スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『鉄道ジャーナル』1月号で紹介していただきました。

本日発売の『鉄道ジャーナル』1月号で『鉄道手帳[2013年版]』を紹介していただきました。いつもありがとうございます。

今号の特集は「東京横浜圏内の鉄道2013」。来年3月からはじまる東急東横線と東京メトロ副都心線との相互直通運転、先月営業運転を開始したばかりの東武のスカイツリートレイン、京急蒲田駅付近の立体交差化など盛りだくさんの内容です。ちなみに次号の特集は「京阪神電車三昧」。こちらも楽しみです。

巻頭からの特集のほか、個人的にじっくり読みたい記事がありました。ミラノ~ナポリ間をむすぶ高速列車「.italo」の乗車レポートです。ジョルジェット・ジウジアーロ[注1]創設のイタルデザインが内装を担当したというだけあって、スタイリッシュなデザインが印象的です。車両は仏アルストム社の「AGV」。ボディカラーは真紅(ボルドーレッド)で、先頭車両連結部の上から運転室の天井まで続く黒いマスクが前面を引き締めています。さすがデザイン大国。

tetsudojournal201301_convert_20121121120150.jpg

◆『鉄道ジャーナル』1月号の目次はコチラ

◆「.italo」の写真はコチラ(NTV社のサイト内)



[注1]ジョルジェット・ジウジアーロ……イタリアを代表する工業デザイナー。自動車のデザインでとくに有名で、アルファロメオやフィアット、フォルクスワーゲン、マセラティなどで優れたカーデザインを送り出してきました。日本車だとマツダの初代ルーチェとか、いすずの117クーペがジウジアーロのデザインです。ニコンの一眼レフカメラのデザインも担当しているようです。
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。