『鉄道模型趣味』2月号で紹介していただきました!

今月発売の『鉄道模型趣味』2月号の「TMS INFORMATION」で、『日本の鉄道ナンバーワン&オンリーワン』と『鉄道手帳[2015年版]』を紹介していただきました。毎度ありがとうございます。

SKMBT_C75415011915030_0001_convert_20150119155734.jpg

今号の巻頭には、佐々木勇一氏による「アオガエル東急5000系試作台車編成4両の製作」が掲載されています。車体は紙製で、厚みの異なる3種類の紙が使われています。

どうして3種類なのか。まず一番厚い紙は車体強度を確保するため。あとの2種類はサッシ部分を立体的に見せるため(2段表現)に、厚さの異なる紙を組み合わせたとのこと。

記事では車体にはじまり、雨樋、パンタ台、床下機器、ATS車上子など各部品について簡潔な解説があり、車両自作経験のない私でも見入ってしまいます。とりわけ驚かされたのは、車体の屋根と裾のR部分の処理です。記事には「0.5~1.5㎜の厚紙を階段状に積層してから削りだしています」とあります。

このくだりを読んだ時、「ああ、そうしておいてパテで段差を埋めて、整形するんだな」と思ったのですが、さにあらず。「構成部分がすべて紙になるように削りだしました」とあります。段差をなくすように紙そのものを削っているのです。なるほど、こういう手もあるのですね。

中程にある、山尾比呂士氏製作の「東京下町の路面電車モジュール其の二」も目を惹きつけられました。江戸の風情を感じさせる伝統的な町屋建築のあいだを路面電車が走り抜ける様を形にしたもので、細部まで抜かりなく作り込まれています。建物内にLEDが組み込まれたストラクチャーの出来がまた素晴らしく、ぜひ現物を拝見したいものです。
スポンサーサイト

第3回鉄道セミナー申込について

1月29日(木)開催予定の鉄道セミナーですが、おかげさまで定員に達しました。たくさんのお申し込み、誠にありがとうございます。

本来ならばここで申し込みを締め切らせていただくのですが、何件かお問い合わせをいただきましたので、定員を少しだけ増やすことにしました。

机なしの椅子席になってしまいますが、数席ご用意できますので、「申し込もうと思っていたけど、忘れてた」という方はいますぐお電話ください(ウェブでのお申し込みは締め切ります。電話でのお申し込みのみ承ります)。

なお、ウェブ申し込み締切以降にお申し込みくださった場合は、椅子のみの席(通常は机に面した席です)となります。ご了承願います。


●セミナータイトル
「関西アンダーグラウンドの作法〈京阪神地下鉄・地下線ガイド〉」
●講師
黒田一樹氏(弊社刊『乗らずに死ねるか!――列車を味わいつくための裏マニュアル』著者、経営コンサルタント)
●日時
2015年1月29日(木)19:00~20:30
●会場
創元社本社 4階セミナールーム
●定員
50名(定員になり次第締切)→ウェブ申し込み締切。電話申し込みのみ承ります。
●受講料
2,000円


電話でのお申し込みは、弊社「鉄道セミナー係」まで 06-6231-9011
※電話番号はお間違いのないようにお気をつけください。

『鉄道手帳』替えジャケット、ピクトグラム・バージョン公開!

『鉄道手帳』の替えジャケットの新作が出来ました。今回は「ピクトグラム」バージョンです。画像をクリックすると、PDFが出てきます(出てこない場合は、こちらをクリック)。

web_picto_jacket_convert_20150114191917.jpg

実際に使われているピクトグラムのほか、鉄道関連のアイテムをピクトグラム風に描き上げ、表1と表4に配してみました。これまで同様、制作は弊社製作部のHさんです。私の思いつきを見事に形にしてくれたと思います。

ジャケットの差し替え方については、『鉄道手帳[2015年版]』替えジャケット、再掲します。をご覧ください。印刷のしかた、切り方を説明しています。

なお今回のジャケットは、白い紙に印刷した場合は上掲のとおりですが、クラフト紙など、風合いのある用紙を使うと表情が変わります。

062_convert_20150114193249.jpg

ご参考までに、以前公開した「鉄道標識バージョン」の場合はこうなります。

064_convert_20150114193309.jpg

手前味噌で恐縮ですが、なかなか洒落ているんじゃないかと思います。いかがでしょうか、鉄子のみなさん。

『日本の鉄道ナンバーワン&オンリーワン』 おわびと訂正

昨年12月に刊行しました『日本の鉄道ナンバーワン&オンリーワン』に誤記・誤植があることが判明しました。ここにおわびして訂正いたします。訂正箇所は以下の3点です。誠に申し訳ございません。


(1) pp.70-73 「最長・最短路線長[私鉄編]」

●見出し(p.70)
【誤】《最短》 近畿日本鉄道 八王子線 日永駅~西日野駅間 1.3km
   《最短》 南海電気鉄道 高師浜線 羽衣駅~高師浜駅間 1.5km
【正】《最短》 神戸高速鉄道 南北線  新開地駅~湊川駅間 0.4km
   《最短》 水島臨海鉄道 西埠頭線 三菱自工前駅~西埠頭駅間 0.8km

●本文(p.72上段)
【誤】 p.72上段の2行目から20行目までを削除、以下の文に差し替えます。
【正】 では、最短路線はどこでしょうか。これは、路線の定義によっていくつか候補が出てきます。というのも、線路をもつ会社が列車の運行を行う第1種鉄道事業者ばかりだと判りやすいのですが、実際には、JR旅客会社(第1種鉄道事業者)の線路を、JR貨物(第2種鉄道事業者)が走るケースがあります。さらに、上下分離方式といって、線路をもつ会社(第3種鉄道事業者)と、列車を運行する会社(第2種鉄道事業者)が違うケースが増えています。例えば、神戸電鉄の有馬線は新開地駅~有馬温泉駅と思いがちです。しかし、新開地駅~湊川駅間の0.4kmは神戸高速鉄道の南北線なのです。
 実は、この神戸高速鉄道南北線の400mが日本一短い路線です。でも、電車は直通しますし、駅を見ても違いが分かりません。次項で紹介する名古屋市交通局・上飯田線と似ています。そこで、明らかな独立線区とわかる最短路線を探しました。それは、岡山県の水島臨海鉄道にある西埠頭線0.8kmです。ただし、ここは貨物専用線です。
 
[ご参考] 差し替えスペースの都合上、上記の訂正文には含みませんが、私鉄の最短路線を再調査した結果、以下の結果を得ました。

神戸高速鉄道 南北線 0.4km (第3種事業者、第2種は神戸電鉄)
西日本鉄道 北九州線 0.6km (第3種事業者、第2種は筑豊電気鉄道)
名古屋市交通局 上飯田線 0.8km (地下鉄最短)
南海電気鉄道 和歌山港線 0.8km (和歌山市~県社分界点 *1)
水島臨海鉄道 西埠頭線 0.8km (貨物専用線)
京王電鉄 競馬場線 0.9km
東武鉄道 大師線 1.0km
西武鉄道 豊島線 1.0km

*1 県社分岐点~和歌山港は、和歌山県が第3種事業者で南海が第2種


(2) p.140「電車王国日本ならではの寝台電車と貨物電車」

●上段14行目
【誤】 サンライズ出雲
【正】 サンライズ瀬戸

●上段15行目
【誤】 サンライズ瀬戸
【正】 サンライズ出雲


(3) p.221「〝村〟にある新幹線駅」

●下段18行目
【誤】 岩城西郷
【正】 磐城西郷



いずれも初歩的なミスで申し訳ございません。読者の皆様、関係各位に深くお詫び申し上げます。重版(増刷)の際に訂正いたします。

鉄道セミナー「関西アンダーグラウンドの作法」のご案内

昨年12月にもお伝えしましたが、今月29日(木)夜に弊社主催の鉄道セミナーを開催します。リピーターの方を含め、続々とお申し込みをいただいておりますが(ちなみに、いままでで最も順調なペースです (*^▽^*) )、まだ残席があります。ご友人などお誘い合わせのうえお申し込みくだされば幸いです。


●セミナータイトル
「関西アンダーグラウンドの作法〈京阪神地下鉄・地下線ガイド〉」
●講師
黒田一樹氏(弊社刊『乗らずに死ねるか!――列車を味わいつくための裏マニュアル』著者、経営コンサルタント)
●日時
2015年1月29日(木)19:00~20:30
●会場
創元社本社 4階セミナールーム
●定員
50名(定員になり次第締切)
●受講料
2,000円


お申し込みは、こちらのサイトで受けつけています。 ●創元社鉄道セミナー申込ページ

セミナー内容については、『乗らずに死ねるか!』特設サイトでご案内しています。黒田氏による新年のご挨拶もあります。

norashine_site_top_convert_20150108143132.jpg

セミナー当日は、黒田氏著作をはじめ、弊社刊の鉄道本やグッズを販売予定です。また、『鉄道手帳』の替えジャケットも無料でお配りします(『鉄道手帳』そのものは品薄につき、当日販売は難しいと思います)。

皆様にお目にかかれるのを楽しみにしております。

謹賀新年 その(2)

年頭のご挨拶ながら、昨年1年を振り返る記事の続きです。

9月中旬には『鉄道手帳[2015年版]』が出来上がりました。例年より早くに出したのですが、タモリ倶楽部の影響が残っていたのでしょう、出だしから順調で、11月にはまさかの重版をすることになりました。手帳はいわば季節商品で、重版などしないものだと思っていましたので、嬉しい誤算です。

9784422240626_convert_20150108141511.jpg
所澤秀樹責任編集/創元社編集部編『鉄道手帳[2015年]』 B6判クリアカバー装・248頁 本体1,200円(税別)

一方、『鉄道手帳』の見本が出来上がるちょっと前から当ブログの更新を再開しました。1年中更新するのは大変なので、ご存じのように手帳販売シーズンに限って更新しています。したがって、まもなく運転休止期間に入ります。

話を戻して12月。当ブログをご覧の方はご存じでしょうが、タモリ倶楽部の「専門手帳フェア2015」に呼んでいただきました。2014年版からの改良点を紹介するという趣旨でしたが、放送終了後、予想以上の反響があり、某ネット書店の在庫が瞬く間になくなってしまいました。

リアル書店のほうもぐっと売れ行きが増し、売り切れ店が続出。昨年より少し多めに製作し、さらには重版までしたのに、まだ追いつかないとは……嬉しいやら、申し訳ないやらとは、このことです。

順番が前後しますが、テレビでの紹介はこの前にもあり、10月には、よみうりテレビの朝の情報番組「す・またん」、12月のタモリ倶楽部放送直前には、毎日放送の深夜番組「おとな会」でも紹介していただきました(いずれも関西ローカル)。昨年はテレビにご縁のある年でした。

なお、タモリ倶楽部で紹介していただいたことを記念して、『鉄道手帳』特製替えジャケットを公開しました。気に入った柄があれば、ダウンロード印刷して、『鉄道手帳』のクリアカバーに差し込んで使ってください(全4種類)。

038_convert_20141212191647.jpg


※『鉄道手帳[2015年版]』は、現在、品薄のため入手しづらくなっています。はじめて当ブログを訪れてくださった方は『鉄道手帳[2015年版]』の在庫状況についてをご覧願います。書店在庫の検索方法を説明しています。


同じ12月には、伊藤博康氏による『日本の鉄道ナンバーワン&オンリーワン――日本一の鉄道をたずねる旅』を刊行しました。鉄道好きなら一度は行きたい、知っておきたい、鉄道のあらゆる日本一と日本唯一を解説した本で、お馴染みのネタからマニアックな知識まで、惜しげもなく披露されています。写真もたっぷりで、四六判・256頁のハンディサイズながら、約200枚もの写真を掲載しています。

9784422240695_convert_20150108141529.jpg
伊藤博康著『日本の鉄道ナンバーワン&オンリーワン――日本一の鉄道をたずねる旅』四六判・256頁 本体1,200円(税別)

「鉄道の日本一なんて、ありがちだし、ネットで調べたらすぐわかるよ」という方、ちょっとお待ちください。たしかにWikipediaや鉄道好きの人がまとめたwebサイトを見れば、ある程度の情報は得られるでしょう。でも、それは正確な情報でしょうか。いつの時点の情報でしょうか。さらに言うなら、たまたまその人が知っている(つもりでいる)ことが書かれているだけかもしれません。

日本の鉄道の状況は日々変わっています。新たにできる路線、駅の新規開業や改称、新型車両の登場もあれば、新規にできたり、なくなったりする施設があります。そもそも、日本一だとか日本唯一というテーマに限ったとしても、日本全国の状況を把握するのはそう簡単なことではありません。

その点、伊藤氏は信頼がおける人です。日本最大の有料鉄道趣味サイト「鉄道フォーラム」代表として、パソコン通信勃興期から同フォーラムを運営してきた伊藤氏は、日々膨大な情報に接しており、この種の本を書くのに打ってつけの人物だと思います。

日本一や日本唯一の情報は、じつは『鉄道手帳』のダイアリーページにも記載していますが、それは断片的なもので、本書の情報量の足下にも及びません。掲載項目の多さはもちろんですが、本書では各項目について、たんに記録を紹介するだけでなく、関連事項や背景を説明していますし、アクセスの方法や見所も紹介しています。『鉄道手帳』の編集にも役立つことでしょう。

009_convert_20141216141628.jpg

ビギナーの方は言うまでもなく、ベテランの方も「おっ、そう言われればそうだ」「これは知らなかった。いまはこうなっているんだ」という発見があるはずです。ぜひお手にとってご覧ください。

007_convert_20141216141601.jpg

謹賀新年 その(1)

遅ればせながら、新年のご挨拶を申し上げます。

あけまして おめでとうございます
旧年中は格別のお引き立てを賜り 誠にありがとうございました
皆様のご支持は『鉄道手帳』を編集するうえで大いに励みとなりました
ここにあらためまして御礼申し上げます
本年も相変わらぬご愛顧を賜りますよう 伏してお願い申し上げます

そして本年が皆様にとって実り多き年でありますように祈念申し上げます

新年最初の更新ではありますが、昨年末にご挨拶をし損ねましたので、まずは昨年一年の動きを振り返っておきたいと思います(鉄道関係のみ)。

いまからちょうど1年前の1月、湯沢威氏による『鉄道の誕生――イギリスから世界へ』を刊行しました。

9784422203386_convert_20150108141419.jpg
湯沢威著『鉄道の誕生――イギリスから世界へ』 四六判・302頁 本体2,200円(税別)

本書は「創元世界史ライブラリー」という叢書の1冊で、世界史の啓蒙書に位置づけられます。したがって学術研究のほうに重きがあり、鉄道趣味を意識した構成にはなっていませんが、鉄道誕生までのドラマと、鉄道と近代化をめぐる考察は読み応え十分で、鉄道好きの方にも楽しんでいただけることと思います。関連写真や図版も多数掲載していますので、鉄道草創期の歴史に関心のある方はぜひお読みください。

1月末にはタモリ倶楽部の「専門手帳フェア2014」に呼んでいただきました。放送後、瞬く間に在庫がなくなりご迷惑をおかけしましたが(おかげさまで発売6年目にして初の完売となりました)、番組出演を機に多くの方々に『鉄道手帳』の存在を知っていただくことができました。

6月には黒田一樹氏による『乗らずに死ねるか!――列車を味わいつくすための裏マニュアル』を刊行しました。フラッグシップのような派手さはないけれど、鉄道ファンならぜひとも乗っておきたい27の名列車の愉しみ方を紹介した本で、経営コンサルタントとして活躍する黒田氏ならではの視点と時に軽妙で、時に重厚な筆致が冴えわたる一冊です。鉄道の本に、自動車評論の作法を持ち込んだかのようなスタイルで、当の列車を知っている人も、知らない人も楽しめるようになっています。

9784422240688_convert_20150108141457.jpg
黒田一樹著『乗らずに死ねるか――列車を味わいつくすための裏マニュアル』 A5判・200頁(一部カラー)本体1,500円(税別)

本書には特設サイトもあります。→『乗らずに死ねるか!』特設サイト
norashine_site_top_convert_20150108143132.jpg

7月には『鉄道手帳』の巻頭路線図を再編集した『別冊鉄道手帳 全国鉄軌道路線図〈長尺版〉』を製作しました。東京国際ブックフェアの弊社ブースで特別販売するために小ロット印刷したもので、いわゆる蛇腹折りで、片面だけで全長1.8メートルもある路線図です。ブースでは鉄道ファンでない方も面白がって買ってくださり、予想以上に売れました(まあ、私が店長でしたので、多少売り込みましたが)。ブックフェア後、嬉しいことに東京神田の書泉グランデさんからお声がかかり、同店と秋葉原の書泉ブックタワーさんで販売していただくことになりました。

176_convert_20140710153007.jpg 174_convert_20140710152944.jpg

8月には弊社主催の鉄道セミナーを開催しました。講師は黒田氏で『乗らずに死ねるか!』の出版記念も兼ねていました。この時のテーマは、前年11月に開催された第1回のセミナーを受けて、「乗らずに死ねるか〈関西私鉄・JR拡張版〉」でした。経営コンサルタントを本業とする黒田氏のプレゼンテーションは抜群に面白く、会場では笑いが絶えませんでした。

IMG_2373_convert_20140903104722.jpg IMG_2379_convert_20140903104907.jpg

長くなりましたので、ここでいったん切ります。