本町駅のひみつ

今日は『鉄道手帳』を離れて、弊社最寄駅である大阪市営地下鉄・御堂筋線の本町(ほんまち)駅に関する小ネタをご紹介します(初心者向けです)。

下の写真は、御堂筋線ホームから中央線・四つ橋線に続く階段(幅の狭いほう)付近の天井を撮影したもの。改修中のため、あまりきれいではありませんが、何かが隠れています。

本町駅の蛍光灯


おわかりでしょうか? わからない方は蛍光灯の並び方にご注目ください。並び方が不自然だと思いませんか?

そうです。この写真だとわかりにくかったかもしれませんが、蛍光灯で「HOMMACHI」と書かれています。いつごろからこんなふうになっているのかは知りませんが、蛍光灯設置に携わった人の遊び心に拍手したいですね。知らなかった方は、この近くを通った時にぜひご覧ください。この真下を通るときにも見えますが、女性専用車両が止まるあたりで難波方面の天井を見ると、全体が見やすいと思います(くれぐれもホームに落ちないようにご注意ください)。

もうひとつ注目していただきたいのは、「HONMACHI」ではなく「HOMMACHI」となっている点。「NM」ではなく「MM」と綴っています。「本町」をキーボードでローマ字入力する際は「HONMACHI」としますから(HOMMACHIだと「ほっまち」になります)、おかしいのではないか? でも、本町駅のローマ字駅名標記は「Hommachi」(駅名標は頭文字のみ大文字)だから、これで良いのです。では、なぜ「Hommachi」なのか?

理由は簡単で、ローマ字の駅名標記は改修ヘボン式に則っているから(例外もありますが)、です。改修ヘボン式では、撥音(はねる音)である「ん」の直後に「b」「m」「p」がくる場合は、「ん」を「n」とせず、「m」とする決まりがあります。「ほんまち」の場合、「ん」の直後に「m」がきますから「Hommachi」となるのです。

ちなみに二つ隣の駅、難波(なんば)駅もこのルールに従って「Nanba」ではなく「Namba」とされています。堺筋線の日本橋(にっぽんばし)駅も「Nippombashi」で「n」ではなくて「m」が使われています。ただし、御堂筋線の動物園前駅は「Dobutsuemmae」ではなく「n」と「m」の間にハイフンが入って「Dobutsuen-mae」という標記になっています。
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する