桂しん吉さんの手ぬぐい

週末なのでもう1本。

風呂敷の話を書いたあとで思い出しました。以前、桂しん吉さんの鉄道落語会をご案内しましたが、その桂しん吉さんから手ぬぐいを頂戴していたのでした。こういうものです。

tenugui001_convert_20121214212122.jpg

落ち着いた緑の地に白い線路模様。さすがに鉄道落語をされるだけのことはあります。洒落てますね。でも、これじゃ誰の手ぬぐいなのか、わからないのでは?

と思って絵はがきを見ると、添え書きがありました。「手ぬぐいは広げて頂ければ私の名前が小さく書かれています」。どこでしょう。「小さく」だから線路模様全体が名前になっているわけではなさそう。えーと……ありました!

tenugui002_convert_20121214212208.jpg

車止めのひとつに名前が隠れていました。さりげない、いや謙虚な自己主張。いいですね、こういうの。

しん吉さん、ありがとうございます。



スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する