スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『鉄道の基礎知識』の話(3)

前回、所澤氏が大奮起したために原稿枚数が大幅に増えてしまったというお話をしました。スケジュールや体裁の変更のことはともかく、内容が充実するなら良しと思ったのですが、事はそう簡単ではありませんでした。

何しろ写真も含めて50万字以上の原稿ですから、読み通すだけでも一苦労ですが、加えて写真のレイアウトがあります。本書の帯にも謳っていますが、写真・図版合わせて700点以上もありますから(細かく数えると750点くらいあったと思いますが、正確に数え直すのはしんどいのでやや控えめに表現しました)、相当根気が必要です。

幸い、所澤氏がだいたいのレイアウトを指定してくれたので、大きな混乱はありませんでしたが、それでも「この写真はもっと大きくバーンと行こうよ」だとか、「この写真はほんの、ホントにわずかだけれど、水平がおかしい気がする。ちょっとだけ右側を下げてくれないかな」「ここはあと2㎜ほどカットする」だとか厳しい指示が飛んできます。鉄道本の編集をするのが初めてということもあって、多分に私の要領が悪かったせいだとは思いますが、氏のこだわりには参りました。

とはいえ、氏の言うとおりにすると、たしかにきっちり収まるのです。ほかの写真とのバランスも良く見えます。さらに写真の拡大・縮小にともなって本文字数が増減するのですが、それすらもだいたい見切って指定してくるのです。レイアウトのセオリーとかは勉強したふうではないし、細かい計算もしていないはずですが(そういう性格ではない)、おそらく長年の経験からくる勘でもってこなしているのでしょう。おそるべき才能です。

本文にかんしていうと、所澤氏はきわめて仕事がしやすい人です。きっちり推敲してから原稿を出してくださるので、原稿の完成度が高いのです(その分、時間はかかりますが)。ワープロ原稿だと打ち間違いや誤変換が多かったり、勢い一文が長くなり読みにくくなったりすることがあるのですが、氏の場合はそういう心配はあまりありません。ともすると「打ちっ放し」で原稿を提出する人がいますが(このブログもそうですが……)、氏の場合はそういうことはまずありません。原稿提出も、「自分の手で確実に納品したい」ということで、わざわざ弊社まで届けてくださります。まさに職人気質です。

ただ、IT関係にはひどく消極的で、メールはほとんど使いません。メールで連絡がとれると明らかに作業がスムーズに進む時があるのですが、出会った頃は「メールを使ったことがない。ネットもつないでいない」という次第で、一昨年ぐらいまでは、メールソフトやパソコン操作一般について何度も電話で質問を受けたものです。いまでは自分からメールを送ることはないものの、「メールを送りましたよ」と電話するとメールをチェックしてくれるようになりました。

また、ワープロソフトはそれなりに使いこなしているようですが、表計算ソフトは使ったことも、使う気もないらしく、複雑な表の原稿も一太郎のみで仕上げられています。出来上がった表はきちんとしていて見やすいのですが、データを見ると、文字と文字の間はひたすらスペース入力で(ワープロソフト付属の表作成機能も使いません)、そのままでは入稿(印刷所に原稿を入れること)はおろか、原稿整理もままなりません。したがって、私のほうでいちいち表計算ソフトに落として作業をしやすくするのですが、けっこう手間がかかります。『鉄道手帳』に出てくる表も、毎度「一太郎」で入ってきます。ああ、表計算ソフトを使ってくれないかなぁ……。
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。