2015年版の見所(4) 現役寝台特急パーフェクトガイド

ご存じのとおり、『鉄道手帳』の資料編は毎年少しずつ入れ換えています(と言っても、2015年版では、2014年版から29頁を入れ換えていますが)。

「鉄道の種類」「日本の鉄道事業者・軌道経営者一覧」「JR車両の形式記号・番号の読み方」などの資料は定番資料としていつも収録していますが、毎年3~4つは新資料を入れ、代わりに既存資料の一部を割愛します。頁数にかぎりがあるので仕方のないことですが、人気のある資料を割愛せざるを得ない場合もあり、毎年悩みます。

今回ご紹介する「現役寝台特急パーフェクトガイド」はまさにそのひとつです。この資料が掲載されたのは、2009年版、2012年版、2013年版だけですが、じつはけっこう人気があり、編集部としては定番資料にしたいくらいです。しかし新陳代謝のためにはどこかを犠牲にしなければなりません。

032_convert_20141212161716.jpg
全11頁。運転概要などの諸元がコンパクトにまとめてあります。

「パーフェクトガイド」に人気があるなら、それ以外の資料を削ればいいのですが、そういう時にかぎって、責任編集者である所澤氏がなかなか頷いてくれません。こだわりがある資料が多いのです。また、「パーフェクトガイド」は頁数が多いので、これを削ることで場合によっては新資料を2つ入れるスペースができるという事情もあります。

さらにいえば、定期列車の廃止はあるにしても、毎年内容が大きく変わるわけではないので、そのまま掲載するのが躊躇われるという理由もあります(変えようのない基本知識はべつにして、何かしら手を入れないと、使ってくださる方に申し訳ない気がするのです)。

こういうわけで、「パーフェクトガイド」は削除対象になりがちです。2015年版については、私がどうしても入れたいと所澤氏に訴えたところ、あっさり認められました。「トワイライトエクスプレス」の廃止が決まり、「北斗星」の廃止も時間の問題と言われていたなか(実際、廃止が決まりましたね)、所澤氏も思うところがあったのかもしれません。もともと寝台列車の旅行が好きな人ですから(というか、大が付くほどのカマ好き)。

034_convert_20141212161752.jpg
トワイライトエクスプレスの車両編成。

「パーフェクトガイド」の復活掲載にあたっては、いろいろ手を入れました。まず、2013年版に〈番外編〉として掲載していた臨時特急「日本海」、臨時急行「きたぐに」を外し、2014年3月15日ダイヤ改正で廃止になった「あけぼの」を臨時特急として末尾に移動。運転時分や消費税増に伴う料金変更はもちろん、リード文や2015年春廃止予定の「トワイライトエクスプレス」をはじめ、各列車についての記述を見直し、現時点の情報をできるだけ盛り込むようにしました。

細かいところでいえば、「サンライズ出雲・瀬戸」の車両編成図において、パンタグラフの数を増やしました(2013年の更新で1本から2本になりました)。ほかにも、車内設備や担当車掌などを必要に応じて直しています。

033_convert_20141212161736.jpg
「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」のページ。

去りゆく列車を惜しみつつ、その軌跡をあらためて思い起こしていただければ幸いです。
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する