FC2ブログ

『関西の鉄道車両図鑑』:車両の違いを知る (1)

9月21日に発売した『車両の見分け方がわかる! 関西の鉄道車両図鑑』は、おかげさまでぼちぼち売れています。

9784422240787_convert_20170921134150.jpg
『関西の鉄道車両図鑑』(四六判368頁、2200円+税)

やはり関西地区での販売が好調ですが、関東や西日本その他でもぽつぽつ売れていて、スタートダッシュが良かったこともあり、一時は『鉄道手帳』を上回ることもありました(手帳販売シーズンを迎え、いまは『鉄道手帳』が優勢です)。

図鑑のほうは、なぜかAmazonでは奮わず、リアル書店とネット書店の違いにちょっと驚いています。現物をご覧になってから買う方が多いということでしょうかね。

それはさておき、今回は図鑑に掲載されている写真を使って、ちょっとしたクイズをしてみようと思います。

【第1問】 以下の2種の車両の形式と外見上の違いを答えてください。

062_JRW_205_convert_20171017155616.jpg

063_JRW_205_1000_convert_20171017155750.jpg

これは簡単すぎるでしょうか。正解は、上段が「JR西日本205系0番台」で、下段が「JR西日本205系1000番台」です。

大きな違いは前面窓のサイズですね。0番台では運転士側の窓の幅が大きくなっていたのが、1000番台では助士席側の窓が幅広になっています。助士席側窓はさらに下方に広げられています。

1000番台では、客室との仕切り壁も大型化され、乗客の前面展望が改善されました。

また、0番台の前面、前照灯の直下にはオレンジ色の帯が入っています。これも0番台と1000番台を見分けるポイントとなっています。

性能面で大きく異なるのは最高速度で、0番台では営業最高速度は100km/hとされましたが、1000番台では110km/hに向上されました。ちょっとの違いのように思えますが、走行性能が異なるため、0番台と1000番台の混結はできません。
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する