『鉄道ジャーナル』で紹介していただきました!

引き続き、紹介記事への御礼です。『鉄道ジャーナル』12月号で、『鉄道手帳[2017年版]』を紹介していただきました。編集部の皆様、毎度ありがとうございます!

20161026113210-0001_convert_20161026125853.jpg

今号の特集は「振子と車体傾斜」。45ページにわたって、現役振子車両の雄姿から車体傾斜制御の歴史、その仕組みと特徴までじっくりと語られ、鶴通孝氏による「転機に立つ振子特急スーパーあずさ」と続きます。いつものことながら、鶴氏の文章を拝読すると、こうしてブログを書くのが憚られます。

が、下手でも何でも、続けることに一定の意義があると信じて、しばらくは続けようと思います(開き直り)。

毎号もりだくさんですが、今号で個人的に気になったのは橋本優子氏の連載「デザインの要諦」。今回は「鉄道デザイナーという仕事」と題して、大御所・木村一男氏の少年・学生時代について書かれています。デザイン業界の人って、どうしてこんなに言葉づがいが巧みなのでしょう。人によって、ジャンルによって変わりますが、言葉が借り物でなく、ピタッと嵌まっているという印象です。

もうひとつ気になったのは、名鉄揖斐線、谷汲線のいま。岐阜の大学に営業に行ったとき、帰りにちょっと遠回りをして訪問したことがあります。その時はやがて廃線されることを知らず、「遠くへ来たもんだね」などと旅情に浸っていて、写真もとらず、今思えばもったいない訪問でした。

けれど、今回記事で、いまも車両が大切に保存されているのを知り、嬉しくなりました。取引のある印刷会社がこの近くにあるので、いつか出張校正のついでに行けないものかと考えています。ま、出張校正なんてしている時は、相当切羽詰まっている時なので、そんなヒマはないのですけれども。

『鉄道模型趣味』11月号で紹介していただきました!

『鉄道模型趣味』11月号で、『鉄道手帳[2017年版]』を紹介していただきました。編集部の皆様、毎度ありがとうございます!

20161026113152-0001_convert_20161026125833.jpg

私は大阪で仕事をしていることもあって、鉄道雑誌の方々とはほとんどお目にかかる機会がありませんが、毎号丹念につくられた雑誌を見て、いつも圧倒されます。それも毎月遅れずつくるというのですから、穴があったら入りたいくらいです。

書籍編集と違って、複数のスタッフ、執筆者によって支えられているとは思いますが、それでも毎月切り口を変えつつ、同時に取材もこなしつつ、厖大な情報量を1冊に落とし込んでいくのは大変なことです。

さて、今号の巻頭の飾るのは、畑川政勝氏による「桃山鉄道 湯の花線製作記」。京都の亀岡や滋賀県付近を参考に作られたそうです。写真で見ると一瞬実物ではないかと見紛うばかりに緻密に作られた情景は説得力があり、実際、細部には種々の工夫が凝らされています。

たとえば棚田の畦(あぜ)や畑の草はこんなふうに作られています。

「『芝生の達人』を利用した。……地面に電極を差し、草を生やしたい部分に接着剤を塗る……〔芝(草)を上から振ると草が〕静電気により立って、奇麗な草ができる……欠点は、まるでゴルフ場のように仕上がることである。実感的に草を作る方法としては、地面の必要な部分だけに接着剤を塗り、そこに芝を撒き、違う部分にはまた接着剤を塗って違う色や長さの芝を撒き、一様にならないようにすることである」

なるほど、なるほど。まさに「道具は使いよう」ですね。

畑川氏の作品にはギミックも盛り込まれていて、牛小屋の牛の頭は電動になっているとか。畑川氏いわく「こういう動くものがあると、見た人が何となく気づき喜ぶ。ギミックを嫌う人がいるが、実物の世界では動くのが当たり前なので、何も動かない牛などのほうが実感的ではない」。ごもっとも。

さらに路線バスも動くそうです。8の字のエンドレス線を走り、トンネルを抜けて駅前のバス停に止まるのだとか。どうやっているのか、ずっと疑問に思っていましたが、ファーラーのカーシステムというのを使っているとのこと。



道路の下にピアノ線が埋め込まれていて、車両はそのピアノ線を感知して走るという仕組みのようです。動画をご覧になるとおわかりのように、カーブも何のそのでスムーズに曲がります。スゴイものがあるんですね。

このほかにも、小さな工夫が随所に盛り込まれていて、家々の照明は言うに及ばず、列車が通過すると信号の色が変わるようになっていたり、トンネル内のクルマはヘッドライドを点灯させたりと、非常に楽しそうなレイアウトです。ぜひ、実際に動く様を拝見してみたいものです。

『DIME』12月号で紹介していただきました!

こちらもお知らせが遅くなりました。『DIME』12月号(小学館、10月16日発売)で、『鉄道手帳[2017年版]』を紹介していただきました。編集部の皆様、ありがとうございます!

20161026113139-0001_convert_20161026125808.jpg

毎号さまざまな切り口で注目のアイテム、使えるアイテムを紹介してくれる同誌の今号のテーマは「今来てるモノ大図鑑」。

『鉄道手帳』はそのうちのPART2「最新文具編 すごい文房具&手帳ベストバイ」で取り上げていただき、「退屈な日常生活を楽しみで埋め尽くす こだわりを追求する趣味手帳8」にランクインしています。たしかに、退屈かどうかはともかく、「日常生活を楽しみで埋め尽くす」というのは、「毎日どっぷり鉄道漬け」をコンセプトとする『鉄道手帳』にはぴったりの文句です。

こうしてたくさんの方々に『鉄道手帳』の存在を知っていただくことは、大変ありがたいことです。刊行開始から9年になりますが、認知度はまだまだで、「こういう手帳があるのを初めて知りました。これから毎年買います」というお便りをよくいただきますので。

034_convert_20161026161953.jpg

『天体観測手帳』に『シャア専用手帳』、『自衛隊手帳』、さらには『絶景手帳』など、個性的な手帳が並んでいます。ちなみに『シャア専用手帳』と『自衛隊手帳』は買ったことがあります。両方とも、ほぼ想像どおりの内容で、ファンの方にはおすすめです。今度は『天体観測手帳』を買ってみます。

『プレジデント ウーマン』で紹介していただきました!

ご案内がすっかり遅くなってしまいましたが、『プレジデントウーマン』11月号(プレジデント社、10月7日発売)で、『鉄道手帳[2017年版]』を紹介していただきました。編集部の皆様、ありがとうございます!

20161026113126-0001_convert_20161026125750.jpg

「日本手帖の会」代表のおりひかいくお氏がセレクトしてくださったそうで、『鉄道手帳』のほかにも、個性的な手帳が取り上げられています。

032_convert_20161026130302.jpg

全国を行脚する多忙なバンギャルのための『バンギャル手帳』だとか(この記事ではじめて「バンギャル」というものを知りました)、『うどん帳』(これは友人が持っていました)、キャバ嬢御用達『クラブダイアリー』(これはタモリ倶楽部で製作者に会いました。元警官、元ホストという面白い人でした)、『天体観測手帳』(『天文手帳』のライバル現る!)などなど、ユニークな専門手帳が並んでいます。

今号では「手帳派のスゴ技紹介」として、手帳の使い方やカスタマイズの方法が具体的に紹介されていて、私も試してみようと思うものがありました。10年近く手帳を作ってきましたが、まだまだ知らないこと、やっていないことがあって、勉強になります。

訂正のお知らせ

別の鉄道本企画を進めていたため、ブログ更新が滞ってしまいました。一番大事なときなのに、不甲斐ないことです。

くだんの企画はいまだ進行中で、これから佳境を迎えるのですが、少しだけ時間ができたので、更新を再開したいと思います。手帳の変更点やカスタマイズの方法、京都鉄道博物館のこと、気まぐれ駅弁紹介など、いろいろ考えていますので、たまに覗いていただければ幸いです。

その前に、『鉄道手帳[2017年版]』の誤記、誤植についてご報告とおわびを申し上げねばなりません。


【正誤一覧】

(1) 資料編3頁(「日本の鉄道事業者・軌道経営者一覧)記載のJR九州に関する記述に誤りがあります。
   ×:車両数 1077両
   ○:車両数 1677両

(2) 資料編12頁(「列車運行事業者と線路所有者が異なる区間一覧」)記載の「JR貨物・あいの風とやま鉄道線」「JR貨物・IRいしかわ鉄道線」に関する記述のうち、区間の駅名に誤りがあります。
   ×:倶利伽藍~市振 金沢~倶利伽藍
   ○:倶利伽羅~市振 金沢~倶利伽羅

(3) 資料編36頁(「日本の観光列車一覧」)記載の「四国まんなか千年ものがたり」に関する記述のうち、運転概況の日時に誤りがあります。
   ×:2016年4月1日から土休日を中心に運行開始予定
   ○:2017年4月1日から土休日を中心に運行開始予定

(4) 資料編53頁(「鉄道信号・合図・標識の種類と読み方」)記載の図3に関する記述のうち、「抑速信号」の注記に誤りがあります。
   ×:京浜急行のみ
   ○:京浜急行、北総鉄道、京成の成田空港線のみ


いずれも初歩的なミスでお恥ずかしいかぎりです。誠に申し訳ございません。ここに重ねておわびして訂正いたします。

『鉄道手帳[2017年版]』をお持ちの皆様におかれましては、お手数ですが、上記訂正をご確認のうえお使いくださいますようお願い申し上げます。