FC2ブログ

衣替えのススメ

朝夕めっきり涼しくどころか、寒気すら覚えるようになりました。寒暖の差があるほど紅葉が鮮やかになるそうですから、今年はいい景色が見られそうですね。

そろそろ本格的に衣替えをしなければと思いますが、これがいつも悩ましい。スーツスタイルなので選択肢は限られているのですが、本格的に秋・冬仕様にすると、天気が良すぎる日や雨の日に困ります。

天気の良い日にスーツを着込んで早足で歩こうものなら、中途半端に汗をかくことになります。私の場合、いつも無駄に重たい鞄を(筋トレと称して)持っているので、じわっとくるわけです。

雨の日はもっと厄介で、ウールのスーツで混み合う電車に乗ろうものなら、スーツが車内の湿気を吸いこんでしまうし、着ているだけで息苦しさすら覚えます。衣替えは楽しい側面もありますが、面倒なものですね。

衣替えといえば、じつは『鉄道手帳』も衣替えができるようになっています。

クリアカバー内側のジャケットが着脱可能になっているので、お気に入りの写真を入れたり、好きな図柄の包装紙をカットして入れることもできます。

もちろん、デザイナーに敬意を表してノーマルジャケットをそのまま使っていただいても、あるいはリバーシブルの裏面を使っていただいてもいいのですが、衣替えよろしく、TPOや気分に合わせてジャケットを着せ替えしていただくのも一興かと思います。

そこで編集部では、弊社ICT企画室H氏の協力を得て、このたび12種類の替えジャケットをご用意しました。

138_convert_20171018160529.jpg

上の写真では5種類しか出していませんが、下記サイトから12種類のPDFファイルをダウンロードできるようになっています。

railwaydiary_special_convert_20171018160854.jpg
下段にある「替えジャケットダウンロード」ボタンをクリックしてください。

PDFファイルをダウンロードして印刷して、手帳に合うように切り取っていただかねばなりませんが、ちょっとの手間で、見違えるようにお洒落になるはずです。

実際にジャケットを替えたところをご覧に入れましょう。

JNR_colour_convert_20171018163227.jpg
全65色の車体色を並べた「国鉄色」バージョン。秋らしい装い

hyoshiki_original_convert_20171018162731.jpg
さまざまな鉄道標識をパターンレイアウトした「鉄道標識」バージョン

hyoshiki_grey_convert_20171018162900.jpg
地色をグレーにしてモノトーンに仕上げた「鉄道標識(グレー)」。賢そうなグレーがお気に入りです

pictgram_convert_20171018164512.jpg
オリジナルを含む、35種のピクトグラムが楽しい「ピクトグラム」バージョン

nandoku_green_convert_20171018172016.jpg
各地方の難読駅名を番付表ふうにレイアウトした「難読駅名(緑)」バージョン

stripe_convert_20171018164129.jpg
インスパイア系その1。どこかで見たことがあるような、ないような「ストライプ」バージョン

line_convert_20171018164023.jpg
インスパイア系その2。うっすら見覚えのある配色の「ライン」バージョン。旭屋書店の書皮を彷彿とさせますが、関係はありません

003_convert_20171018160258.jpg
品のあるクリーム色と赤色の組み合わせが素敵な「神戸電鉄1000系」バージョン。神戸電鉄さん許諾済みです!


いずれも『鉄道手帳』専用替えジャケットとして制作しましたが、ほかのクリアカバー式の手帳に使っていただいてもかまいません。どんどんダウンロードしてください。着せ替えした手帳は、可能ならツイッターやブログ、FacebookなどのSNSで告知していただければ幸いです。
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#17 新規路線図もダウンロード!
新幹線開通等で、手帳発売後路線図が変更になった場合「着せ替えジャケット」同様、HPからダウンロードできるようにすれば良いのでは!後の使い方はユーザー次第!
#18 RE:#17 新規路線図もダウンロード!
コメントありがとうございます。

おっしゃるように、手帳販売後に路線図を更新することができればユーザーのみなさんにとって良いサービスになるかもしれません。

ただ、新駅開業や廃止はけっこうな頻度で発生するため(路線図p.14にまとめています)、そのたびに路線図を修正しますと、編集作業に混乱が生じ、かえって正確さを損なうおそれがあります(すべての変更を逐次漏らさず把握できれば問題ありませんが、漏れに気づかぬまま修正を重ねると、ややこしくなります)。

また、修正のたびに少なからぬコストが発生するのも頭痛のタネです。情報収集は随時行っていますが、編集実務に関してはある時期に集中して取り組むことでコストを下げています。

という次第で、リクエストにお応えするのは現況では難しいのですが、今後の検討課題とさせていただきます。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する