ダイアリー欄の編集――補足

昨日、ダイアリー欄を毎年ひそかに改訂していることをお伝えしましたが、具体例がないとわかりづらいかもしれません。というわけで、今日10月23日の欄を例に見てみましょう。2009年版と2013年版の新京成電鉄設立に関する欄外記述を読み比べてみてください。


【2009年版】
営業開始は翌年12月27日(新津田沼~薬園台前間)。


なんともあっさりした記述です。2009年版は1週間1ページ仕様でしたので、欄外スペースがほとんどなかったせいもありますが、これだけだと「ふーん、それで」で終わってしまいますね。それでは、2013年版では同じ項目に関する記述がどうなっているのか。ご確認ください。


【2013年版】
営業開始は翌年12月27日(新津田沼~薬園台前間)。新京成線は曲がりくねった線形で知られるが、これは同線がもともと旧日本陸軍鉄道連隊の演習用線路であったことによる。演習ではあらゆる条件での鉄道敷設能力が求められたからで、結果として変化に富んだ線形となった。なお、新京成線開業にあたっては改軌が行われ、軌間は演習用の600㎜から1067㎜に変更された(その後、1953年に全線を1372㎜に、1959年に全線を1435㎜に改軌している)。


スペースやスケジュールの都合があるので毎回このように改訂できるわけではありませんが、可能なかぎり情報量を増やす方向で改訂しています。

以上、ダイアリー欄の編集についての補足でした。
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する