スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄道セミナー「乗らずに死ねるか!〈関西私鉄篇〉」のご報告

しばらく体調を崩しておりまして、すっかり更新を滞らせてしまいました。11月もあと少しですので、できるだけ更新回数を伸ばしたいと思います。

さて病み上がり1回目は、遅まきながら11月20日に開催された鉄道セミナーのご報告です。セミナーの趣旨は、関西私鉄の名列車たちの見どころ、愉しみ方を伝授するというもので、黒田氏いわく「鉄道会社の思惑とは別に、プロマーケッターの視点でこれはと思う列車をセレクト、勝手にプロデュースしちゃおう」。

初の鉄道セミナーなので、当日はいろいろ心配がありました。まず、受講者のみなさんがどれくらい集まってくださるか。事前に申し込みをいただく形式である程度人数は把握していましたが、この手のセミナーでは当日キャンセルは珍しくありませんので、お客様がお一人見えるたびに心底ありがたく感じました。

席が埋まってくると、今度は緊張が高まります。主役はあくまで講師の黒田さんで、私はいわば黒子ではありますが、それでもセミナーの前後には進行役として多少は喋らなくてはなりません。ほんのちょっとのことなのですが、これがなかなかプレッシャーです。

しかしセミナー直前は、そんなことを不安に思っている場合ではありませんでした。というのも、開講直前になっても、黒田さんのプレゼン資料が出来上がっていなかったからです。

おおよその筋立ては出来上がっていましたし、材料も揃っていたようですが、まだ形が整っておらず、果たしてセミナー開始までに間に合うのか、あやしいものでした。講義中に見ていただくレジュメと、講義後にお配りするサマリー(まとめ)の書類は事前に手配が済んでいましたから、最悪の場合、写真さえあれば何とか様になる見込みはありましたが、せっかくたくさんの人に集まっていただいたのですから、可能なかぎりベストな状態にもっていきたいところです。

しかしながら、開講前になってもプレゼン資料は完成していませんでした。黒田さんは、まるで何かのマクロを見ているかのような、驚くべき早さで資料を作成していくのですが、残り10分というところで「あと3つ、何とか頑張ります」などと言います。まいりましたが、どうしようもありません。会場に戻って待つことにしました。

とうとうセミナー開始の時間になりました。黒田さんはまだ現れません。が、すでに受講のみなさんは席について待っておられます。仕方ない、順番が違うけれど、セミナーの注意事項から先にお話ししておこうかと腹を決めてしゃべり出したところで黒田さんが入ってこられました。少し時間を過ぎていたのでギリギリセーフとは言い難いところですが、何はともあれ真打ち登場です。

過去に黒田さんの講演を聞いた人が何人かいらしたせいか、黒田さんの登場で会場が少し沸き、若干の前説のあとは何事もなかったかのようにセミナーはスムーズに始まり、軽妙なトークが始まると、場は一気になごみました。

IMG_1553_convert_20131125122039.jpg
前説に静かに聞き入る黒田氏。

IMG_1555_convert_20131125122108.jpg
今日の段取り説明。この段階でも列車名は明かしませんでした。

IMG_1559_convert_20131125122408.jpg
黒田氏の生い立ち紹介。洗礼は札幌市電、のち上京して鉄道ファンの階段を順調にのぼってこられたようです。

IMG_1563_convert_20131125122428.jpg
関西私鉄との出会いは修学旅行で京都に来た時で、初京阪・初近鉄だったとか。その後、初阪神、私鉄じゃありませんが初新快速(117系)と次々に初体験を済ませた由。軽妙なトークにところどころで笑いが起こりました。

IMG_1564_convert_20131125122451.jpg
黒田さんが愛してやまない京阪80系。愛しさのあまり、個人的に保有することになったとか。おそるべし。現在は寝屋川車庫に保存しているそうで、美術イベントに使ったこともあるそうです。

IMG_1567_convert_20131125122517.jpg
やや突っ込んだ自己紹介のあとは、黒田さんの講演ではおなじみの「マニア度チェック」。黒田さんはプロのマーケッターでもあるので、最初にこうして参加者の傾向をつかみつつ、場をなごませるわけですね。

IMG_1569_convert_20131125122559.jpg
マニア度チェックのひとつ。「年賀状や結婚式のモティーフに鉄道を用いた前科がある」。

IMG_1572_convert_20131125122748.jpg
(車両連結部を指して)「こーゆー部分に目が行く人!」

IMG_1573_convert_20131125122847.jpg
「ホシV6」を見て、意味がわかる人!

こんな感じで受講生をぐいぐい惹きつけていきます。その手腕には舌を巻くばかりです。いつのまにか、会場には一体感が形成されているようでした。

久しぶりに書くといけませんね。ずいぶん長くなってしまいました。ここで当日取り上げた車両を簡単に紹介しておきましょう。

(1)マルーンの到達点に感じ入る――阪急7000系
(2)ほら、あの夜景を見に行こう――神鉄1000系列
(3)純喫茶、臨港線、連絡船――南海10000系
(4)リニューアルのあり方とは――近鉄26000系
(5)見た目も実力もいぶし銀――山陽5000系
(6)劇場路線に立つ千両役者――京阪3000系

いかがでしょう。数ある名列車のなかでこの6本を選択するあたり、黒田氏の個性が表れていると思います。各社がいま押し出しているフラッグシップがまったく含まれていません。

IMG_1575_convert_20131125122906.jpg
これはたぶん神鉄1000系の車窓。右手に見えるのは廃止された新有馬駅の跡地だったと思います。

ほかにもご紹介したいところですが、長くなりましたので今日はここまでにしたいと思います。

最後に、当日セミナーにお越しくださったみなさん、ありがとうございました。厚く御礼申し上げます。また、申し込みしつつも都合で来られなかったみなさん、またの機会にぜひお越しください。きっと楽しんでいただけると思います。

今回大変好評でしたので、そう遠くないうちに鉄道セミナー第2弾を開催したいと思います。ご期待ください。
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。