スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年版の読者アンケートから(2)

ありがたいことに、今年は例年よりもハイペースでアンケートはがきが届いています。今年はどういうわけか、小学生と女性(年齢問わず)が目立ちます。

●資料も充実していて、読んでいてとても勉強になります。どんな出来事があったかはブログの更新の際、トピックスのヒントに活用させてもらおうと思います(青森県Mさん、42歳女性)
――そう言っていただけると、励みになります。ダイアリーの蘊蓄の改訂は、けっこう注力していますので。ブログをなさっているようですが、ぜひ当ブログと特設サイトをご紹介願います。

●ダイアリーに罫線があると良い。リバーシブルカバーはこれからも続けてほしい(愛知県Hさん、34歳男性)
――ダイアリーの罫線というのがどういうものかわかりませんが、ダイアリーと言いつつも、スケジュールを書き込む人も多いと思われますので(24時間目盛りを打ってあるのはそのため)、難しいところです。何か良い方法がないか、考えてみますね。リバーシブルカバーは「仕事でも使うので」という方がけっこういらっしゃいますので、いまのところ続けるつもりです。まもなく特設サイトに替えジャケットをアップしますので、そちらもご覧ください。

●現在SLが運行している箇所・期間・SL種別・その特徴・撮影スポットなどを是非(山口県Sさん、68歳男性)
――じつは私も同じことを考えていて、今年は載せようかと思っていたのですが、ほかの資料が多すぎて断念しました。来年はどうなるかわかりませんが、近いうちに掲載したいと思います。

●閉塞方式の種類、ATSの種類や作用の違いについての資料がほしい(千葉県Oさん、24歳男性)
――閉塞方式の種類は2010年版に掲載したことがあるのですが、Oさんは今年が2回目の購入だそうですから、ご存じないかもしれませんね。所澤氏の『鉄道の基礎知識』(弊社刊)でくわしく説明していますので、ぜひそちらもご覧ください。ATSも載っています。手帳の資料として復活するかどうかは、今後検討します。

●素晴らしい手帳で大変に満足しております。時刻表とペアにして使っておりますが、旅の行程を立てる時など、時刻まで細かく記入できるダイアリーは重宝しております。旅の行程表とか後ろについているのも良いかと(東京都Sさん、17歳男性)
――使い込んでいただいているようで、ありがとうございます。どんなふうに記入されているのか、拝見したいものです。旅の行程表を巻末に付けるというのは私も何度か考えたのですが、万人向けにつくるとなると難しく、比較的汎用性の高い罫線メモや方眼メモ(2013年版にはありませんが)を付けている次第です。ちなみに罫線メモは左端から35㎜のところに、あえてすき間(スリット)を設けています。このスリットを挟んで、たとえば左側に駅名、右側に乗車時刻、列車名、料金などを書くと、わざわざ縦線を引かなくても、まとまりやすいのではないかと思いますが、いかがでしょうか。

●数年前より仕事で電車を利用するようになり、まだ何も知りませんが、大好きになりました。生きてる間に全国の電車に乗ってみたいんです(兵庫県Mさん、52歳女性)
――Mさんは看護師さんで、2回目のご購入。アンケート欄に小さな字で「白衣のポケットに入れたい(ので小さなサイズにしてほしい)」と書いてありました。縦長のビジネス手帳を愛用する方が多いためか、こういうご要望をよくいただきます。たしかに、胸ポケットや尻ポケットに入るサイズだと、携帯に便利ですよね。が、本手帳の場合、路線図、ダイアリー、資料編がネックです(ほとんど全部やん!)。路線図のほうは折り図にする案もありますが、お経みたいに何回も折り返す仕様になってしまうかもしれません。ま、それはそれで面白いかもしれませんが。

●B5サイズに拡大してください。卓上用として。高齢のため文字が小さすぎるから(栃木県Kさん、67歳男性)
――これについては来年度版できちんと検討したいと思います。B5サイズかA5サイズが迷うところですが、いずれ大判も出さねばならないだろう(というか個人的に出したい)とは考えています。

●住所録がないので別に購入し、手帳に挟まなくてはなりませんので不便が生じます(兵庫県Tさん、62歳男性)
――住所録は2009年版をつくるときに付けようかと思ったのですが、やはりコストの点で困難でした。2010年版以降は頁数が増えていますので、さらに困難です。仮にコストをダウンできても、今度は厚みの問題があります。申し訳ありませんが、当面は住所録を別にお買い求めくだいませんでしょうか。

●今年も手帳を買う季節になり、この所購入している「鉄道手帳」を迷わず購入。携行用というより、家で見て楽しむ感じで使っています(栃木県Kさん、49歳男性)
――Kさんは4回目のご購入とのこと。毎年お買い上げくださり、ありがとうございます。「迷わず購入」だなんて、嬉しいお言葉です。今後も愛用していただけるよう頑張ります。

まだまだご紹介したいコメントはあるのですが、気がついたらけっこうな行数になっていましたので、「今宵はここまでにいたしとうござりまする」。
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。