『鉄道模型趣味』2月号で紹介していただきました!

今月発売の『鉄道模型趣味』2月号の「TMS INFORMATION」で、『日本の鉄道ナンバーワン&オンリーワン』と『鉄道手帳[2015年版]』を紹介していただきました。毎度ありがとうございます。

SKMBT_C75415011915030_0001_convert_20150119155734.jpg

今号の巻頭には、佐々木勇一氏による「アオガエル東急5000系試作台車編成4両の製作」が掲載されています。車体は紙製で、厚みの異なる3種類の紙が使われています。

どうして3種類なのか。まず一番厚い紙は車体強度を確保するため。あとの2種類はサッシ部分を立体的に見せるため(2段表現)に、厚さの異なる紙を組み合わせたとのこと。

記事では車体にはじまり、雨樋、パンタ台、床下機器、ATS車上子など各部品について簡潔な解説があり、車両自作経験のない私でも見入ってしまいます。とりわけ驚かされたのは、車体の屋根と裾のR部分の処理です。記事には「0.5~1.5㎜の厚紙を階段状に積層してから削りだしています」とあります。

このくだりを読んだ時、「ああ、そうしておいてパテで段差を埋めて、整形するんだな」と思ったのですが、さにあらず。「構成部分がすべて紙になるように削りだしました」とあります。段差をなくすように紙そのものを削っているのです。なるほど、こういう手もあるのですね。

中程にある、山尾比呂士氏製作の「東京下町の路面電車モジュール其の二」も目を惹きつけられました。江戸の風情を感じさせる伝統的な町屋建築のあいだを路面電車が走り抜ける様を形にしたもので、細部まで抜かりなく作り込まれています。建物内にLEDが組み込まれたストラクチャーの出来がまた素晴らしく、ぜひ現物を拝見したいものです。
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#3 TKK5000
アオガエルの作者の佐々木です。早速TMSの記事をご覧いただきありがとうございます。今回初表紙と言うことで、大変嬉しい半面恥ずかしくもあります。
ご注目いただいたR部分の処理ですが、階段状の所にパテ仕上げですと、パテの経年変化で筋が出てくることを恐れての処置です。紙ヤスリで削るのですが、紙をペーパーで(笑)削るのも意外と大変でした。
#4 Re: TKK5000
パテ仕上げにしない理由はそういうことだったのですね。ペーパーモデルでは一般的な手法なのでしょうか。ともあれ、勉強になりました。それにしても表紙の写真、よく撮れていますね。材料が紙とは思えない質感、細部に至るまで精巧なつくりに、思わず見入りました。コメントありがとうございました。
#5 コメントをありがとうございました
東京下町の路面電車モジュール其の二 の作者です。コメントをいただきまして誠にありがとうございました。またTMS誌に載せていただけるよう、励みとさせていただきたいと思います。
#6 承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する