スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『GetNavi』11月号で紹介していただきました!

ご報告が遅くなりましたが、9月24日発売の『GetNavi』11月号で、『鉄道手帳[2016年版]』を紹介していただきました。編集部の皆様、ありがとうございます。

●『GetNabi』11月号内容

今号の特集「書き込みスペースや携帯性などを徹底検証! デキる! 手帳選び」のなかで、趣味手帳のひとつとして取り上げていただきました。どっぷりハマる理由として、「週間ページに24時間ぶんの目盛りがついているので、予定の書き込みがラク。時間管理について考えられたフォーマットが、時間にシビアな鉄道らしい」と書かれています。

WS000003.jpg

実際のところ、このフォーマットを作るときは深く考えてはいなくて、ほぼ思いつきだったのですが、いまのところ大きな問題がないようなので、2009年版発行以来、同一フォーマットを踏襲しています。最近流行りのバーチカル式など違うフォーマットもやってみたい気はしますが、製作コストや販売都合のことを考えると、二の足を踏んでしまいます。

そもそも、8年続いたものを変えるのには、よほどの理由が必要です。かえってご迷惑をおかけすることになるかもしれませんから(と言いつつ、2017年版あたりでエイヤッとフォーマットを変更するかもしれませんが)。

以下、宣伝。

(1) 歴史の見方(弊社サイト内連載)

top_04.jpg

鉄道とは1ミリたりとも関係ありませんが、弊社サイト内に「歴史の見方」という連載があります。近代ヨーロッパ経済史を専門とする玉木俊明先生が、西洋史の名著の見所、勘所を解説しています。

非常に刺激的かつポレミックな内容も含まれており、これから西洋史研究をはじめようという人、専門ではないけれども、歴史一般や学問のあり方に関心のある方には何かしら得るところのある連載だと思います。

なお、玉木先生は弊社から『近代ヨーロッパの形成』という本を出されています。弊社サイトで立ち読みができますので、ご興味のある方はぜひ。

(2) 記念日・歳時記カレンダー2016

文書名-_記念日・歳時記カレンダー2016_入稿0705_カンプ-2

昨年に引き続き、「記念日・歳時記カレンダー」というものを製作しました。『すぐに役立つ366日記念日事典[改訂増補版]』という本をベースに、記念日や歳時記に関する情報を織り込んだカレンダーです。

通常のカレンダーに必ずある日付、曜日のほかに、六曜、旧暦、二十四節気、七十二候、月齢、歳時記、そして366日各日に記念日情報を盛り込んでいます。毎日何かしらの情報があるという点では『鉄道手帳』と同じですね。

なお、鉄道関係の記念日としては、10月14日の「鉄道の日」と、12月30日の「地下鉄記念日」を掲載しています。いつか鉄道のカレンダーも作りたいものですが、けっこう費用がかかりますのでね……。
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。