路線図の修正

今回は路線図の修正について。

鉄道路線というのは、大して変わらないように見えて、毎年少しずつ変わっています。ここ数年はとくに変化が激しく、路線・駅の新規開業または廃止、駅名の改称などが続いています。

2016年版に引き続き、2017年版もかなりの修正が入っています。ここではその一部をご紹介しましょう。

まずは札幌市電。都心線に新しく「狸小路」電停(図中番号24)が開業したことにより、「西4丁目」電停(図注番号1)と「すすきの」電停(図注番号23)が結ばれ、都心線、山鼻線、山鼻西線、一条線をつなぐループ化が完成しました。

009_convert_20160930201408.jpg

続いて、北海道新幹線。写真左下から、緑と白の旗竿線が延びているのが確認できるでしょうか。

010_convert_20160930201319.jpg

もう1枚。津軽半島側はこんなふうに変わっています。

007_convert_20160930201338.jpg

仙台市地下鉄では、東西線が開業。仙台市交通局の方にはいろいろ親切に教えていただきました。

008_convert_20160930201459.jpg

わかりやすいところを挙げましたが、このほかにも修正点はたくさんあります。路線図の14~15頁にこの1年間の動向をまとめていますので、ぜひご確認ください。

012_convert_20160930201528.jpg

2016年版もそうでしたが、例年だと1頁で収まるはずが、2017年版では収まりきらず、15頁にまではみ出てしまいました。

013_convert_20160930201551.jpg

最近はこういう情報も調べやすくなっていますが、新駅開業の場合、場所を特定するのにちょっと苦労します。

既設の上り方、下り方の駅のどちらに近いのか、交差する路線の手前なのか向こうなのか、といったことに気をつけて修正しているため(スペースに余裕がある場合。ツメツメの場合は、無理やり入れるだけ)、報道発表や地図で確認したり、場合によっては鉄道会社に直接確認したりします。

というわけで、2017年版の路線図も抜かりはありません、と言いたいところですが、どこでどういうミスをしているか、わかりません。もしおかしなところを見つけたら、そっと教えてください。

ちなみに、ツイッターで「貨物路線図で、新小岩操車場が新小岩信号場になっている。どういうこと?」というツイートがありましたが、新小岩操車場は2011年に新小岩信号場に改称しています。したがって、巻頭路線図も、貨物路線図もともに「信号場」と表記しています。
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#8 2016年は路線図が大きく書き換わった年
鉄道手帳の特徴はこのこだわりの路線図にあると思ってます。一般の手帳のオマケとは訳が違います。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する