スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『鉄道手帳[2015年版]』替えジャケット、再掲します。

先日、『鉄道手帳[2015年版]』がタモリ倶楽部で紹介されたことを記念して、『鉄道手帳』用の替えジャケットの新作をご案内しましたが、ダウンロードリンクに不備があり、4種のうち3種がダウンロードができない状況でした。誠に申し訳ございません。

先日記事のリンクを修正するとともに、ここにあらためてダウンロードページを設けます。ご迷惑をおかけしましたが、よろしくお願いいたします。

ダウンロードと印刷の方法は、当記事の後半で説明しています。必要なものは、プリンター、用紙、カッターナイフ、定規のみです。

kokutetsu_color_jacket+-+コピー_convert_20140919183042
●「国鉄色」バージョン

替えジャケットの第1弾です。国鉄色とは国鉄時代に車両に塗装する色として規定されたもので、ご存じのように、かつて「国鉄車両関係色見本帳」というものがありました。

色の見本帳というと、ふつうは紙にインクで印刷したものですが(たとえば出版業界その他ではDICカラーガイドという色見本帳が使われています)、この見本帳には車両に使う塗料が使われていました。これなら、工場が違っても再現性を維持できますよね。

今回のジャケットはそれをズラっと並べただけですが(正直に言うと、ドイツのレクラム文庫を参考にしました)、なかなかキレイに仕上がりました。各色の名称を入れる黒い帯が、ともするとバラバラになりがちな全体を引き締める効果を生み出していると思います。

むろん紙への印刷ですから、車体色とは印象が違うでしょうが(そもそもプリンターの違いもありますし)、往年の列車を思い出すよすがになればと思い、弊社製作部のH氏に制作してもらいました。

hyoshiki_jacket_convert_20141212213545.jpg
●「鉄道標識」バージョン

替えジャケット第2弾です。これも制作部のH氏に作ってもらいました。H氏はとても器用な人で、これも鉄道標識を使うというアイデアは私が出したかもしれませんが、どの標識を使うのか、それをどう配置するかなどは彼女が決めてくれました。遠目だと、こんな柄のブランドがありそうに見えてきます。

使われている標識は右上から左に向かって、速度制限標識、汽笛吹鳴標識、出発標識、速度制限解除標識、架線終端標識、列車停止標識、おなじみ車止め標識、速度制限票式(前方転てつ器の右方への進路開通時の速度制限)、場内標識、停止限界標識です。

nandoku_blue20_jacket_convert_20141212210520.jpg
●「難読駅名」バージョン・青

これも「すし屋の湯呑みの難読駅名バージョンを」という私の思いつきをH氏が形にしてくれました。難読駅名は私が選んだもので、偏りが出ないように、各都道府県から2つずつにしました。また、JRグループに偏らないように、なるべく私鉄の駅や停留場を入れるようにしました。

nandoku_maroon_jacket_convert_20141212210535.jpg
●「難読駅名」バージョン・マルーン

これは単なる色違いで、内容は「青版」と同じです。ちなみに両方とも書体は、ロールズさんの「国鉄方向幕書体」を使わせていただきました。

全部で97個の難読駅名がありますが、みなさんは全部読めるでしょうか? ちなみに同僚の編集者に見せたところ、半分ほど読めた人もいましたが、ほとんどの人がお手上げでした(関西の駅名でもわからないのはどうかと思いますが)。

各駅の読み方はいずれ当ブログで取り上げる予定ですが、まずはノーヒントでどれだけ読めるか、挑戦してみてください。


《「替えジャケット」の利用のしかた》

(1) 画像下のタイトルをクリックしてください。新しいタブにファイルが表示されます。

(2) A4用紙でカラー印刷してください。原寸大または実際のサイズでお願いします(今回のジャケットは、余白部分を含めるとA4よりも少し大きいので、プリンターが勝手に縮小するかもしれません)。ちなみに用紙を光沢紙にすると、よりキレイになります。

(3) 印刷したら、よく乾かしてください。レーザープリンターなら速乾ですが、インクジェットの場合はインクが乾くまで待ったほうが吉。

(4) ジャケットのサイズに合わせて余白を裁ち落とします。ジャケットの四隅と中央にヒゲがありますね。これは「トンボ」と言います。トンボは2本の線からなっていますが、このうち内側の線に合わせてカットします。上下左右ともにジャケットの中央に近いほうの線に定規を合わせてカットするのですが、次の(5)を読んでからカットしてください。

(5) カットする時は、ジャケットと余白部分が端のほうでつながるようにしましょう。やってみるとわかりますが、たとえばタテ方向に一気に切り離してしまうと、ヨコ方向に切るときの目安になるトンボが消えてしまい、基準がわからなくなります。わかりにくいかもしれませんが、要するにジャケット部分を「切り抜く」のです

(6) クリアカバーに差し込んで完成。



《ダウンロード予備》 ※上記と同じ内容です。
●「難読駅名」バージョン・青
●「難読駅名」バージョン・マルーン
●「国鉄色」バージョン
●「鉄道標識」バージョン
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。