FC2ブログ

『東京の地下鉄相互直通ガイド』のご案内

発売からだいぶ日が空いてしまいましたが、弊社新刊『東京の地下鉄相互直通ガイド』(9月28日発売)をご紹介。

9784422240800_convert_20181023162103.jpg
所澤秀樹・来住憲司著『東京の地下鉄相互直通ガイド』(A5判・184頁、税込2,160円)

東京の相互直通運転(相互乗り入れ)は複雑怪奇です。首都圏にお住まいの方にはどうということはないのでしょうが、年に数回程度しか東京に出張しない私(大阪勤務)は、地下鉄に乗るたびに異様な光景に驚かされます。

弊社の東京支店がある都営新宿線の神保町の場合、都交車(10-300形)と京王車(1000系、5000系)が往来するだけですから、御堂筋線で大阪メトロ車(10系・10A系、20系、30000系)と北急車(8000形、9000形)による相互乗り入れのことを思えば、そう大して驚かなくて済みます。

けれども、副都心線を使うときは、たじろぎます。メトロ車(7000系、10000系)のほか、東武車(9000系、50000系)、西武車(6000系、40000系)、東急車(5000系)、横浜高速車(Y500系)が行き来するのですから、そりゃあ驚きます。

226_convert_20181023163842.jpg
写真は浅草線の直通運転路線図の一部

車両を細かく分類するなら、5社14種もの車両が運用されているわけで、メトロ車以外が入線してくると、どの列車がどこまで行くのかわからず、一瞬不安を覚えることがあります(まあ、私の行動範囲だと、だいたいどれに乗っても問題ないのですが)。副都心線おそるべし。

東京の地下鉄における相互直通は、おそらく世界一複雑かつ精緻です。というのも、海外ではこれほど多くの事業者が一地域に集中すること自体がないからですが、それにしても毎日当たり前のように異なる事業者間で相互直通をやってのけるのは、先進的な鉄道システムをもつ他の先進国にとっても驚くべきことでしょう。しかも1本や2本の路線じゃありません。10本もの路線で整然と行われているのです。

ことさらに日本の鉄道を持ち上げるつもりはありませんが、これは世界的に見ても特筆すべき事象であり、そこに日本の鉄道システムの妙があると言ってもいいかもしれません。ただ、あまりに複雑なのでその全貌が見えにくくなっているのもたしかです。

というわけで、本書では、車両の運用や運行番号のしくみから、知られざる事業者間の取り決め、込み入った直通運転の歴史まで、図版・写真入りで詳しく解説しました。図版はすべて所澤氏渾身のオリジナルで、路線ごとに①相互直通運転路線図、②直通列車の運用区間と車両の運用範囲、③乗務員担当範囲を掲載して、相互直通の全貌を明らかにしています。

227_convert_20181023163930.jpg
浅草線の直通列車の運行区間と車両の運用範囲を整理した図。都交車のほか、京成車、京急車、北総車が運用されています

228_convert_20181023164048.jpg
直通列車の乗務員担当範囲。これも所澤氏によるオリジナル図版

もちろん、相互直通に運用されている車両の紹介もあります。あまりに種類が多いので各車両の説明は簡潔にしていますが、車両写真とともに、諸元や簡単な略歴、見分け方のポイントなどを記載しました(現在運用されているすべての車両を収録しています、たぶん)。

229_convert_20181023164148.jpg
有楽町線・副都心線で運用されている車両の一部。各路線で運用されているすべての車両を紹介しています

また、相互直通ならではの写真――異なる事業者の車両が並んだ瞬間を捉えた写真――もできるだけ掲載しました。運用がわかっていても、どちらかの運行がちょっとでも遅れると揃いませんし、急遽運休になることもあるので、並んだ瞬間をとるのは簡単なことではありません。本書で「組み合わせの妙」を味わっていただければ幸いです。

スポンサーサイト



『近代日本の旅行案内書図録』が紹介されました!

今年5月に刊行した、荒山正彦著『近代日本の旅行案内書図録』が10/1付の日本経済新聞の文化欄で紹介されました。

IMG_9340_convert_20181001125147.jpg

著者・荒山正彦先生の研究対象である、近代の旅行案内書の特徴がうまくまとめられた記事です。本そのものの紹介は記事の最後のほうに少し出てくるだけですが、中身は本書の内容紹介そのものです。

別記事でもご紹介したように、本書には鉄道院や鉄道管理局などが鉄道旅行の需要を喚起するために刊行した旅行案内書が多数収録されています。

まずは多種多様の案内書が出版されたことを知らしめたいということで、表紙画像を中心に掲載していますが、明治から昭和戦前期の路線図や図入りの沿線案内ページもけっこう載せています。

いずれも当時の雰囲気が伝わってくる興味深いものですが、とりわけ台湾、朝鮮半島、満洲といった外地の路線図は貴重です。

当時の日本人が旅行に何を期待していたのか、旅行によって国土にどのようなイメージを抱き、何に価値を見出したのか――同時代の海外の旅行書にはない趣向や工夫が凝らされた旅行案内書を眺めるうちに、いろいろなことが考えられはずです。

【参考】
5月25日発売!『近代日本の旅行案内書図録』