スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『鉄道ジャーナル』で紹介していただきました!

引き続き、紹介記事への御礼です。『鉄道ジャーナル』12月号で、『鉄道手帳[2017年版]』を紹介していただきました。編集部の皆様、毎度ありがとうございます!

20161026113210-0001_convert_20161026125853.jpg

今号の特集は「振子と車体傾斜」。45ページにわたって、現役振子車両の雄姿から車体傾斜制御の歴史、その仕組みと特徴までじっくりと語られ、鶴通孝氏による「転機に立つ振子特急スーパーあずさ」と続きます。いつものことながら、鶴氏の文章を拝読すると、こうしてブログを書くのが憚られます。

が、下手でも何でも、続けることに一定の意義があると信じて、しばらくは続けようと思います(開き直り)。

毎号もりだくさんですが、今号で個人的に気になったのは橋本優子氏の連載「デザインの要諦」。今回は「鉄道デザイナーという仕事」と題して、大御所・木村一男氏の少年・学生時代について書かれています。デザイン業界の人って、どうしてこんなに言葉づがいが巧みなのでしょう。人によって、ジャンルによって変わりますが、言葉が借り物でなく、ピタッと嵌まっているという印象です。

もうひとつ気になったのは、名鉄揖斐線、谷汲線のいま。岐阜の大学に営業に行ったとき、帰りにちょっと遠回りをして訪問したことがあります。その時はやがて廃線されることを知らず、「遠くへ来たもんだね」などと旅情に浸っていて、写真もとらず、今思えばもったいない訪問でした。

けれど、今回記事で、いまも車両が大切に保存されているのを知り、嬉しくなりました。取引のある印刷会社がこの近くにあるので、いつか出張校正のついでに行けないものかと考えています。ま、出張校正なんてしている時は、相当切羽詰まっている時なので、そんなヒマはないのですけれども。
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。