スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「替えジャケット」第1弾!

鉄道ファンのみなさま、お待たせしました。『鉄道手帳[2015年版]』の販売がはじまりました。昨日あたりから全国書店およびネット書店で販売しています。今年もよろしくお願い申し上げます。

023_convert_20140919143309.jpg

昨年は、ゆうどきネットワーク(NHK)、めざましテレビ(フジテレビ)、タモリ倶楽部(テレビ朝日)で本手帳を紹介していただき、おかげさまであっという間に在庫がなくなってしまいました。

担当編集としては大変喜ばしいことですが、一方で読者のみなさま、書店のみなさまには大変ご迷惑をおかけしました。昨年、入手し損ねたみなさま、申し訳ありませんでした。

今年は昨年の反省をふまえ、製作部数を増やしました。と申しましても、昨年のような「神風」が今年も吹くとは限りませんので、残念ながら「大増」とまでは行きません。

来年の手帳を買うには早すぎるかもしれませんが、今ならリアル書店、ネット書店ともに在庫が潤沢で、確実に購入できます。お早めのご購入をおすすめします。

さて、今日の話題に移ります。

標題にありますように、今年は鉄道手帳用の「替えジャケット」を用意しました(PDFファイルです。ダウンロードできます)。昨年使ってくださった方はご存知かと思いますが、鉄道手帳では、クリアカバーの内側にリバーシブルの紙のジャケットを差し込んでいます。

024_convert_20140919143331.jpg
普通の書籍に即して言うなら、白い部分が「表紙」、クリアカバーが「カバー」。鉄道写真入りの紙は表紙ともカバーとも言いがたいので、「ジャケット」と呼んでいます(カバーを「ジャケット」と言うこともあります)。

025_convert_20140919175218.jpg
ジャケットは裏側も印刷してあります。仕事で使われる方、または鉄道ファンであることをアピールしたくない方は、こちらの面をオモテにして使われているようです。

で、こちらが今年はじめて提案する「替えジャケット」第1弾。

014_convert_20140919143432.jpg
様々な色をストライプにして配してみました。なかなかお洒落でしょ? 何の色だと思います?

016_convert_20140919143510.jpg
開くとこんな感じ。暖色から寒色までバリエーションが豊かです。路線カラーだと思ったあなた、
残念ながら違います。

017_convert_20140919143527.jpg
はい、接写。「ぶどう色3号」「朱色1号」などの文字が見えるでしょうか?

そう、いわゆる「国鉄色」です。国鉄時代に車両に塗装する色として規定されたものを並べてみました。こんなにたくさんの色があったんですね。

以下、ダウンロードから「替えジャケット」装着までの手順をご説明します。

(1) まず、PDFファイルをダウンロードします。ダウンロードは『鉄道手帳』替えジャケット「国鉄色」をクリック。

(2) ダウンロードしたファイルを開きます。

kokutetsu_color_jacket+-+コピー_convert_20140919183042

(3) 次に印刷ですが、ここから先は注意が必要です。まず、用紙設定がA4サイズ(横向き)であることをご確認ください。もうひとつ、「実際のサイズ」に設定してください。プリンターの種類や設定によっては、画像がA4サイズに収まるように自動的にサイズ調整することがあります(これがデフォルトになっている場合もあります)。今回のジャケットは、余白部分を含めるとA4サイズより少し大きめなので、「実際のサイズ」とか「原寸大」に設定してください。

(4) もちろん、カラー印刷設定にしてくださいね。プリンターによって設定が異なりますが、DTPモードなどハイクオリティなモードで印刷することをおすすめします(プリンターによって色の出方が異なるので、そこはお好みで)。

(5) 用紙はふつうのOA紙でかまいませんが、光沢紙を使うとよりきれいに仕上がると思います。

(6) 印刷が終わったら、ジャケットのサイズに合わせて余白を裁ち落とします。ジャケットの四隅と中央にヒゲがありますね。これは「トンボ」と言います。トンボは2本の線からなっていますが、このうち内側の線に合わせてカットします。上下左右ともにジャケットの中央に近いほうの線に定規を合わせてください。

(7) このとき、白い部分を一気に切らず、ジャケットと余白部分が端のほうでつながるように切りましょう。やってみるとわかりますが、たとえばタテ方向に一気に切り離してしまうと、ヨコ方向に切るときの目安になるトンボが消えてしまい、基準がわからなくなります。わかりにくいかもしれませんが、要するにジャケット部分を「切り抜く」のです。

(8) あとは差し込むだけですが、インクが十分に乾いてから入れてください。

【注】
印刷したジャケットを見ると、実際の色と違うと感じるかもしれません。しかし、申し訳ありませんが、こればかりはどうしようもありません。

同じ色でも、金属に塗るのと、紙に印刷するのとでは見た目の感じが違ってきます。そもそもパソコン画面の色と印刷の色は一致しません。また、お使いのプリンターの性能や環境設定、用紙の種類などによってずいぶん変わって見えるものなのです。この点、ご了承願います。

念のため、予備のダウンロードボタン → 『鉄道手帳』替えジャケット「国鉄色」


この「替えジャケット」は弊社製作部(という部署があるのです)のHさんに作成してもらいました。私は彼女に口頭でイメージを伝えただけなのですが、見事に形にしてくれました。Hさん、ありがとう。

第2弾も準備しています。来週あたりに当ブログでご紹介する予定です。乞うご期待。
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。