スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年版のジャケット――相互乗り入れ・片乗り入れ特集

しばらくお知らせや小ネタの類が続きましたので、このあたりで『鉄道手帳』の編集をめぐる話に戻したいと思います。今日は2010年版のジャケットについてお話しします。

2009年版のジャケットのところでも書きましたように、表紙にタイトルを印刷した切符をあしらうというスタイルは、2010年版からはじまりました。

2010ticket.jpg

まず、硬券仕様の切符について少し書いておきます。切符のデザインは、参考にする切符写真と盛り込む要素だけを決めて、あとは装丁家の濱崎氏にまかせました。赤線の切れ方、年月日スタンプの微妙な傾き、地紋などうまく仕上げてくれました(ちなみに地紋は創元社の白鳥型のロゴです)。こういうことを何も言わなくてもやってくれるのが濱崎氏のいいところです。なお、切符の右上から左下にかけて走る3本の赤線は、3等車の乗車券であることを示すものです。切符の種類は毎年変えています。

2010jacket_convert_20121122163643.jpg

ジャケット表1(オモテ面のことをこう呼びます)の写真はEF64が牽引する『あけぼの』、表4(ウラ面)には資料編の「全国相互乗り入れ・片乗り入れ運転概況」を収録したのに合わせて、乗り入れ場面の写真を7枚入れました。撮影はいずれも所澤氏で、いつものことながら厳格なトリミング指示で難儀したのを覚えています。このときはそれぞれの写真が小さかったこともあって、長さは0.5㎜単位、角度は1度未満で微調整をくり返しました。

列車の面(つら)が揃うように撮るのはそんなに簡単ではないと思いますが(乗り入れのタイミングや列車の停止位置、走行速度がまちまちであるため)、そこはさすがに所澤氏で、事前の綿密な調査と粘りで見事に撮影しています。

ご参考までに、それぞれの撮影地と車両を書いておきます。組み合わせの妙を感じていただければ幸いです。

●右列最上段……近鉄奈良線・大和西大寺駅[阪神1000系と近鉄8600系]
●右列2段目……近鉄奈良線・生駒駅[阪神1000系と大阪市24系]
●右列3段目……近鉄奈良線・大和西大寺駅[阪神1000系と京都市10系]

●中列上段……阪神本線・芦屋駅[山陽5000系と近鉄9020系]
●中列下段……東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)・曳舟駅[東武30000系と東急8500系]

●左列上段……東急目黒線・多摩川駅[都営6300形と東急5080系]
●左列下段……JR東日本伊東線・伊豆多賀駅[JR東日本185系『踊り子』と伊豆急8000系]

ジャケットに使う写真は、毎年所澤氏と相談して決めます(ほぼ氏の言いなりですが)。表1と扉(最初に出てくるページ)の写真は氏の好みで機関車が入ることが決まっていて、毎回手帳のために氏自身が撮り下ろします。表4はその時々で入れる写真を考えますが、だいたいがその年に撮影されたもので、やはり氏の撮り下ろしです。手帳中身に写真を掲載しない分、外側の写真は趣向を凝らしている次第です。



スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。