FC2ブログ

9月20日発売!『鉄道手帳[2019年版]』

臨時列車第2号は、『鉄道手帳』のご紹介です。

鉄道手帳2019_刷りだし_convert_20180907180031
昨日、刷りだしが届きました! 2019年版のジャケットおもて面は、DD51

◆11年目にして「全国鉄軌道路線図」を大改訂

いつも『鉄道手帳』をご愛用くださり、ありがとうございます。『鉄道手帳』編集部では2008年の発売以来、みなさまのご要望にお応えするべく種々の改良を加えてきましたが、2019年版では過去最大級の改良に踏み切りました。

『鉄道手帳』の顔ともいえる巻頭路線図の大改訂です。

『鉄道手帳』の巻頭路線図は、通常の路線図と異なり、貨物鉄道や路面電車を含む「全路線・全停車場(停車場)」を掲載、さらに線路のカーブや分岐、路線の重なりなど線形の特徴をなるべく再現することに意を注いできました。

幸い、この方針は刊行以来ご好評をいただいていますが、如何せん文字サイズが小さいのが難点でした。B6サイズという限られたスペースに収録するため、やむを得ない面もあるのですが、多くのユーザーの皆様同様、私も何とかならないものかと思っていました(近頃、老眼気味です)。

また、JR線以外の路線名が記載できていない点も問題として認識していました。これも時々ハガキでご意見をいただきましたが、潜在的には多くの方が改善を求めておられたことと思います。

◆「文字を大きくするだけ」とは言うけれど……

「文字を大きくするくらい、そんなに難しいことかなぁ?」と思われるかもしれません。

でも、これが大変なことなのです。作る側としては、なるべく触りたくない、できれば避けて通りたいくらいの難事なのです。

細かい説明は省きますが、ページレイアウトや路線の位置関係など、路線図を隅から隅まで見直す必要があるのです。編集・製作側としては想像するだけで目眩がしそうな作業です。

そもそもスペースが限られているので、文字サイズを大きくして果たしてうまく収まるかどうかもわかりません。下手をすれば、かえって見づらくなる可能性もあります。

こういうわけで、路線図大改訂の必要性を感じつつも、これまで先送りしてきたのですが、節目の10周年を経て、次の10年に向けて新しい一歩を踏み出すにあたり、長年の懸案を解決することにしました。

◆文字サイズアップ&私鉄ほかの路線名を記載

では、路線図のどこをどう変えたのか。大きな点でいうと2つあります。

1つはお察しのとおり、文字の拡大です。文字のサイズ(級数)を従来比1.3倍にし、書体(フォント)も変えました。体感的には130%以上大きく見えると思います。都心部など駅が集中した箇所の視認性が心配でしたが、レイアウトを変更するなどして解決しました。

もう1つは路線名の追加です。従来路線図では、JR線のみ路線名を記載し、私鉄ほかは会社名しか記載していませんでした。

これもやはり都心部がネックで、路線名を入れる余地がないほど路線が稠密な地域が多数あるため、すべての路線名があったほうがいいと思いつつも、記載を断念してきました。

が、せっかく全面改訂するのですから、この機会に貨物鉄道や路面電車も含め、全路線名を記載することにしました(『鉄道要覧』記載の路線名を標準としつつ、路線愛称や通称もなるべく入れています)。

前置きが長くなりましたが、ここで新旧路線図を見比べてみましょう。

20192018_rosenzu_sample_convert_20180907174958.jpg
同じ倍率で比較しています。駅名が見やすくなり、JR線以外にも路線名が付いています

ほかにも、路線や駅の位置関係、路線の分岐や重なりを修正するなど、できるかぎりの改良を行ったつもりです。みなさまには長らくご不便をおかけしてきましたが、これまでの路線図と見比べていただくと、確実に見やすくなっているのがおわかりいただけると思います。ぜひお手にとってお確かめ願います。
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する