ブルートレイン廃止へ

今日11月7日の報道によれば、JR3社がブルートレインをはじめ、客車使用の寝台特急を廃止する方向で調整しているとのこと。

具体的には以下のスケジュールで消えていくそうです。

 「あけぼの」(上野~青森間):2014年3月に廃止。
 「北斗星」(上野~札幌間):2015年3月に廃止。
 「カシオペア」(上野~札幌間):2016年3月に廃止。
 「トワイライトエクスプレス」(大阪~札幌間):2016年3月に廃止。

「あけぼの」は廃止されると思っていましたが、「北斗星」「カシオペア」「トワイライト」まで消えてしまうとは驚きです。北海道新幹線の開業、車両の老朽化、運用コストなどいろいろ都合があるのでしょうが、指定券がとれないような人気列車が消えていくというのは、どうもしっくりきません。理解は十分、納得半分というところでしょうか。

所澤氏にこのことを伝えたところ、「もう北海道に行くことがなくなるかもね」と言われました。氏はなぜか北海道が大好きで、少なくとも年に1回は冬の北海道を訪れるそうです。これまでに40回以上旅行したうち、飛行機に乗ったのは1回だけだそうですから、北海道行きの寝台列車がなくなると、もうほとんど行く術も目的もなくなってしまうということなのでしょう。
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する