FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月新刊『えきたの』発売!

またまた更新をサボッてしまいました。

今年こそは、せめて『鉄道手帳』販売期間中はブログトップに広告を出さないようにしようと思っていたのですが(1ヵ月間更新がないとブログトップに広告が出るのです)、またしてもやってしまいました。ちょくちょく訪問してくださった皆さん、申し訳ありません。

例によって、鉄道本その他の編集作業に没頭していて余裕がないのですが、新刊が出ましたので、すくっと立ちあがって紹介させていただきます。

9784422240763_convert_20171221105926.jpg
伊藤博康著『えきたの 駅を楽しむ〈アート編〉』 A5判オールカラー188頁、1700円+税

「『えきたの』って何?」と思った方、ご安心ください。知らなくても大丈夫です。これは伊藤氏の造語で、「駅を楽しむ」を略したもの。その名のとおり、今回は車両ではなく、駅そのもの(と駅前の風景)を楽しみましょう、という本です。

私は知りませんでしたが、鉄道趣味の分野では、古くから夜間撮影のことを「よるたの」と呼んでいたそうです。フィルム感度が低い時代は夜の撮影は難しく、フィルムの無駄遣いになりがちなので、夜の撮影は避けられていたのですが、悪条件を乗り越えてあえて夜に撮影しようという方もいました。

いまよりも明かりが少なかった時代、月の光や、駅舎やホームに灯る頼りない明かりを活かしての撮影は、おそらくは試行錯誤の連続で、撮影を繰り返すなかでいろいろな知恵が生まれたのではないかと想像します。きっと撮影に関する知識も技術も格段に上がったことでしょう。

こうした挑戦は、夜に撮影を楽しむことから「よるたの」と呼ばれていたそうで、そういう時代を知る著者・伊藤氏は「駅を楽しむ」というテーマを着想したとき、「えきたの」という言葉を思いついたそうです。

最初にタイトル案を聞いたときは、杉下右京よろしく「はい?」と口に出しそうでしたが(出たかもしれません)、理由を聞いて納得。造語なので、若干の不安もありましたが、語感も見た目のインパクトもいいし、装丁を見ていただければ駅の本であることは伝わるだろうと考えて、そのまま進めました。

有料の鉄道趣味サイト「鉄道フォーラム」の代表を務める伊藤氏は、仕事柄、全国各地の鉄道に乗ってきました。しかも人に会って話を聞いたり、写真を撮影するので、ただ乗り通すのではなく、たくさんの駅に下りています。私が連絡すると、たいてい出張先ですから、1年間だけを切り取っても相当の駅に出逢っているはずです。

そういう伊藤氏がこれまで出逢った駅のなかから特に印象深い駅を集めたのが本書で、今回はのべ89駅を取り上げています。キャラクターのいる駅、建築美を誇る駅、駅の周囲に素敵な景色が広がる駅などなど、他ではお目にかかれないユニークな駅を写真主体で紹介します。



さて、肝心の中身ですが、とやかく言うよりも、サンプルページをご覧いただくのがいいでしょう。ウェブ用に画質をかなり落としているため文字はよく見えませんが、おおよその感じをご確認くだされば幸いです(あと、校了前のデータなので、間違いがあったらすみません)。

01_gomen_convert_20171221133104.jpg
土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線の「後免駅」。各駅にやなせたかし氏がつくったキャラクターがいます。徹底していますね。

01_kamio_convert_20171221135228.jpg 
お次は大井川鐵道大井川本線の「神尾駅」。たぬきの置物がみごとに周囲の景色に溶け込んでいますね。

01_kishi_convert_20171221135310.jpg 
和歌山電鐵貴志川線の「貴志駅」に鎮座まします「たま大明神」。猫が駅長になって、県の観光大使になって、果ては大明神。

02_kizukuri_convert_20171221135341.jpg 
巨大な遮光器土偶なトレードマークのJR東日本五能線の「木造駅」。土偶は駅近くの亀ヶ岡遺跡で発見されました。

03_itoigawa_convert_20171221135535.jpg 
駅舎からディーゼルカーが飛びだすJR西日本北陸新幹線の「糸魚川駅」。後ろの赤レンガ車庫は大正元年につくられた年代物。

04_shimonada_convert_20171221135904.jpg 
巷でインスタ映えする駅として有名なJR四国予讃線の「下灘駅」。この次のページにも、いい写真が入っています。

まだまだご紹介したいところですが、かえって興を削ぐといけませんので、今日はこのぐらいでやめておきましょう。と言いつつ、最後に1枚。

04_yoshizawa_convert_20171221140006.jpg 
スクリーンのような滑らかな青空と、濃淡のある緑、土色のバラストが絶妙な味わいを生む、由利高原鉄道鳥海山ろく線の「吉沢駅」。

年内はまだまだ急ぎの仕事が残っていて、あと何回更新できるかわかりませんが、『鉄道手帳』関連も含め、何とか更新したいと思います。書きたいことはいっぱいあるんですけれどね……。
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。