スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『鉄道ダイヤ情報』9月号で紹介していただきました!

ご報告が遅くなりましたが、『鉄道ダイヤ情報』9月号(8月12日発売)で、『乗らずに死ねるか!』を紹介していただきました。いつもありがとうございます。

SKMBT_C75414090312340_0001_convert_20140904163128.jpg

逆に、御礼が遅くなり申し訳ございません。『鉄道手帳』の編集業務に追われ、気になりつつも、手が付けられずにおりました。

ご紹介くださるだけでもありがたいことですが、くだんの紹介文の末尾には嬉しいことが書いてあります。「その一風変わった切り口と、通り一遍では終わらない語り。これこそが、本書を読みごたえのある一作にした要因だろう」。

お誉めにあずかり恐縮です。著者の黒田氏も大変喜んでおります。本書をお読みになったうえでの「通り一遍ではない」ご紹介にかさねて御礼申し上げます。

すでに9月号をお手持ちの方もいらっしゃるでしょうが、9月号では「最新 国内・世界の高速鉄道事情」と題して、新幹線誕生から今日までの高速鉄道の発展が特集されています。半世紀のあゆみが要領よくまとめられていて、とても勉強になりました。

と申しますのも、今回の『鉄道手帳』の新資料のひとつに「鉄道高速化略史」というのがありまして、資料をつくるうえで参考にさせていただいからです。本当にタイムリーでした。

今号にはフリーゲージトレインの特集もあります。フリーゲージトレインといえば、スペインのタルゴが思い浮かびますが、日本でも着々と研究・試験運転が実施されているとのこと。実用化までにはいくつものステップがあるのでしょうが、コストの面でも効率の面でもメリットがあるようです。研究が実を結ぶことを祈りましょう。
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。