鉄道関係の記念日も載っています!

新年を迎えたばかりで去年の話もどうかと思いますが、昨年末にはいろいろありましたので、ご報告がてら、しばらくは年末までの出来事を綴りたいと思います。

前回の更新で今月下旬に『鉄道の誕生』という本が出ることをご報告しましたが、昨年末にもこんな本を出しています。

kinebi.jpg

日本記念日協会編/加瀬清志著『すぐに役立つ記念日事典[改訂増補版]』本体価格1200円


1年366日の記念日を網羅的に紹介して好評を博した前著を全面的に見直し、最新情報を追加。食、ファッション、健康、交通、歴史などありとあらゆる記念日の由来やエピソードをわかりやすく解説します。本編以外にも、コラム、月名の由来、結婚記念日、長寿祝い、ジャンル別索引など見どころ満載。ビジネスシーンや趣味に役立つこと請け合い。一般社団法人になった日本記念日協会が満を持して放つ、記念日ガイドの決定版!



本書は2009年版に出した本の改訂版です。世の中にはいろいろな記念日があるもので、法律や政府等の公の機関によって定められた記念日もあれば、明日の「七草」のように伝統行事として定着している日、食・健康・ファッション・趣味・交通など業界・企業が提唱している記念日もあります。こうした記念日の由来とエピソードを網羅したのが本書で、旧版を全面的に見直すとともに、諸資料を追加して4年半ぶりに改訂しました。

当ブログで取り上げるからには、鉄道関係の記念日も収録しています。「駅弁の日」(4/10)、「鉄道の日」(10/14)、鉄道電化の日(11/19)、「地下鉄記念日」(12/30)です。これらの記念日が、一般にどの程度認知されているのかはわかりませんが、ともあれ、鉄道をはじめ、交通関係の記念日もたくさん収録していますので、ご関心のある方はぜひ手にとってご覧ください。

ところで、本書旧版の執筆を日本記念日協会に相談したのは、ちょうど『鉄道手帳』の企画を立てている頃で、ダイアリーに鉄道関係の記念日を盛り込むというアイデアも、この記念日協会の活動に触発されてのものです。もっとも、「やるからには徹底的に」が『鉄道手帳』を編集するうえでのモットーでしたから、少々違ったかたちになりましたが……。
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する