、来年は復活掲載する予定です(2015年版の編集段階からそう思っていました)。2015年版についてはご不便をおかけしますが、ご容赦願います。

●発行日早すぎませんか。9/20受けとりました。鉄道記念日(10/14)ぐらいでいいのでは?(東京都Iさん、76歳男性)

――そうですよね、早過ぎますよね。これまでは、だいたい10月上旬に書店に並ぶように作っていたのですが、手帳やカレンダーの販売開始が年々前倒しになっていて、今年はそれに合わせました。

編集作業のスケジュールに大きく影響するので、作り手としてはもう少し「あとのほう」が助かるのですが、郷に入っては郷に従わざるをえません(泣)。

そういえば、昨日の折り込みチラシで、お節料理の予約が入っていました。早過ぎ!

●新幹線の情報が欲しい(福岡県Iさん、64歳)

――「Iさん」が続いていますが、たまたまです。福岡県のIさんは今回はじめてのご購入です。お申し越しの「新幹線の情報」ですが、これまではほとんどありませんでした(ダイアリー欄には相当数の事項が紹介されていますが、まとまった資料はありません)。

これは新幹線への関心が薄いというのではなく(個人的にはぜひとも入れたい)、新幹線関係の書籍やムックにすでに数多の資料が掲載されており、多少なりともオリジナリティのある資料を作成するのが難しいと感じているからです。

ただ、今年は東海道新幹線開業50周年にあたりますので、それをふまえ、2015年版にはそれらしきものを掲載しました。資料編の「鉄道高速化略史」です。最初は新幹線のみの資料を考えていたのですが、なかなかよいアイデアが思い浮かばず(ありきたりの資料だと、所澤氏がOKしてくれません)、時間切れとなりました。

新幹線びいきの方には物足りない資料かもしれませんが、新幹線と他を較べて見ることで、新幹線の立ち位置がよりはっきりするとも思います。例によって小さな文字で詰め込んでいますが、じっくりと読み込んでいただければ幸甚です。
スポンサーサイト

「替えジャケット」第2弾!

先週お知らせしましたように、鉄道手帳用の「替えジャケット」第2弾をご用意しました。

このジャケットも弊社製作部Hさん製作です。

019_convert_20140919143621.jpg
第1弾とはガラッと印象が変わります。写真で模様が確認できるでしょうか。

020_convert_20140919143638.jpg
ちなみに表4(ウラ)側も同じパターンです。

022_convert_20140919143716.jpg
拡大するとこんな感じ。そう、鉄道標識を並べているのです。

使われている標識は右上から左に向かって、速度制限標識、汽笛吹鳴標識、出発標識、速度制限解除標識、架線終端標識、列車停止標識、おなじみ車止め標識、速度制限票式(前方転てつ器の右方への進路開通時の速度制限)、場内標識、停止限界標識です。

なお、並べ方にとくに意味はなく、見た目のバランスを重視しています。

ファイルは前回同様、PDFです。お手数ですが、下のダウンロードボタンをクリックしてファイルをダウンロードのうえ印刷願います。

hyoshiki_jacket_convert_20140923185259.jpg


上記ジャケットのダウンロードボタン → 『鉄道手帳』替えジャケット「標識」

今回はじめて鉄道手帳用「替えジャケット」を提案しましたが、自分だけのオリジナルジャケットを作っていただくのも面白いと思います。みなさんがどんなふうにお使いになっているのか、とても興味があります。差し支えなければ、ツイートやメールでお知らせ願います。

「京阪神鉄道路線図クリアファイル」を作りました!

週末なので、もう1本。

以前、当ブログで「首都圏鉄道路線図クリアファイル」なるものをご紹介しました。『鉄道手帳[2014年版]』(昨年発売)のプレゼントにもなりましたが、おかげさまで大好評をいただきました。

現在、東京の鉄道ファンの聖地・書泉グランデさんと書泉ブックタワーさん、通販サイト「ほんまち商會」で販売しています(いまのところ、上記3店舗のみの限定販売です)。

クリアファイル002_convert_20140131221506
「首都圏鉄道路線図クリアファイル」ウラ面。首都圏の鉄軌道(地下鉄以外)を網羅しています。

クリアファイル003_convert_20140131221523
「首都圏鉄道路線図クリアファイル」オモテ面。東京メトロ、都営地下鉄の路線図です。

で、今度はその「京阪神版」を作りました。こちらです。

033_convert_20140919204946.jpg
こちらがウラ面。ややピンボケしていますが、印刷は非常にクリアです。

035_convert_20140919205103.jpg
オモテ面は大阪市営地下鉄路線図。ま、どちらがオモテでもウラでもいいのですが、社内では、指をかける「くぼみ」があるほうがオモテということになっています。

どのあたりがスゴイのかは、前回ブログ通販サイト「ほんまち商會」でくわしく説明していますので、そちらをご参照願います。はっきり言って、使えます。

このクリアファイルも、書泉グランデさん、書泉ブックタワーさん、ほんまち商會で販売中です。ほんまち商會は、メール便使用だと送料無料です。

●書泉グランデさん(神田)

●書泉ブックタワーさん(秋葉原)

●ほんまち商會(通販サイト)

なお、『鉄道手帳[2015年版]』のアンケートにお答えくださった方のなかから、抽選で30名様にこのクリアファイルをプレゼントいたします。ご応募をお待ちしております。

「替えジャケット」第1弾!

鉄道ファンのみなさま、お待たせしました。『鉄道手帳[2015年版]』の販売がはじまりました。昨日あたりから全国書店およびネット書店で販売しています。今年もよろしくお願い申し上げます。

023_convert_20140919143309.jpg

昨年は、ゆうどきネットワーク(NHK)、めざましテレビ(フジテレビ)、タモリ倶楽部(テレビ朝日)で本手帳を紹介していただき、おかげさまであっという間に在庫がなくなってしまいました。

担当編集としては大変喜ばしいことですが、一方で読者のみなさま、書店のみなさまには大変ご迷惑をおかけしました。昨年、入手し損ねたみなさま、申し訳ありませんでした。

今年は昨年の反省をふまえ、製作部数を増やしました。と申しましても、昨年のような「神風」が今年も吹くとは限りませんので、残念ながら「大増」とまでは行きません。

来年の手帳を買うには早すぎるかもしれませんが、今ならリアル書店、ネット書店ともに在庫が潤沢で、確実に購入できます。お早めのご購入をおすすめします。

さて、今日の話題に移ります。

標題にありますように、今年は鉄道手帳用の「替えジャケット」を用意しました(PDFファイルです。ダウンロードできます)。昨年使ってくださった方はご存知かと思いますが、鉄道手帳では、クリアカバーの内側にリバーシブルの紙のジャケットを差し込んでいます。

024_convert_20140919143331.jpg
普通の書籍に即して言うなら、白い部分が「表紙」、クリアカバーが「カバー」。鉄道写真入りの紙は表紙ともカバーとも言いがたいので、「ジャケット」と呼んでいます(カバーを「ジャケット」と言うこともあります)。

025_convert_20140919175218.jpg
ジャケットは裏側も印刷してあります。仕事で使われる方、または鉄道ファンであることをアピールしたくない方は、こちらの面をオモテにして使われているようです。

で、こちらが今年はじめて提案する「替えジャケット」第1弾。

014_convert_20140919143432.jpg
様々な色をストライプにして配してみました。なかなかお洒落でしょ? 何の色だと思います?

016_convert_20140919143510.jpg
開くとこんな感じ。暖色から寒色までバリエーションが豊かです。路線カラーだと思ったあなた、
残念ながら違います。

017_convert_20140919143527.jpg
はい、接写。「ぶどう色3号」「朱色1号」などの文字が見えるでしょうか?

そう、いわゆる「国鉄色」です。国鉄時代に車両に塗装する色として規定されたものを並べてみました。こんなにたくさんの色があったんですね。

以下、ダウンロードから「替えジャケット」装着までの手順をご説明します。

(1) まず、PDFファイルをダウンロードします。ダウンロードは『鉄道手帳』替えジャケット「国鉄色」をクリック。

(2) ダウンロードしたファイルを開きます。

kokutetsu_color_jacket+-+コピー_convert_20140919183042

(3) 次に印刷ですが、ここから先は注意が必要です。まず、用紙設定がA4サイズ(横向き)であることをご確認ください。もうひとつ、「実際のサイズ」に設定してください。プリンターの種類や設定によっては、画像がA4サイズに収まるように自動的にサイズ調整することがあります(これがデフォルトになっている場合もあります)。今回のジャケットは、余白部分を含めるとA4サイズより少し大きめなので、「実際のサイズ」とか「原寸大」に設定してください。

(4) もちろん、カラー印刷設定にしてくださいね。プリンターによって設定が異なりますが、DTPモードなどハイクオリティなモードで印刷することをおすすめします(プリンターによって色の出方が異なるので、そこはお好みで)。

(5) 用紙はふつうのOA紙でかまいませんが、光沢紙を使うとよりきれいに仕上がると思います。

(6) 印刷が終わったら、ジャケットのサイズに合わせて余白を裁ち落とします。ジャケットの四隅と中央にヒゲがありますね。これは「トンボ」と言います。トンボは2本の線からなっていますが、このうち内側の線に合わせてカットします。上下左右ともにジャケットの中央に近いほうの線に定規を合わせてください。

(7) このとき、白い部分を一気に切らず、ジャケットと余白部分が端のほうでつながるように切りましょう。やってみるとわかりますが、たとえばタテ方向に一気に切り離してしまうと、ヨコ方向に切るときの目安になるトンボが消えてしまい、基準がわからなくなります。わかりにくいかもしれませんが、要するにジャケット部分を「切り抜く」のです。

(8) あとは差し込むだけですが、インクが十分に乾いてから入れてください。

【注】
印刷したジャケットを見ると、実際の色と違うと感じるかもしれません。しかし、申し訳ありませんが、こればかりはどうしようもありません。

同じ色でも、金属に塗るのと、紙に印刷するのとでは見た目の感じが違ってきます。そもそもパソコン画面の色と印刷の色は一致しません。また、お使いのプリンターの性能や環境設定、用紙の種類などによってずいぶん変わって見えるものなのです。この点、ご了承願います。

念のため、予備のダウンロードボタン → 『鉄道手帳』替えジャケット「国鉄色」


この「替えジャケット」は弊社製作部(という部署があるのです)のHさんに作成してもらいました。私は彼女に口頭でイメージを伝えただけなのですが、見事に形にしてくれました。Hさん、ありがとう。

第2弾も準備しています。来週あたりに当ブログでご紹介する予定です。乞うご期待。

鉄道手帳2015:今年のジャケットはコレ。

先日、『鉄道手帳[2015年版]』の編集作業が終わりました。このまま順調に進めば、何とか9月17日配本(ということは、店頭に並ぶのは19日前後。地方差がありますが)に間に合いそうです。

というわけで、今日から2015年版の見どころなどをぼちぼちご紹介したいと思います。

まずは今年のジャケットから。

103_convert_20140905100901.jpg

地色はこれまでと同じブルートレインカラー。2010年版ではマルーンカラー、2011年版は緑色を採用しましたが、2012年版からはずっとこの色です。色を変えてくれたほうが嬉しい、というご意見もいただきましたが、所澤氏のこだわりにより、今年もブルーとなりました。でも、来年あたり、変えるかもしれません。

表1(オモテ側)には、ED79牽引の「北斗星」の写真を入れました。私は来年3月に引退する「トワイライト・エクスプレス」のほうがいいような気がしましたが、所澤氏の判断で「北斗星」が表紙を飾ることになりました。牽引機関車こそ違いますが、2011年版、2013年版に続いて3回目の登場です。

その代わり、表4(ウラ側)には「トワイライト・エクスプレス」の写真ばかり3点を入れました。せめてもの餞(はなむけ)です。もっとも、個人的に思い入れがある列車なので、スペースがあればもう少し変わったカットも入れたいところですがね。

次はタイトル入りの切符です。この切符を楽しみにしてくださる方もけっこういらっしゃるので、ベースの切符は毎年変えています。今年は、東海道新幹線開業50周年なので、こんな切符にしてみました。

099_convert_20140905101009.jpg

文字が判読できるでしょうか。上のほうに「新幹線遅れ承知特急券(割引)」とあります。そして下のほうには「遅延しても払いもどしはいたしません」と書いてあります。

この「遅れ承知特急券」については、2015年版ダイアリーの12月27日(2014年ではなくて2015年のほう。巻末側)下の欄外記述で次のように説明しています。


山陽新幹線・岡山~博多間開業時、それまで1時間であった新幹線の列車遅延による特急料金の払戻時間が在来線と同じ2時間となる。この時、料金払戻を求めない条件のもと発売された「ひかり号立席特急券(遅延特約)」「こだま号自由席特急券(遅延特約)」が「新幹線遅れ承知特急券(割引)」と名を変える。5割引であった。

パッと見たところではあまり変わり映えしませんが、今年もこの「顔」を書店で探していただければ幸いです。昨年よりは少し多めに作りましたが、お早めのご入手をおすすめします。

『鉄道ダイヤ情報』9月号で紹介していただきました!

ご報告が遅くなりましたが、『鉄道ダイヤ情報』9月号(8月12日発売)で、『乗らずに死ねるか!』を紹介していただきました。いつもありがとうございます。

SKMBT_C75414090312340_0001_convert_20140904163128.jpg

逆に、御礼が遅くなり申し訳ございません。『鉄道手帳』の編集業務に追われ、気になりつつも、手が付けられずにおりました。

ご紹介くださるだけでもありがたいことですが、くだんの紹介文の末尾には嬉しいことが書いてあります。「その一風変わった切り口と、通り一遍では終わらない語り。これこそが、本書を読みごたえのある一作にした要因だろう」。

お誉めにあずかり恐縮です。著者の黒田氏も大変喜んでおります。本書をお読みになったうえでの「通り一遍ではない」ご紹介にかさねて御礼申し上げます。

すでに9月号をお手持ちの方もいらっしゃるでしょうが、9月号では「最新 国内・世界の高速鉄道事情」と題して、新幹線誕生から今日までの高速鉄道の発展が特集されています。半世紀のあゆみが要領よくまとめられていて、とても勉強になりました。

と申しますのも、今回の『鉄道手帳』の新資料のひとつに「鉄道高速化略史」というのがありまして、資料をつくるうえで参考にさせていただいからです。本当にタイムリーでした。

今号にはフリーゲージトレインの特集もあります。フリーゲージトレインといえば、スペインのタルゴが思い浮かびますが、日本でも着々と研究・試験運転が実施されているとのこと。実用化までにはいくつものステップがあるのでしょうが、コストの面でも効率の面でもメリットがあるようです。研究が実を結ぶことを祈りましょう。

鉄道セミナー第2弾、無事終了。

今日は、8月29日(金)、弊社セミナールームにて行われた「乗らずに死ねるか!〈関西拡張版〉」のご報告です。

まず、当日ご参加くださった方々に心より御礼申し上げます。あいにくの天気でしたが、会場内は終始笑いに包まれ、とても楽しい会になりましたね。時にこちらがハラハラするような毒舌も、笑顔で受けとめてくださり、本当にありがたく存じます。

ふだん、なかなか読者の方にお目にかかる機会がありませんので、今回のセミナーのように、皆様の率直な反応を拝見することは、編集者にとって得がたい経験です。次回、またお目にかかることを楽しみにしています。その時もまた、忌憚ないご意見をいただければ幸いです。

さて、当日の様子を写真を交えてご紹介します。

IMG_2350_convert_20140903104652.jpg
事前の案内では、〈関西私鉄・JR拡張版〉でしたが、いつの間にか〈関西拡張版〉になっています。が、中身は変わりません。書籍版『乗らずに死ねるか!』のスタンスはそのままに、より広く、より深く、より鋭く突っ込みます。

IMG_2373_convert_20140903104722.jpg
黒田氏の講演は、何と言っても舌鋒鋭いトークが見物ですが、写真や資料をまとめたスライドも大きな役割を演じています。

IMG_2392_convert_20140903111625.jpg
盛りだくさんのメニュー。写真も大量にありましたので、時間内に収まるのか少し心配でしたが、きっちり終わりました。

IMG_2375_convert_20140903113811.jpg
定速制御を備えた「人工頭脳車(オートカー)」こと阪急電鉄2000系。子供の頃、よく乗りました。

IMG_2376_convert_20140903104833.jpg
ちょっとした資料なんですが、こういう資料があると、頭の中が整理できて聞きやすいものです。

IMG_2379_convert_20140903104907.jpg
今度は9000系のお話。ところで、阪急梅田駅のホームって、いつ見てもピカピカですよね。どうやっているんでしょう。

IMG_2386_convert_20140903115020.jpg
最新の1000系と9000系の走行時の車内音を比べているところ。9000系も相当静かで遜色ないように思いますが、グラフで表すと、たしかに1000系のほうが静かなようです。

IMG_2394_convert_20140903105011.jpg
阪急、JR、阪神の大阪~神戸間の特急・新快速を比較。数字をみると、新快速のかっ飛びぶりがよくわかります。

IMG_2398_convert_20140903115751.jpg
でも、阪神もスゴイんですよね。

IMG_2396_convert_20140903105028.jpg
これを見て、パッとわかる人はどれくらいいるのでしょうか。

IMG_2399_convert_20140903105042.jpg
阪神尼崎名物、車内通り抜け。ん? 歩いているのは……若い方にはわからないかもしれませんね。

IMG_2391_convert_20140903104941.jpg
近鉄の「高速峠越え」。図で表すと、そのすごさがわかります。

ざっとご紹介しましたが、これらはほんの一部です。未見の人は、ぜひ「生」で楽しんでいただければ幸甚です。

IMG_2415_convert_20140903105126.jpg
最後はサイン会。話をしながら、一人ずつ違うことを書くものだから、時間がかかってしまいましたが、予想以上にサインを求める方が多くて驚きました。