スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄軌道各社様のご協力に感謝。

4日ぶりの更新です。毎日チェックされていた方、お待たせして申し訳ありません。

今日は『鉄道手帳』の編集に欠かせない鉄軌道各社によるご協力について、感謝の気持ちを込めつつ綴りたいと思います。

資料編に「日本の鉄道事業者・軌道経営者一覧」という資料があります。『鉄道手帳』をお持ちの方には言うまでもありませんが、これは日本国内すべての鉄道事業者と軌道経営者の基本データをまとめたものです。2011年版から掲載していて、毎年データを更新しています。

本当は基本資料として2009年版から掲載したかったのですが、2009年版の時はとにかく手帳を完成させるのに手一杯で調査の余裕がなく断念。2010年版でも入れようと準備はしていたのですが、ダイアリー見開き1週間を採用し、さらに資料編も膨らんで全体のボリュームが大幅に増したため、掲載を見送りました。とくに2010年版の時は、元原稿が7割程度できていたのでこれを仕上げて何とか載せたかったのですが、どうにも資料編のボリューム調整がうまく行かず(例によって所澤氏が譲らず)、泣く泣く掲載をあきらめたという経緯があります。

2011年版でようやく日の目をみることになりましたが、一覧表を完成させるのにはなかなか手間がかかりました。元原稿は『鉄道要覧』や国交省資料、各社会社案内等を参照して編集部で作成したのですが、データ取得日や数え方が異なっている場合もありますし、こちらの入力ミスの可能性もありますので、いかに公の資料に基づいているとはいえ、このまま出すのはまずいと思いました。

そこで各社にデータの確認を依頼することにしました。「そんなの当たり前」と言われるとそのとおりですが、『鉄道要覧』によれば事業者・経営者が204件(当時。現在は203件)もありますから、そう簡単には行きません[注1]。各社の住所はコツコツまとめたものの、何しろこういう調査を鉄軌道各社に依頼するのは初めてですから、どの部署に送ればいいのかわかりません。それに当該の部署に送ったところで、開封してもらえるかどうかもわかりません(DMの類と思われて読まれないというパターン)。鉄道本にかんしてはまったくの新参者ですから、相手にしてもらえないんじゃないかという心配もありました。この手の調査は多少経験があったものの、勝手がわからず、実際に各社から回答をいただけるのかとても不安でした。

が、これは杞憂に終わりました。ありがたいことに、回答締切日が近づくにつれ、各社からの回答が次々に届きました。ふだんから鉄道書籍や雑誌を出している出版社ならともかく、はじめて鉄道本を出すような出版社の依頼に対して、こうも気前よくご返事をいただけるとは思いませんでした。データの確認以前に、各データの意味するところを理解したうえで回答していただく必要があるものでしたから、最初はかなりのお手間がかかったことと存じます。当時回答をお寄せくださった皆様、ご多用のなか本当にありがとうございました[注2]

さて、各社からの回答をみると、やはり元原稿で間違っているところがありました。駅のカウントのしかたが違う、営業キロ数が厳密に言うと違う、車両数は現時点では元原稿どおりだが近々新規車両を導入予定である、動力の種類が違うなど、さまざまなご指摘をいただきました。確認をお願いして本当に良かったと思います。

こうしてデータ取得日に多少のバラつきはあるものの、各社の基本データを揃えることができたのですが、各社には基本データの確認に加えてもうひとつお願いをしていました。月間スケジュール頁に掲載しているイベントの情報提供です。

これについても感謝の言葉を申し上げたいところですが、長くなりましたのでまた別の機会にしたいと思います。

最後に全国の鉄軌道各社様にかさねて御礼申し上げます。いつもご高配くださり、ありがとうございます。今後ともよろしくお願い申し上げます。



[注1]鉄軌道会社の数は2011年版では204でしたが、2012年4月1日付で十和田観光電鉄線が廃止されたため(ただし十和田観光電鉄そのものは存続)、一覧から割愛しました。

[注2]むろん、すぐにご返信をいただけないケースもありました。確認の電話をすると、「えっ、そんなのもらってない」「ああ、あの白い封筒ね。届いてたよ。どこやったべかなぁ」などと言われることもしばしば。ごくまれに(本当にまれに)、「なんでお宅にそんなことを教えなきゃいけないんだよ。ウチにそんな義務はないよ」とお叱りを受けることもありましたが、最終的にはご返事をいただくことができました。一方で、新駅や駅名改称の予定など、こちらが質問していないことまで教えていただくこともありました。ありがたいことです。
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。