スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『鉄道ピクトリアル』1月号で紹介していただきました。

現在発売中の『鉄道ピクトリアル』2013年1月号「イベント・グッズ情報」で、『鉄道手帳[2013年版]』を紹介していただきました。いつもありがとうございます。

tetsudopictorial201301_convert_20121126123335.jpg

今号の特集はずばり「ブルートレイン」。筆頭記事は山田亮氏の「国鉄~JR 運輸・営業とブルートレイン」で、半世紀以上にわたるブルートレインのあゆみを、運輸や営業、社会的背景から考察したもの。ブルートレインの歴史のおさらいになります。柴田東吾氏の「牽引機から見たブルートレイン」では各形式の概要がまとめられ、これまたおさらいにぴったり。このほかにも電源車の系譜や夜行優等列車の変遷など、資料性の高い記事が写真多数とともに掲載されています。

特集以外で目を引いたのは、今号から連載スタートの「合図灯の系譜を探る」というめずらしいレポート。さまざまな形や構造をもつ合図灯の鉄道草創期からの変遷が詳しく述べられています。
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。