路線図も修正しました!

『鉄道手帳[2016年版]』では、新規資料の追加のほか、さまざまな点に手を入れています。路線図もそのひとつで、2015年版から大幅な変更があります。

もっとも大きな変更は北陸新幹線を書き込んだことです。2015年3月の開業ですから、2015年版手帳に反映しても良かったのですが(実際、そういうお便りを何通かいただきました)、昨年も当ブログで書きましたように、路線図は原則として手帳編集時点の状況を反映するきまりになっているため、あえて書き込みませんでした。

「だけど、北陸新幹線の開業なんだから柔軟に対応してもいいんじゃない」という方もいらっしゃるでしょうが、そうすると、並行在来線となる新3社(えちごトキめき鉄道、あいの風とやま鉄道、IRいしかわ鉄道)の路線の表記も変更しなければならず、大変ややこしいことになるのです。

「じゃあ、開業予定路線として、せめてルートを示したらいいんじゃないの」という声があるかもしれませんが、そうすると、ただでさえ、路線が混み合う北陸エリアが見づらくなります。そもそも、原則重視の所澤氏も納得しませんし。

というわけで、2016年版でようやく北陸新幹線が登場することになったのです。

hokuriku.jpg
ブログ用に解像度を落としています。実際はもう少し鮮明に見えます。

北陸新幹線と新3社以外にも、近鉄内部・八王子線から四日市あすなろう鉄道への変更、北近畿タンゴ鉄道からWILLER TRAINSへの変更もありましたし、新駅開業や駅名改称もたくさんありました。『鉄道手帳』では、北海道の路線が掲載されているページに手帳編集時点までの1年間の路線や駅などの動向をまとめているのですが、今年は例年になく変更箇所が多く、いつものスペースをはみ出すまでになりました。

henkou.jpg
路線図14頁にある動向まとめ。2015年版と比べると、明らかに項目が増えています。

henkou2.jpg
それでも収まらなかったので、斜め下にも入れました。路線図のほうも、それだけ変更箇所が多くなっています。

路線図は毎年何かしら手を入れていますが、2016年版はとくに変化が大きくなっていますので、そのあたりもご注目くだされば幸いです(間違いがありましたら、こっそり教えてください)。
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する