スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年を振り返って

年末にかこつけて、今年出した鉄道本をざっとご紹介。

鉄道史の仁義なき闘い_convert_20160420201733
所澤秀樹著/2016年3月刊

トップバッターは『鉄道史の仁義なき闘い――鉄道会社ガチンコ勝負列伝』。

著者は『鉄道手帳』の責任編集者でもある所澤秀樹氏で、史上有名なライバル会社の対決の数々を取り上げ、日本の鉄道の来し方を振り返るという趣旨。

名阪間をめぐる官設鉄道と関西鉄道の運賃・サービス競争、

阪神間で官設鉄道に正面から挑んだ阪神電気鉄道、

その阪神と熾烈な抗争を繰り広げた阪神急行電鉄(阪神)、

「地下鉄の父」早川徳次と東京横浜電鉄総帥・五島慶太との地下鉄争奪戦

……などなど、会社の存亡をかけた闘争はまさに「仁義なき闘い」であり、近代産業史の縮図でもあります。


京都鉄道博物館ガイド_convert_20160420202518
来住憲司著/2016年5月刊

続いて5月に刊行したのは、来住憲司氏による『京都鉄道博物館ガイド』。京都鉄道博物館の開業に間に合わせるべく、睡眠時間を削りに削ってつくった、忘れようのない1冊。

工事の関係で博物館取材が思うように進まず、相当焦りました。さらに来住氏が遅筆というのか、凝り性で、なかなか原稿が上がらない。写真点数もこの種の本にしてはとんでもなく多いので、レイアウトもかなり手数がかかりました。

校了間近の頃は、来住氏も私もそれぞれ徹夜で、朝晩関係なくメール、電話の応酬をかさね、深夜のファミリーレストランでゲラの受け渡しをしたこともありました。

苦労の甲斐あって、なかなかよくまとまった本になったと思います。発売まもなく重版したのも嬉しいかぎり。


aaa_convert_20160610193128.jpg
写真は第4回セミナーの様子。黒田氏ならではの、美しくわかりやすいビジュアル。

出版ではありませんが、5月には第5回創元社鉄道セミナーを開催しました。

講師は弊社刊『乗らずに死ねるか』でおなじみの黒田一樹氏。「この夏オススメ!? 関西発の鉄道旅行ガイド」というテーマで、フツーでないがゆえに愉しめる、とっておきのコースを案内してもらいました。

久しぶりの開催だったためか、定員50名があっという間に満席になりました。私が出会った著者のなかでも超が付くほどの変人なのですが(褒め言葉です)、どういうわけか人気があります。

「中毒性のあるトーク」というのが本セミナーの売り文句になっているのですが、この時もまさにそのとおりで、テンポ良く進む黒田氏の案内に誰もが頷き、ときに微笑み、ときに大笑いされていました。

私は会場の後ろのほうでその様子を見ていたのですが、じつは参加者の皆さんは、テーマはなんでもよくて、黒田さんに逢いたいのではないかと思ったほどです。


9784422240640_convert_20160928165139.jpg
所澤秀樹責任編集、創元社編集部編/2016年9月刊

ほかのジャンルの本も作っていたので、しばらく間が空きましたが、9月には9年目となる『鉄道手帳』を刊行。

例年どおり、路線図、ダイアリー、資料編を更新し、これまた例年どおり、鉄道軌道各社に掲載データを確認していただくとともに、イベント予定を教えていただきました。

来年も1年間そばに置いていただき、「毎日どっぷり鉄道漬け」になっていただければ幸いです。

来年は節目の10年目。何かしら特別なことをしたいと考え中です。乞うご期待。


ekimei_jacket-obi_convert_20161215171243.jpg
星野真太郎著、前里孝編/2016年12月刊

そして12月。出来たてホヤホヤの新刊『全国駅名事典』を刊行しました。

長きにわって『駅名事典』を改訂出版されていた中央書院さんがなくなってしまい、この16年間は全国の駅名を網羅した事典がありませんでした。

どこか出してくれないかなと思っていたのですが、どうもそういう気配がないので、「それならウチで」と勢いで企画したのですが、思った以上の難事業で、気が変になるんじゃないかと思いましたね。

寝ていても、「あっ、あの訂正、ちゃんと反映したかな」「これは鉄道会社に確認しないといけないな」と気がかりが絶えることなく、家族には「寝ているとき、唸っていたよ」と言われる始末。

が、その甲斐あって、駅名レファレンスの決定版というにふさわしい内容になったのではないか、最初の一歩としては上出来ではないかと思います(思いたい)。

もちろん完璧というつもりはなくて、じつは、構想倒れで終わってしまった工夫もあります。詳しくは書けませんが、いままでの類書にはなかった工夫で、第2版以降で実現したいと考えています。

しかし第2版以降を出すには、第1版がある程度売れなければなりません。本書も『鉄道手帳』同様、皆様に育てていただく本です。一人でも多くの方に本書を座右の書としていただけますよう、心よりお願い申し上げます。


本年もご愛顧を賜り、誠にありがとうございました。来年も、皆様のお役に立ち、かつ楽しんでいただける鉄道本を出版してまいりたく存じます。引き続きご支援賜りますようお願い申し上げます。

来年が皆様にとって実りある1年となりますように。
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。