スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリアカバーの使い方

『鉄道手帳』は、通常の手帳と違って、クリアカバーと紙ジャケットで外まわりを構成しています。じつはコストの都合もありますが、持ち歩いても汚れにくいように、という配慮によるものです。

9784422240640_convert_20160928165139.jpg ※これは販促用に作成してもらった書影です。

皮革調のビニールだと、使っているうちに剥げたり、汚れが落ちにくくなったりしますが、クリアカバーならば剥げる心配はなく、汚れも簡単に落とせます。

また、こうすることで毎年ジャケットを変えられますし、自分用にカスタマイズすることもできます。

とその前に、クリアカバーの使い方が一部で認知されていないようですので、あらためて説明しておきます。手帳の裏表紙のソデをご覧ください。

040_convert_20160930220228.jpg

「そんなの気にしたこない」という方もいるかもしれませんが、上半分にポケットが付いているのがおわかりでしょうか。

これは切符ポケットでして、以下のように使っていただくことを想定して、2009年版から採用しています。

036_convert_20160930214505.jpg

もうちょっと拡大します。

035_convert_20160930214529.jpg

これで一目瞭然と思いますが、ペンポルダーも付いています。たまに「切符を入れる場所を作ってほしい」というお便りをいただくのですが、すでに装備されているのです(というほど大したものではありませんが)。ちなみにペンホルダーは2016年版から実装。

ついでにクリアカバーとジャケットのカスタマイズについて。『鉄道手帳』はカバーから外すと、こんなふうになります。

041_convert_20160930220258.jpg

「本体」は、コスト削減のため、色気もなにもない白いボール紙です。まあ、ここに印刷したところで、紙ジャケットで隠れてしまいますから、意味はないのですけれども。

この紙ジャケットの裏は、写真を撮り忘れましたが、青一色です。白抜きで「Railway Diary」とあるだけのシンプルというか、何の飾りもありません。

こうしたのは理由がありまして、「鉄道の写真とか、バーコードとかがあると、仕事の手帳として使いにくい」というご意見をいくつかいただき、「ならばリバーシブルにして、〝通常の〟手帳としても使えるようにしましょう」ということで、ごくごくシンプルにしています。

これはけっこう好評で、「おかげで仕事の手帳としても使っています。巻末の資料編は会議のヒマつぶしにもってこいです」といったようなお便りを何度かいただきました。そりゃまずいでしょ、と突っ込みを入れたくなりますが、冗談だと思っておきます。

で、青表紙をそのまま使っていただくのもいいのですが、ちょっと味気ないという方には、ぜひカスタマイズに挑戦していただきたいと考えています。以下は作例その1。

037_convert_20160930214649.jpg

100円ショップで買ってきたマスキングテープ(2本で100円!)を、ジャケットの上下に貼ってみただけですが、ちょっと可愛らしくなったと思いません? これなら、青表紙ばかりの『鉄道手帳』がたくさんあっても、自分の手帳だとすぐにわかりますよね(どんな状況やねん!)。

038_convert_20160930214712.jpg

開くとこんな感じ。うん、こっちのほうが写りがいいですね。ちなみに、下側の白地のマスキングテープは、1枚だけだと青色が透けて見えるので、同じテープを重ね貼りしています。

これは簡単な改造ですが、たとえばシールを貼ったり、お気に入りの写真をジャケット大に拡大して入れたりして、自分だけの手帳を作ることができます。

そういえば、先ほどツイッターでカスタマイズの好例を見つけました。

CtkAbUQUIAAP0WG_convert_20160930222516.jpg

ツイート画面をそのまま貼りつけるやり方がわからないので、とりあえず写真だけ転載させていただきます m(_ _)m

作者は「うえちゅん」さん(@uechun624)で、「地下鉄路線図で作ってみました」とのこと。これは大阪市営地下鉄の英語版の路線図ですが、「うえちゅん」さんによれば、大阪市営地下鉄で配布しているものだそうです。私も御堂筋線を毎日使っていますが、この発想はありませんでした(『鉄道手帳』の路線図の一部を転載しようとしたことはありますが)。

じつに素晴らしい。路線図を入れるというアイデアもですが、英語版を使うところがオシャレです。しかも、簡単。お金もかからないし。

すでに自分なりにカスタマイズしている方、これから挑戦してみようという方は、ぜひ手作り改造した手帳をツイッターやinstagramに投稿してみてください。四六時中チェックしているわけではありませんが、拝見させていただくのを楽しみにしています。
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#10 カスタマイズ楽しそうです
自分も去年はカバーを裏返して使ってました。表のきっぷスペースに思い出の乗車券を挟んでさりげなくテツ主張を(笑)裏見返しのチケットホルダーも活用しました。ペンホルダーは使いすぎて壊してしまいましたが…

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。