「京都鉄道博物館グッズ」プレゼントのご案内

今回は、『京都鉄道博物館ガイド』をご購入くださった方(とこれからご購入くださる予定の方)へのお知らせです。

京都鉄道博物館ガイド_convert_20160420202518

標題にありますように、本書をご購入くださった方に、抽選で京都鉄道博物館グッズをプレゼントいたします。「えっ、何それ?」という方は、本書カバーの袖部分と挟み込みの応募はがきをご確認ください。

085_convert_20160427190234.jpg


そこにも書いてありますように、京都鉄道博物館(正確にはJR西日本広報部京都鉄道博物館開業準備室のF課長)のご厚意により、京都鉄道博物館の開業と本書刊行を記念して、読者のみなさまに同館の公式ノベルティグッズをプレゼントすることになりました!

賞品数は限られていますが、非売品につき、ほかでは入手困難なものばかりです。ふるってご応募ください!

なお、本書に応募はがきが挟まれていない場合は(輸送その他の理由で落ちているかもしれません)、官製はがき等に応募券を貼り付けて(切手代はご負担願います)、必要事項をお書き添えのうえご投函ください。応募はがきでも、官製はがきでも、当選率は変わりませんので、ご安心を。

◆プレゼント内容
A賞 オリジナル貨車セット
    (Nゲージ。博物館ロゴ、公式キャラクター入り貨車2両)=1名
B賞 開業記念ボックス入りチョロQセット1
    (500系521形1号車、クハネ581形35号車、クハ489形1号車)=1名
C賞 開業記念ボックス入りチョロQセット2
    (EF66形35号機、DD51形756号機)=1名
D賞 コンセプトブック(第5版第1刷)+クリアファイル=5名
E賞 山陰線ダイヤグラム入り方眼ノート+クリアファイル=4名
F賞 開業記念オリジナルカレンダー(2016年4月はじまり)=5名

◆応募方法
①応募はがき表面の枠内に、お届け先等(お名前、郵便番号、住所、電話番号は必須事項)をご記入ください。

②本書カバー袖部分にある応募券をはがきに貼り付け、希望の賞品(A~F)をご記入のうえ、ご投函ください。

③官製はがき等で応募される場合は、上記①②の事項(と、できれば本書へのご意見・ご感想)をお書き添えのうえ、ご投函ください(応募券を貼り忘れませんように)。

締切は、2016年6月30日(当日消印有効)です。

※当選発表は発送をもって代えさせていただきます(7月発送)。
※記載事項に不備がある場合は当選除外とさせていただきます。ご注意ください。
※応募券は郵送中に剝がれないようにしっかりと貼り付けてください(応募券がないものは無効になります)。




さて、お待たせしました。続いてプレゼントをご紹介します。

【A賞】 オリジナル貨車セット=1名様
     (Nゲージ。博物館ロゴ、公式キャラクター入り貨車2両)


鉄道模型をやらない人にはアレですが、これは激レアのはず(箱の裏にちゃんと「非売品」と書いてあります)。ババンと出したいところですが、残念ながら1名様のみ。

088_convert_20160427175330.jpg
京都鉄道博物館のロゴ入りコンテナ(左)と、本館2階にあるコンテナ(「ニヤク」の語呂合わせ)
091_convert_20160427175409.jpg
京都鉄道博物館 公式メインキャラクター「ウメテツ」のイラスト入り

【B賞】 開業記念ボックス入りチョロQセット1=1名様
     (500系521形1号車、クハネ581形35号車、クハ489形1号車)


これも1名様限定。F課長によると、チョロQそのものは館内のミュージアムショップでも販売されるそうですが、開業記念ボックス入りではないとのこと(変わるかもしれませんが)。そういう意味ではレア。

095_convert_20160427175523.jpg
暗く写ってしまいましたが、箱はピカピカ。開ける時に箱が傷まないように「耳」が付いているのは、さすが。
096_convert_20160427175536.jpg
箱を開けると、諸元が載っています。このために、わざわざフラップ部分を1/3と2/3の非対称にしたのでしょう。さすが。
097_convert_20160427175550.jpg
本館エントランスに並ぶ3両のセット。この3両が並ぶことに意味がある、と言われているようです。

【C賞】 開業記念ボックス入りチョロQセット2
    (EF66形35号機、DD51形756号機)=1名


もうひとつのチョロQセット。これも、チョロQそのものは館内ミュージアムショップで販売されるようですが、外箱入りは非売品とのこと。

092_convert_20160427175427.jpg
指輪かネクタイピンでも入っていそうな箱です。
094_convert_20160427183222.jpg
箱を開けるとこんな感じ。無駄がありませんね。モノを作るサイドの者として感心します。
093_convert_20160427175505.jpg
本館奥に嵩上げ展示されているEF66形35号機と、DD51形756号機のセットです。

【D賞】 コンセプトブック(第5版第1刷)+クリアファイル=5名

このコンセプトブックは、開業に先立って報道関係者等に配布されたもので、一般の方はなかなか目にする機会がないはずです。博物館の概要、各施設・車両の説明がまとめられていて、開業前のオフィシャルブックといえそうです。何度か改訂が加えられていて、これはその最終版です。

070_convert_20160427175649.jpg
コンセプトブックの大きさはA4サイズ。全46ページ、オールカラー。クリアファイルも非売品。
073_convert_20160427175830.jpg
「SLスチーム号」の紹介ページ。いかにもプレス・リリースでしょ。
072_convert_20160427175708.jpg
書籍でいうところの奥付。「第5版・第1刷」とあります。これは貴重な品です。

【E賞】 山陰線ダイヤグラム入り方眼ノート+クリアファイル=4名

これも組み合わせ賞品です。方眼ノートはダイヤグラム入りで、メモ帳にちょうどいい大きさ。でも、使うのがもったいないかも(私なら使いますが)。

074_convert_20160427175919.jpg
ポスターのクリアファイルと方眼ノート。いずれも非売品。
075_convert_20160427180003.jpg
方眼ノートを拡大。水色表紙とピンク表紙があります。

【F賞】 開業記念オリジナルカレンダー(2016年4月はじまり)=5名

ほかの賞品同様、7月の発送になります。「もらった時に、3ヵ月終わってるやん!」という人は応募しないでください。あくまでも開業記念品のひとつです。もちろん非売品。

082_convert_20160427180113.jpg
2ヵ月めくりの鉄道をモチーフにした横長のカレンダー(左右の定規は丸まってしまうのを防ぐために置いています)。撮影はレイルマンフォトオフィス代表の山﨑友也氏。フツーの鉄道カレンダーではありません(意味深)。


説明は以上です。くり返しになりますが、締切は2016年6月30日(当日消印有効)。はがきに応募券を貼付のうえ、必要事項を書き添えてご投函ください。

7月の発送になりますが、当たった方には間違いなくお送りします。賞品が届いた方は、ツイッターとかFacebookとか、インスタグラムとか、何でもけっこうですので、「当たったよ!」と表明してくだされば幸いです。みなさまのご応募をお待ちしています。
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する